GWのプチ旅行記①
 GW、わざわざ人混みに出掛ける気にはなかなかなれないのですが、
 せっかくの連休にどこにも出掛けないのもつまんないので?
 やっぱり、お気に入りのプチリゾート地、愛知県の佐久島へ行ってきました。

 佐久島は、一色港からの船で30分ほどの距離にある、山と海の景色が綺麗な、島です。

 島のあちこちにアート作品が展示されていて、歩いたりレンタサイクルで散策する適当な目標物となっています。また、道路脇には様々な花が植えられていて、海・空の青、山の緑に映えて素敵な所なんです。

 去年の海水浴シーズンに1回訪れて以来、妻にも僕にも お気に入りの場所となり、今回が3回目。


 佐久島行きの船が出る港へは、我が家から40分程。
 日曜の朝、オンタイムでキョウリュージャーを観てから
 子供たちの用意をして、ゆっくり9:30頃に出発。

 潮干狩りが出来るシーズンなのですが、今年はアサリが少なく、今はできないそうで、
 つまり、意外と空いてるかもね、なんて期待していたんですが、

 港は船を待つ人でいっぱい。

c0259834_22405542.jpg

 定員になり次第出航する臨時便も出ていたようで、予定していた船は少し遅れて出航しました。

 佐久島は、信号機がひとつもない島で、車もほとんど走っていない所です。
 自転車の練習にぴったりじゃないですか!

 子供用自転車を乗船させるのは片道200円(大人用は250円)。
 船への積み込みも船から降ろすのも、係のお兄さんが、やってくれます。
 自転車を乗船券売り場まで運べばそれでOK。


 ひとまず宿に荷物を置かせてもらいました。
 佐久島には民宿が数件あるだけです。多分、どこに泊まっても部屋から海が見えます。

c0259834_23285474.jpg

 さっそくヘルメットを被って散策に出発しましたが、
 宿の自転車は出払っていたので、大人用の自転車を借りるのはひとまず断念。

 下の子を抱えて移動する覚悟でしたが、チビッ子は興奮しており、元気に走ってくれました。

c0259834_23295639.jpg

 が、すぐに海水浴場に侵入していき、お姉ちゃんも自転車を停めて、貝殻拾いが始まりました。

c0259834_23313646.jpg

 大人の目には、綺麗には見えない貝殻がほとんどでしたが、子供たちの目には宝物の様に見えるんでしょうね、一生懸命拾い集めていました。

 巻き貝の貝殻だと思ったらヤドカリだったりもして、キャーキャー言って楽しかったね。

 あちこちで出会うアート作品と記念撮影をしながら、のんびりと、道草食いたいだけ食って、時計を見ずに、お昼ご飯を食べられそうなお店を目指しました。

c0259834_23371676.jpg

c0259834_23374061.jpgc0259834_2338968.jpg

 が、お目当てのお店は、予約でいっぱいだそうで、入れませんでした。

 なにせ小さい島なので、
 海水浴場と民宿のエリアを離れると、食事処はほとんどありません。

 でも、
 今歩いてきた道を戻るの?なんて気分にならなくて済んだのは、やはり妻の力。

 リュックにおにぎりが入っていました。

 みんなでおにぎりをパクつきながら、もう少し先のカフェを目指します。

 ちょっとだけ迷いましたが、地元のかたの案内で無事到着。

c0259834_2341459.jpg

 ここは、畑で育てた素材を使ったおやつと料理に こだわっているお店で、夏に来た時もとっても感じ良かったお店。多分、これからも、毎度通うと思います。

 おにぎりで少し小腹は満たされており、子供たちは、さっそく庭のツリーハウスへ。

c0259834_23483738.jpg

 縄ばしごの様なとっても不安定な登り口になってますが、そういう雰囲気だからこそ、子供たちの挑戦してやろうという気持ちを沸き立たせ、登ったことで達成感を得ることができて、それが成長につながんじゃないかな、と思います

 そして、もうひとつ。
 些細なことなんですが、このツリーハウス?には、滑車が掛けてあって、
 ロープを引っ張ると、かごを下から持ち上げたり、逆に下ろしたりできるようになっています。

c0259834_23515862.jpg

 ペットボトルのお茶を渡したり、返してもらったり、しました。

 便利になった世の中ですが、こういった、
 単純な機械を目にしたり、体験するのって大事じゃないかなと思います

 時計を気にしないゆったりした時間。でも、ほどほどに歩いて体動かして、
 とっても良い旅行です。

 自然の中で食べる料理もとっても美味しかったです。
c0259834_028823.jpg

 子供の日、でしたし、柏餅も頂きました。子供たちが。
c0259834_028329.jpg


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-09 00:25 | 他愛のない日記 | Comments(2)
Commented by kinnnikumans at 2013-05-12 10:59
わぁ、、、素晴らしい。。。
このアート楽しいですね。
キノコの傘のようなツリーハウス!!
都会では危ない感じがするけれど
ここならではの遊具ですね。
娘ちゃんのピンクの自転車かわいいなぁ(^^)
うちの娘もどこへ行くにも車に自転車つんでいました!
私もこういう時間大事にしたいなぁと思います。
Commented by new-ikumen at 2013-05-13 21:02
自転車…
 後ろは荷台みたいじゃなくて、泥除けが付いてるだけのマウンテンバイクっぽいのが(格好)良いよね、って、

 妻が選びました。


「後ろ持ってて」って娘に頼まれても、持つとこがなーい!って。
 子供はやっぱり、ちょっと危ないくらいのほうが、楽しいんでしょうね~。自分が子供のころのことを思い出せばわかりますよね。少し背伸びした感じで遊べる場所を探していきたいと思います。


<< GWのプチ旅行記② GWのプチリゾート。 >>