期待に応える男子。
 土曜日に、息子(4さい)の通う幼稚園へ、粘土や絵画の展示を見に行ってきました。

 お姉ちゃん(1ねんせい)が年少さんのときに粘土で作ったものは、
 お皿に載った団子、とか、バイキンマン、とか、
 そんなものでしたが、

 普段家で工作と言えば、剣とか鉄砲とかばっかりの息子。

 きっと、そんなものばかりだろうな、と予想しつつ、

「 ロックシード(仮面ライダーの変身アイテム)を作ってたりしてね 」 なんて
 妻と会話しながら息子の作品を探しました。


 あった、あった。

c0259834_23591254.jpg

 ど真ん中に、『 スイカのロックシード

 真ん中に配置してくれた先生のセンスに乾杯!

 お姉ちゃんの時は、年少さんの、一生懸命手を動かしている姿が目に浮かんで、
 ほわんとした気持ちで眺めていたんですが、

 息子には、期待通りの作品を作っていたことに、もう笑えて笑えて。

 自由な製作を支えてくれる幼稚園に感謝です。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-12-03 00:09 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(4)
Commented by hogecyan at 2013-12-03 22:48
こどもの作ったものってほんと味があっていいですよね^^

あ、希望を運ぶ人、読みました。。。

色んな物の見方。。。大事だなって、、、思いました。
これから、いろんな場面で思い起こすんだろうなと思う1冊でした、
ありがとうございました。
Commented by new-ikumen at 2013-12-05 00:04
Keitoさん、ありがとうございます。
自分が勧めた本を、読んでもらえるって、とても嬉しいです。

もし、たまにはこういう本も良いなって思ったら、次は喜多川泰さん読んでみてください。これまた、人生変わりますよ。
Commented by kinnnikumans at 2013-12-06 23:17
ワ~~息子さんほんとお上手ですね!!

ロックシードもあり、
きのこやお花の 自然のものもあって、
とても豊かな作品ですね!!

信号っておもしろいです!
毎日こういう信号を見て通園するのかな(^^)
Commented by new-ikumen at 2013-12-07 00:57
ジャックさん、ロックシード以外は、適当に触っていたら出来た形を組み合わせた、って感じだろうと思います。
でも、逆に、そういう作り方って大人にはできないですから、味のある作品になるんでしょうね~。


<< おさけ 葉っぱに、ときめく。 >>