「ほっ」と。キャンペーン
ベルトの作り方
 男の子と工作していると、変身ベルトなるものを、作る機会がよくありますよね。

 この、ベルト
 輪ゴムを繋いだり、短冊状の紙を貼り付けたり、色々作ってはみるものの、

 簡単なようで、

 子供の体にフィットしなくてすぐに下がってきたり、逆にサイズが丁度だとすぐに破れたり。

 思ったように機能的にならずにどうしたもんかと思っていました。


 

 とっても簡単で、丈夫で、サイズ調整も容易な作り方を、友人に教えてもらったので、
 勝手に紹介します。

 材料は、布テープ、ただひとつ。

 粘着面同士を貼り合わせます。
 端をピッタリ揃えようとしても巧くいかないので、敢えて、7~8mmずらして貼り合わせ、
 ずらした数mmは折り返して貼り付けます。

 で、これだとただの布テープによる帯状のものなのですが、
 バックル部分になるところの一部だけ、粘着面が残るようにしておくのです。 

c0259834_2114138.jpg

 銀色の布テープを使っています。白い所が、粘着面が残ったところ。

 完成です。
 粘着面と、その反対側は、貼りつくけれど、剥がすのも容易。
 当然、サイズ調整も容易で、
 兄弟で使いまわしもできるし、
 子供でも、自分のサイズにピッタリになるように、一人で装着できるベルトとなるのです!

c0259834_21134817.jpg

 なんとも素晴らしいアイデアをくれた友人に感謝!

 このアイデアでお面も作ってみました。

c0259834_21135929.jpg

 っていうか、息子(4さい)が自分でお面を作ると言って段ボールに描いたキョウリュウレッド。

 顔の前にやりたかったそうですが、目の穴を開けたらダメと言うので、おでこに載せるお面となりました。(お面ていうのかな)

 で、↑ の写真は、パパにも描いてくれているところ。

c0259834_2116837.jpg

 キョウリュージャーの頭の形は、僕にはあんまり印象にないのですが、
 子供たちにとっては印象が強いんでしょうね。ツノ?がめちゃはっきり描かれてます。

 ブルーはギザギザが付いている、とか、正直覚えてませんが子供たちはよく知っていました。

 そして、この前作ったベルト、モバックルも付けて、ステップを踏みます。
『 ファイヤー! 』

c0259834_21315865.jpg

 ついに公開、いい加減すぎるガブリボルバー!

 10秒くらいで壊れ(折れ曲がり)

 なんとかしろと要求され、

 いい加減に補強し

 また壊れ、

 補強し、

 ちょっと改良し、

 と、

 進化したのですが、また後日。

 遊びながら、作り進め、遊び、また壊れ、って、ずっと楽しかったです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-12-28 21:35 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)


<< 子供とスキー 年少児による、戦極ドライバー。 >>