「ほっ」と。キャンペーン
友情とか、自分の存在価値とか。
 写真撮るの忘れたのですが、

 読みました。

『 サニーサイド・スーサイド 』 ( 北國 浩二 さん / 原書房 )

 なんか、未来の一部が見えてしまうという特殊能力によって、
 誰かが自殺してしまう、と分かってしまった、という設定から始まる物語。

 高校の、カウンセラーを主人公とした物語です。

 でね、高校の、生徒たちを守れるか。
 可能性のある、数人の高校生の葛藤やら何やら。

 悩める高校生の姿が、ありがちな感じで、なんか助けてあげた~い、という気持ちになりながら読みました。
 誰しも、悩める時期があるんだよねぇ。
 でも、そんな悩める時期は、一時的。
 必ず、そんな悩みなんて忘れてしまう時期がきます。過ぎてしまえばあっと言う間。

 で、確か、この本で出てきた言葉でなかったかと。

c0259834_00475738.jpg


『 友だちのために傷ついても良いと思う心と、友達のだから傷つけたくないと思う心、
 その心のやりとりこそが友情 』

c0259834_00474752.jpg


『 自分以外の人にとって自分がどれだけ大切な存在になれるか、
 それが人間の価値を決める一つの大きな基準かもね 』

 素敵な言葉を拾うアンテナ延ばしましょう!


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-07-30 00:54 | 己書作品集 | Comments(0)


<< 盆踊りというより夜の虫採り 2016 集中している時間は笑ってないけ... >>