「ほっ」と。キャンペーン
盆踊りというより夜の虫採り 2016
 町内の盆踊り大会がありました。

c0259834_22073000.jpg

 と言っても、子供たちの目当ては無料で配られるアイス。

 楽しそうに踊ってますけどね。

 町内会が主体となって運営していて、近所の公園でやるので、
 それほど広い場所でもなく、
 出店もゼロ。
 お金を使うところもありません。

 なんと健全な、盆踊り会場。

 お姉ちゃん(4年生)は、お友達と楽しそうに踊ったりしてましたが、
 弟(1年生)は、虫捕りアミもって、
 早くカブト捕まえに行こうぜ!というオーラ全開。

 途中飽きてしまった弟くんと、少し離れた別の公園へ。
 いつものごとく、たくさん捕まえてしまい、

 盆踊り会場に戻って、お友達にあげました。
( 逃がしてやれよ! )

 その後は大人しくしていましたが、
 しっかり虫探しをしていたらしく、

 セミの幼虫ゲットだぜ。

c0259834_22073054.jpg

 わくわくしますねぇ。

 ブローチにして、持ち帰りました。

 そしてカーテンにくっつける。

 早く寝て早起きしないと、綺麗な色の状態見られないよ!と
 急かして布団に行かせたのに、

 直後に背中がパカッと割れて、脱皮が始まった。

 仕方なく、優しいお父さんは、子供を呼びに行きました。
 そして観察。

c0259834_22183746.jpg

 以前、どれくらい脱皮に時間かかるものか分からず見ていたら、
 どうも脱皮に失敗していたらしく、
 抜けきらないまま乾燥してしまって飛べないセミになった経験があるため、
 ハラハラ観察してました。

 でも、
 よいしょーって上半身(?)脱皮成功!
c0259834_22182863.jpg

 下半身も脱皮成功!

c0259834_22182835.jpg

 ただ、お父さんは朝6時に公園集合して
 櫓を組んだり提灯下げたりする仕事のお手伝いに参加したからさ、
( 実際には、大した仕事してないんだけれど )
 いつもより朝も早くて眠かったんだよ。
 翌日も仕事だったしねぇ。

 だから、ここまで観察したところで、もう子供たちも諦めさせて一緒に寝ました。

 でもさ、
「 飛ぶ前に、外に出してよ 」
 と、
 妻のおそろしい声が聞こえていたので、

 夜中、カブト虫の羽音かな、と思ったけれど、
 ブンブン聞こえたから、
 午前2時前に起きて確認しましたよ。

 もう、こんなだった。

c0259834_22182867.jpg

 ほとんど乾燥してるぜ~。

 てゆーか、最後乾かす時は、抜け殻から離れるんやね~。

 もう少し起きるのが遅かったら、
 家の中を飛び回ったりして妻にド叱られるところでした。


 昆虫の世話なら結構がんばれる自分が結構好きです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-08-05 22:06 | 他愛のない日記 | Comments(0)


<< オリンピックや甲子園を観戦して... 友情とか、自分の存在価値とか。 >>