スイカの切り方
 毎年いくつかスイカを頂くのですが、
 今年は、例年以上にたくさんのスイカを頂いてしまいました。

 ちょっと小振りなスイカも頂いたので、
 これは、半分に切るだけにして、
 丼みたいに食べたいよね、って、

 そんなこと子供の前で言ったら、
 そりゃやりたがりますわな。

 ただ真っ二つに切っても面白くないと思ったので、
 ギザギザに切ってみました。

 恐竜のタマゴが割れた風(想像)

c0259834_00245600.jpg

 このあとお姉ちゃん(小4)は大人しくたべてましたが、

 ウチの怪獣(小1)は、食べ始めずに遊んでました。

『 カメカメハ~ ! 』

c0259834_00254945.jpg

( 彼は、ドラゴンボールの悟天が言い間違えたカメカメハが大好きらしい )

 と、まあ、
 楽しく美味しく頂いたあとで、
 また次お礼に行く際お渡しできればとスイカの絵など書いておった訳です。

『 種は、オラが描く! 』 と言って、息子参戦。

c0259834_00292152.jpg

 今、彼は自分のことを 『 オラ 』 と呼ぶのですが、
 これが、ドラゴンボールの悟空の真似なのか、クレヨンしんちゃんの真似なのかは、分かりません。

 それはさておき、
 結局自分で全部書く、と言って書き始めまして、

 結局父親より気持ちがこもってて素敵なのを書きました。

c0259834_00292108.jpg

『 あまい あまい すいか ごちそうさまでした 』

 そうだよね。「 美味しい 」 より 「 あまい あまい すいか 」 のほうが、実感こもってる。

 僕も言葉を上手に選びたいと思いました。


 そんな父と息子を横目に、
 お姉ちゃんは、黙々と、イラストを描いていました。

 最近お気に入りの、すみっこぐらし(というキャラクター?)

c0259834_00292110.jpg

 そして、書き添えた言葉に衝撃を受ける。

『 すみっこでも生きれるよ 』

 娘に深い意味をもたせたつもりはきっとなかったと思いますが、

 こんなのをちょっと前に何気なく書いていた父は、ハッとさせられました。

c0259834_08505587.jpg

『 いつまでも隠れてるんじゃ意味がない そろそろ前に出てやろう 』

 なんかね、カレイの絵に合った言葉を思いついたと、喜んでいたんだけれども。

 別に、前に出ることばかりが素晴らしいという訳じゃない。
 自分が無理なく、生きていくことが一番大事。

 ですね。




[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-08-27 09:04 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(4)
Commented by tomoyoshikatsu at 2016-09-05 05:09
おはようございます

2人のお子さんの 言葉 良いですねぇ〜 〜
Commented by cocomerita at 2016-09-10 16:03
うーーーむむむむ、、
いいなああ

すみっこでも、、
甘い甘いスイカ、、
確かに心がビンビン 伝わってきます
こういうことを スッと書ける
芯からいい子たちなんですねえ
Commented by new-ikumen at 2016-09-19 06:03
tomoyoshikatsuさん、
そう、子供の素直な感性というか、子供の言葉っていうのは、侮れません。

お返事遅くなりまして失礼いたしました。
Commented by new-ikumen at 2016-09-19 06:12
junkoさん、
子供の素直な気持ちで出てくる言葉が素敵な言葉なら、ちゃんと素敵な気持ちを持てるように育ってくれていると、子供たちを評価してあげたいですね。
そういうことに気付かせて頂きました。ありがとうございます。


<< 正直、ウザい(笑)ものが出来上... 夏休みには、山にも行きましたが。 >>