2013年 01月 07日 ( 1 )
おきてがみ
お面を作ろう。フレイムドラゴン編
 以前、仮面ライダーウィザードのお面を作った記事を書きました。
お面を作ろう。仮面ライダーウィザード編①
お面を作ろう。仮面ライダーウィザード編②

欲しいものは作れば良い、と子供に伝えたい僕の意思
クオリティーが低くても、子供はそんなに気にしないということ。
 などを伝えたかったのですが、

 やはり、同じように工作しようとしているかたに見られるのは恥ずかしかったので、
 少し気合いを入れて、フレイムドラゴンを作ってみました。

c0259834_041162.jpg

 と言っても、この程度のクオリティーだということを初めに紹介しておきます。
 材料は、色画用紙、セロファン、牛乳パック、アルミパウチ包装の裏、ですから。

 手間を考えたら、既製品を買ったほうが良いと思います。
 でも、工夫して作る姿を見せるほうが、子供のためになる、と信じているのです。


 大した製作工程ではありませんが、紹介します。
 まず、手元にある絵を見ながら、作りたいお面のサイズになるように、白い紙に下書きします。
c0259834_23555865.jpg

 見やすくなるように濃く描いてみました。気合いを入れると言いながら、この程度です。
 額のオレンジは ほぼ正方形だという事にも、後から気が付きますが手遅れ(笑)。 
c0259834_23572095.jpg

 これを、なんとなく切り分けます。
 僕は間違えちゃってますが(汗)、色で切り分けるべきところです。
c0259834_01023.jpg

 これを型紙にして、アルミパウチと黄色の色画用紙を切り取ります。
 ゴーバスターズと違って 銀色部分が大きいので、ふりかけ では小さすぎます。
 アルミ個包装のドリップコーヒーを使用しました。

 僕がアルミパウチを使うのは、
 アルミホイルよりアルミニウムの量が少ないと思われるから。
 僕の住む自治体では、アルミホイルは 不燃ごみ とするように指定されています。
 アルミパウチは… プラ の容器包装リサイクルでしょうが、
 切り刻んで のり付けして… と遊んだあとは、汚れた容器包装ということで、可燃かな?と
 少し心の痛みが少ないからです。


 あとは、更に 大したことないのですが、また後日アップします。

 続きはこちらです。→ 『 お面を作ろう。フレイムドラゴン編②



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-07 20:23 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(0)