<   2013年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
おきてがみ
思った通りにはならないが
人生は思った通りにはならないが
 やった通りになる

 という素敵な言葉に出会いました。
「 人生は思った通りにならない 」 なんて、切ない言葉かと思ってしまいますが、
 それに続く言葉を読んで、納得。

 思っているだけではダメ、行動に移さなければ何も形にならない、ということですね。

 こんな素敵な言葉に出会えたのは、この雑誌。

c0259834_21262658.jpg

『 DANA ダーナ 』 ( 佼成出版 )

 人生をたくましく生きる知恵を発信し、時代を牽引することをコンセプトとしているそうです。

 格好良く生きている大人の男がたくさん紹介されていました。
 これからも、熱い言葉に出会えそうです。
 そして僕も格好良いおやじになっていく予定です。
 そして息子よ、そんなお父さんを見て勝手に育ちなさい。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-31 22:03 | 人生を豊かにする読書 | Comments(0)
やったことがない人、手を挙げて。
『 よし、今日は、白い線の上だけ通って帰ろう

 なんてこと、やったことありますよね。
 まさに そんな帰り道を絵本にしたのがこちら。

c0259834_21523024.jpg

『 ぼくのかえりみち 』 ( ひがしちからさん / BL出版 )

 アスファルトの白線から はみ出しちゃダメ、というルールを勝手に作る。

「 地面の模様や白線から はみ出たら、崖下に転落するってことね 」
「 踏み外すと池に落ちてワニに食べられるってことね 」 とか。

 イメージとしては、これです。

 そのくせ、
 白線が途切れると、すぐに救済ルールを作って続行する。

 やりませんでした?
 子供の視線で描かれた帰り道。道路が絶壁に見える!道が途切れている!
 なんとか家のそばまで帰ってきたのに、
 絶体絶命のピンチ!(白線がないだけ)
 いかにして家にたどり着くのか、
 感動で涙が流れる ( ほどではないけれど、ほんわかあたたかい気持ちになれる ) 結末は、
 ぜひ手にとってご覧ください。

 子供の想像力は偉大です。
 今そこにある環境を楽しむことに使われていますよね。
 楽しいことを探すのではなくて、どんな状況も楽しもうとする、その心掛けが大切な気がします。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-30 22:25 | 子供と読む本 | Comments(0)
決めているのは自分。
『 「 仕事がつまらない 」 とか 「 人生がおもしろくない 」 とか、
 そんな表現をしないでほしい。

私は、仕事がつまらない、と感じている 」
私は、人生がおもしろくない、と思っている 」
 せめて、そう表現して欲しい
 そう決めているのは、ほかでもない あなた なのだ。』

 という言葉に、最も共感しました。

c0259834_2312066.jpg

『 「本気で生きる」 以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ 』
        ( 我武者羅應援團 団長 武藤貴宏さん / Discover21 )

 仕事や人生を、面白くするのも、つまらなくするのも、自分自身の感じかた次第。

 ほかにも、たくさんの熱いメッセージが詰まった素敵な本です。
 是非とも、我武者羅應援團について知った上で、読んでほしい一冊です。
 言葉のひとつひとつから受ける感動が倍増します。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-29 23:39 | 人生を豊かにする読書 | Comments(2)
もう少し、肉を食べたい?
 お肉が大好き、で、お肉は出されただけ底なしに食べる、と広まってしまったからでしょうか、
 こんな本を紹介して頂きました。

c0259834_22161451.jpg

 『 これを食べれば 医者はいらない 』 ( 若杉友子さん / 祥伝社 )

「 私たちの体は食べ物からできている。」 と、『 食養 』 を広める活動をされている 若杉おばあちゃんの本。

 悪い (かもしれない) ものを悪いと断定する言い方が気に障りますが、良い (効果があった) ものを紹介して広める活動を精力的にされているという生き方には共感できます。
 カロリー栄養学とは違う観点からの、食事による健康法と実践例が詳しく書かれていました。

 そこまでやるか、と思うところまで やる必要はないよ、やれるところだけやれば良いよ、というスタンスなので、気楽に読めました。


 お父さんの楽しみ、夕食。 あれ?肉が少なくないか?なんて思いかねない時、
『 おっ、オレって、妻に愛されてるなぁ。』 と思えるように、なる

 かもしれません。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-29 22:42 | 人生を豊かにする読書 | Comments(0)
祝!映画化!
 以前、僕の人生を変えた本として紹介した、 ( 過去記事はこちら
 喜多川泰さんの 『 「また、必ず会おう」 と 誰もが言った。』 の映画化が決定したそうです!

c0259834_21391411.jpg

 こんなにも、人との出会いで心暖まり、学びの多い物語はないだろう、と思う作品です。
 是非とも原作で 心が熱くなるのを味わってほしいのですが、

 一人でも多くの方に、喜多川さんの作品の素晴らしさが広まってくれれば良いなと思います。

 僕としては、売店のおばさん、トラックの運ちゃんの配役が楽しみです。

 さあ、また、原作が話題になること必至です。
 今のうちに書店へ ゴー!
ですよ。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-29 21:55 | 他愛のない日記 | Comments(4)
絵心はさておいて
 ミルクを泡立てて、ココアの粉で絵を描く、という、だけのことなんですが、
 自分にはできないと思っていた期間が長過ぎたせいで、

 できるようになったのが嬉しくて、この前の休日にもやってみました。

c0259834_2220594.jpg

 子供には、『 ほっぺが違う 』 だの 『 目が違う 』 だの言われましたが、
 今は、気にしません。
 眉毛があったかどうかとか、「 PIKA 」 じゃなくて 「 PICA 」 だったかな、とか、
 そんなことも、今は、どっちでも良いのです

 楊枝でつついた瞬間に、その場所の泡がはじけて大きな点になって、
 細かく描こうとする僕を阻みます。悩ましい事態です。

 が、考えながら 何度もやっていれば、上手にできるように、なるでしょう

 もっと細かい泡だけになるように、泡立ててからしばらくおいておけば良いのかな、とか、
 泡立てる時間をもっと長く、粘ってたら、細かい泡になるのかな、とか、
 考えているところです。

 子供たちよ、今はまだ お父さんは上手じゃない、ってことを覚えておきなさい。
 毎週少しずつ、試行錯誤して成長していく姿を見せてやろうじゃないか

 そして、この場でも曝してやろうじゃないか。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-28 22:41 | 父育ち(子育て) | Comments(2)
おとうさんといっしょ!??
NHKは23日、幼児向けの新番組「おとうさんといっしょ」を4月7日からBSプレミアムで毎週日曜日の午前8時から放送すると発表した。子育てに積極的に取り組む「イクメン」が増えていることを背景に、週...
おとうさんといっしょ 』 なるテレビ番組が、始まるそうですが、
 どうなんでしょう。

 僕としては、別に番組名が 『 おかあさん 』 でも、何も抵抗ありませんでしたが、
 世のお父さんたちは、『 男のオレが見る番組じゃねぇっ 』 て感じで見ていなかったのでしょうか。

 いやいや、( お姉さんを ) しっかり見ていますってば

『 おとうさんといっしょ 』 だからって、登場するのが おにいさん ばかりだったら困りますね。
 見るのはお母さんばかりになってね
 子供と遊ぶの上手な おにいさん ばかりを、世のお母さんたちが目にするのです。

「 それに比べてうちのパパは… 」 なんて うちの妻が言い出さないことを祈ります。

 世の、おとうさん の意見を代弁しておきましょう。
 おねえさん ばかりが良いです!
 見たいから?いえいえ、あまりに 「出来る」 おにいさん の姿を、妻に見られてしまうと、
 せっかくの僕たちの子育て参加意欲が削がれてしまいます。

 お父さんの応援になる番組構成を期待します。




 
[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-28 01:19 | 父育ち(子育て) | Comments(0)
パパを喜ばせる絵本
 素敵な絵本に出会いました。

c0259834_23491356.jpg

『 おとうさんはウルトラマン 』 ( みやにしたつやさん / 学研 )

 子供に読んで聞かせたい絵本に違いないのですが、
 この絵本、みやにしたつやさんは、世のパパのために描かれたのだと思います。

 子供を大切に思うお父さんの姿を、ウルトラマンに例えて伝える素敵な物語

 子供にプレゼントしてあげてください。
 そして、ママが読み聞かせをしてほしい絵本です
 ママは、パパをこんな風に見ていますよ、と、パパに伝わって、パパが、喜ぶと思います

 以下、導入の部分です。僕は自分で読んでも勝手にジーンとしてしまいます。
c0259834_033562.jpg

 そう、お父さんは、みんな格好良いのです!



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-28 00:08 | 子供と読む本 | Comments(0)
もう春は始まっています。
 庭の梅 (蝋梅) が、先週あたりから咲き始めました。

c0259834_2375537.jpg

 こんな時期に咲く 『 梅 』 は、なんと春の季語らしいです

『 夜明け前が最も暗いのと同じで、もっとも寒い時期に咲く梅の花をみて、春の訪れを感じる
 梅の花を春の象徴とした日本人の感性って、素敵だなぁ、』 と、

 いう話は、白駒妃登美さんの本に書かれていたことの、ほぼまる写しです。
( 白駒妃登美さんの本の紹介記事はこちら → 「 悩んでいる訳じゃありませんが、 」 )

 去年までの僕は、この時期に咲く花があることに、気付きもしませんでした。

いま幸せでないと感じる方がいたら、私はこう言ってあげたい。幸せは、もう始まっていますよ。

 僕も、そう言ってあげたい。
 こんな素敵な感性の素敵な言葉に溢れている白駒さんの本を、ぜひ手にとってみてください。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-27 23:22 | 他愛のない日記 | Comments(0)
スマイルプリキュア最終回
 スマイルプリキュアのテレビ放送が最終回でした。

c0259834_2251272.jpg

 特段、集中してみてきた訳ではないのですが、最終回だけに、
 良い言葉に出会えました。

幸せは、探すものじゃなくて、感じるものなんだよ。』

 良いですねぇ~。

 実は、仮面ライダーフォーゼの最終回も、格好良いセリフが多すぎて
 録画を消せていないのですが、そんなお父さんは僕だけではないはず。

 確か、
ひとりひとりの力は小さくて未熟でも、みんなで補い合って、できるようにしていく、
 それも人類の進化だ! 』 みたいな、セリフがありましたよね。

 こういったテーマが子供たちにどれほど伝わっているかは分かりませんが、
 物語の基本には正義が貫かれていたり、心温まるテーマがあるものを、見せてあげたいですね。

 プリキュア最終回、主人公たちと妖精?が、もう会えなくなるかもしれない、と号泣する場面、 うちの子供たちは、二人ともクスクス笑ってしまいました。

c0259834_22523737.jpg

 でも、きっと、寂しい場面だということを感じ取って、照れくさくなってしまったんだと、
 お父さんは信じています。

 いや、そういうときは、堂々と悲しい顔しても良いんだぞ、と、僕と妻とで真剣な表情で
 テレビを見つめていたのですが、子供たちは親の表情を見て、どう思ったでしょう。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-01-27 22:57 | 他愛のない日記 | Comments(0)