「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
おきてがみ
電撃蚊取り
 電気でバチバチっと、嫌な虫をやっつけるやつがありますね。

c0259834_019288.jpg

 家に迷い込んだ蛾、蜂を、一撃でやっつけるために、家には置いてあります。
(あとは、キャンプのときテント内で使うため)

 丸めた新聞紙なんかで叩いてやっつけても良いんですが、壁が汚れるの嫌ですし、
 蜂は一撃で仕留められずに反撃されたらたまりませんから。

 ただ、こいつで蚊をやっつけたことはなかったんです。


 でも、早くも蚊が現れる時期になってきまして。


 この前も、寝ていたら 「 ぷ~~~ん 」 って羽音が聞こえ、
( ホント耳障りですよね )

 液体蚊取りをセットするために起き上ったついでに、
 一応この電撃蚊取りラケットを持ったまま、横になりました。

 で、真っ暗闇で、もう寝よ、と目をつむり、闇雲にラケットを一振り


バチ!

 うそっ?

 翌朝みたら、見事に、蚊を仕留めてました。


 飛んでいる蚊は、ラケットの風圧で飛ばされたりして、
 電撃ラケットで蚊を退治するのは難しい、とか聞いたことがあったので、

 目をつむったまま一振りでヒットしたのって、奇跡的だなぁ、と、
 嬉しかったのです。

 ほんと、大したことないんですけど、
 こういう些細なことを、盛大に喜んで
 毎日を楽しくしていこう!ということで。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-31 00:40 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(6)
ゴミ拾い。
 軽く読めて人生変わる一冊ということでおススメして頂き、読みました。
 一人、早朝新宿駅の掃除を始めてみた青年の記録。

c0259834_2345016.jpg

『 半ケツとゴミ拾い 』 ( 荒川祐二さん / 地湧社 )

 裕福な家庭で何不自由なくぬくぬくと育ち、何もやる気の起こらない引きこもり一歩手前のところまできていた荒川さん。あえて言います、正直、腹立たしい。

 が、
 てんつくマンの映画を見たことで、 「 おれも何かやろう 」 と行動することを決めます。

 この決意は素晴らしいと思う。

 で、女の子にモテるかもしれない、という不純な動機丸出しで、
 たったひとり、朝6時から、新宿駅の掃除を始めます。
 人間らしくて共感持てます。
 が、よくやるな、と、素直にすごいと思います。

 そして、壮絶な、想像を絶する嫌がらせに何度もくじけそうになりながらも、
 後には退けない状況を自ら作ってしまったことで、
 毎朝の掃除を、なんとか継続していきます。


 すると、一緒に掃除をしてくれる人が現れ、

 ゴミをポイ捨てしないで持ってきてくれる人が現れ、

 周りの態度を変えていくことができました。

 気がつけば、何十人もで、早朝から新宿駅の掃除!


 自分にできることを、ちゃんと行動にうつすことで、何かを変えられるんだという、
 勇気が湧いてきます。

 甘ったれた青年だったのが、

『 大きな事はしなくていいからね。今、自分に出来る事、勇気を出して一歩踏み出せば、
 その瞬間から、世界が変わる。』

『 「 出来る、出来ない 」 というのは、それは違う。
  「 やるか、やらないか 」 それだけのこと。』

 なんて言葉が出てくるまでの見事な成長。

 読んでいて、涙が浮かびました。
 本当に、軽く読めて、感動できて、勇気が湧いてきて、自分の生き方を見つめ直せる、素晴らしい一冊でした。ぜひ、読んでみてください。



 ところで、僕が、子供たちとよく行く近所の公園、残念ながら、いつもゴミが落ちています。
 そういう状態に見て見ぬ振りをする大人が格好良いとは思わないので、
 子供が遊んでいるのを横目に見ながら、手が届く範囲のゴミは拾っています。
「 今日は、これだけ公園がきれいになったよ。」 なんて、子供たちに話しながら。

 子供たちも、「 こんなにタバコ見つけた~ 」 とか 「 ごみあったよ~!」 とか、
 わざわざ呼びに来たりします。

 悪いことしている訳じゃないのに、偽善者のように見られるのが嫌で、恥ずかしくもあったのですが、堂々とゴミ拾い続けようと思いました。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-29 23:37 | 人生を豊かにする読書 | Comments(6)
グルーガン、垂れない使い方
 ペーパークラフトから何から、結構応用範囲の広いグルーガンですが、

 電源をつなぐと、放っておいても たら~ っと垂れてきて、やっかいだな、と、
 思っていました

c0259834_21252510.jpg

 でも、それは、僕の使い方が悪かったんだということに、気が付いたのです。( やっと )

 きっと、同じような不満を持っている人がいると思うので、書いておこうと思います。



 いきなり結論ですが、

勝手に垂れるのは
 よく温まっていないうちに、トリガーを引き

 垂れるからって、( 前回 ) 終わった途端に、 
 すぐコンセントから抜いてしまったから。


 思い当たる節がないですか?


 トリガーを引くと、勝手に材料?を吸い込んで、溶けたのが先端から出てくる仕組みです。

 なので、よく温まっていないうちにトリガーをひくと、
 後ろから押されているのに先からは ( 溶けないので ) 十分に出られず、
 材料には圧力がかかったままの状態です。

 で、この状態で電源を切ってしまうと、圧力がかかったまま、冷えて固まってしまいます。

 だから、次に温めたとき、勝手に たら~ っと出てきてしまうのです。


 ということで、正しい使い方は、
 使用前に、十分温める

 既に タラ~ っと出てきてしまう場合は、止まるまで、放置。トリガーを引いたり、
 もったいない~とか言って電源を抜かないで我慢。
 大丈夫、きっと止まるはずです。

 あとは、使いたいだけ、トリガーを引いて出すだけです。
 無駄な圧力がかかっていない場合は、トリガーを離せば すぐに出てくるのも止まります。

 イライラがなくなって、、便利な道具になります。


 皆様のご家庭のグルーガンが、再び活躍できますように。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-28 21:42 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(2)
明日、初めての経験をする予定。
 明日、成人病検診に行ってきます。

 で、初めて、胃カメラを飲むことにしてみたのです。

 ちょっと、ドキドキ。

 一体どんなもんなのか、楽しみです。

 初めて、って、良いですね


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-28 21:13 | 他愛のない日記 | Comments(8)
運動会でした。
 小学校の運動会を観戦してきました。

c0259834_043100.jpg

 一生懸命競技に取り組む姿も見ていて嬉しい気持ちになりましたが、

 自分が競技している時間ではなくて、待っている時間に、
 楽しそうにクラスメイトの応援をしている姿を見られて、
 とても嬉しい気持ちになりました。

 入学してまだ2カ月経っていないわけですが、とりあえず、学校行事を楽しめてるな、と。

 早起きしても、立派なお弁当を用意できませんでしたが、
 とりあえず、好きなものだけは食べてくれて、お昼の時間も楽しそうにしていてくれたので、
 一安心。

c0259834_0134753.jpg

 お弁当作るのも、お父さんは頑張ったぞ
 多分、人生初です。お父さんお弁当を作った記念日です。
 玉子サンドと、おにぎりと玉子焼きくらいなんですが、これだけに2時間かかった (>_<)

 本当に、毎日お弁当を作っている保護者のかたには、頭が下がります。

 妻は親戚の結婚式に出掛けて不在だったため、
 もう、朝からバタバタで、
 とにかく、妻から仰せつかった、娘の日焼け止め ( 「 特にヒザが焼けるのでしっかり! 」)を忘れないように、と、娘を送り出して、
 髪の毛を結んでやるのを忘れたことを思い出し ( 手遅れ )、
 それでも、気がつけば娘が食べる分くらいしかおにぎりが出来上がっていなくて、

 もう時間がなくって。
 妻は、解凍するだけ、とか、温めるだけのお弁当おかずも用意してくれていたのですが、
 そんなことも思い出せないくらい、いっぱいいっぱいでした。


 でも、記念なので、お弁当の写真は撮ったり。

 味付けは失敗でしたが、出汁巻き玉子が ( まるで妻が作るかのように )
 おいしそうに作れたし。小さな感動もありました。わーい。


 さて、運動会はというと、

 赤と白に別れて勝負したり、
 4色に分かれて勝負したり、
 クラス対抗になったり、

 一体何組と何組が勝負しているのかさっぱり分からず、
 なんだか団の結束、という雰囲気に欠けた運動会だなぁ、と。

 自分たちのころは、全ての競技に得点が付けられて、校舎にでかでかと
 紅組○○○点、白組○○○点って常に掲示されて、更新されていって、
 ほかの学年の競技だろうがなんだろうが、応援にも力が入った記憶があるんですがね~。

c0259834_22251815.jpg

 そして、
 小学校に入ったら、規律に従った行動を取れるように指導してもらいたいとは思っていますが、

 競技ごとに、「 1位、紅組! 」 なんて結果発表されたあとに、
 子供たちが 「 わーいわーい 」 って飛び上がって喜ぶ姿が、
 ピタッと一瞬で体操座りして静かになる、ってのは、どうかな、と。

 入退場の時だけピシっと並んで行進できれば、
 競技の結果に、喜んだりするのは、自由にさせてあげてほしいな、と思いました。
 喜んだりする姿まで、わざとらしく映って見えました。


 まぁ、娘は楽しかったようですが。




 帰ってきた娘に、聞いてみました。
「 早く大きくなって、やってみたいなと思う競技はあった? 」

「 ハッハッって踊るやつと、どんどん上に乗るやつ 」

 衣装を着てソーラン節やら何やら演技していた上級生が格好良かったのと、
 6年生の組み体操を、すごいな、と思ったそうです。

 上級生にあこがれるというのは、大事だと思ったので、聞いてみたのですが、
 しっかり観戦して、しっかり憧れる感情が育っていたようで、良かったです。


 ちなみに、
「 運動会終わったら、練習ないの? 」 と、残念そうでした。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-28 00:42 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(4)
またまたお買いもの
 一脚を購入致しました。

c0259834_23154768.jpg

 とってもお安いの。3000円未満。

 これまでは、コンパクトな三脚や一脚を使ってきたので、
 ちょっと長いものが欲しかったのです。

 今回購入したものは、170cmということでしたが、実際は175cmくらいになります。
 垂直に立てると、カメラを見上げる位になります。

 これで、幼稚園のお遊戯は、一番前でなくても、安定してビデオ撮影できそうです。

c0259834_23182169.jpg

 水平器まで付いた雲台周りの作りは安っぽい感が否めませんが、
 最も大事な部分、足の剛性は十分だと思われます。

 水平方向の動きが滑らかではなかったので、
 一旦外して、ワセリンを塗ってみました。

c0259834_23192112.jpg


 ちょっとマシになった気がします。


 いえね、EOS M、Kissの標準レンズが取り付けられるのは良いんですが、
 本体が小さすぎて、グリップ感?ホールド感?がゼロなので、とっても不安定なのです。

 せめて、一脚は欲しいな、と思って。
 あと、ホールドできるストラップの自作を検討中。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-23 23:51 | 他愛のない日記 | Comments(2)
ドリルすんのかい。
 娘 (1年生) が、小学校でやったプリントの類を持ち帰るようになりました。

 そして、同じような宿題のプリントを持ち帰ることもあります。

c0259834_21543590.jpg

 そんな姿を見てか、弟 (3さい) も、ドリルをやりたくてしょうがない様子。
 せっせとドリル (めいろ) を消化しています。

c0259834_21545833.jpg

 あっという間に終わってしまうので、なんだかとってももったいないようで、
「 今日はもう それで最後ね! 」 って、ついつい言ってしまいますが、

 やる気が失せてしまわないように、なるべく我慢です。
 鉛筆で書いたやつは、消して再利用してやろうかな。


 と思っていたら、
 お姉ちゃんが、ドリルを作ってくれました。

c0259834_2159471.jpg

 ちゃんと、迷路が平仮名の形になっているバージョンでね。

 それこそ一瞬で終わってしまうと思うのですが、一生懸命に作ってくれた姿を思い、なんだか嬉しい気持ちになりました。


 さらに、「 ママにも 」 と作ってくれたみたいです。

c0259834_2221267.jpg

 算数のプリントです。

 それにしても、だんだん子供の字も上手になってきたなぁ、と思う今日この頃。

 僕も、ちゃんときれいな文字を書けるように練習します。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-23 22:07 | 子供たちの作品 | Comments(2)
こんなことを話せる人間になりたいな、と
 今日読んだのは、熱血サラリーマン応援型で、読んでいて スカっと気持ち良い池井戸さんの作品。

c0259834_21352363.jpg

『 ロスジェネの逆襲 』 ( 池井戸潤さん / ダイヤモンド社 )

 企業の敵対的買収やらそれへの対抗の物語。


「 世の中と戦うというと闇雲な話にきこえるが、組織と戦うということは要するに目に見える人間と戦うということなんだよ。それならオレにもできる。間違っていると思うことはとことん間違っていると言ってきたし、何度も議論で相手を打ち負かしてきた。どんな世代でも、会社という組織にあぐらを掻いている奴は敵だ。内向きの発想で人事にうつつを抜かし、往々にして本来の目的を見失う。そういう奴らが会社を腐らせる。」

 とか

「 電脳の財務部部長なら待遇面は相当良かったでしょうに。よくお辞めになりましたね 」
 自身が就職に苦労した経験があるだけに、森山には、そういう理由で職を辞する玉置の考え方が理解できないのだ。
仕事の質は、人生そのものの質に直結しますから

 とかね。

「 サラリーマンは……、いや、サラリーマンだけじゃなくて全ての働く人は、自分を必要とされる場所にいて、そこで活躍するのが一番幸せなんだ。会社の大小なんて関係がない。知名度も。オレたちが追求すべきは看板じゃなく、中味だ 」

 とか。


「 どんな時代にも勝ち組はいるし、いまの自分の境遇を世の中のせいにしたところで、結局空しいだけなんだよ。ただし、オレがいう勝ち組は、大企業のサラリーマンのことじゃない。自分の仕事にプライドを持っている奴のことだけどさ 」

「 どんな小さな会社でも、あるいは自営業みたいな仕事であっても、自分の仕事にプライドを持ってるかどうかが、一番重要なことだと思うんだ。結局のところ、好きな仕事に誇りを持ってやっていられれば、オレは幸せだと思う 」


 とか。
 真っ当に生きる上司による、メモしたくなる素敵な言葉がたくさん出てきて、心地よいお話でした。

 もちろん、物語としても面白い。株価の変動を追って、タイムサスペンス的な要素もあり、楽しい物語です。
 池井戸さんの小説がサラリーマンに受けるということは、同じ志で真っ当に生きようというサラリーマンが多いということ。とても嬉しいことですね。

 明日も、誇りを持って働きましょう。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-21 22:09 | 人生を豊かにする読書 | Comments(0)
イオンのトルコフェア
 イオンのトルコフェアというのに、行ったみたのです。

c0259834_2120920.jpg

 なんの因果でトルコフェアなるものが開催されているのか、知りませんが、
 とりあえず、行っておこう、と。

 トルコのビールを買おうと意気込んでいたのですが、
 着いた時には、既に1本も残っていませんでした。

 初めからものすごく少ししか用意されていなかったそうで。
 残念。

 でも、ケーキは買ってきました。探したよー。

 ヘーゼルナッツチーズケーキと、
c0259834_21332315.jpg

 ブラウニー&ヘーゼルナッツケーキ
c0259834_21351255.jpg

 特別な日でもなんでもないので、ケーキはどちらも半分カットで一人1/2ずつ。

 子供には十分でしょう。
 そして、中年大人にも、十分です。


 本当はもっと
 食べたいけどね、


 この日は、もうひとつ、デザートが用意してあったので、控え目に。


 こんな写真でもきれいに撮れて嬉しい僕。
 購入したばかりのデジタル一眼試用中。といっても、絞り優先モードしか当分使わないです。
 こういう絞り解放の写真が撮れることで、結構一眼に対する欲が満たされてしまう僕でした。

 えー、ちなみに、Kiss純正のEFレンズは、オートフォーカスが、遅すぎです。本当に。
 しかも、時間かかったくせに、合わせられなかったりします。
 これらのレンズは、マニュアルフォーカス専用レンズとして使うことしかできなさそうでした。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-20 21:47 | 他愛のない日記 | Comments(4)
必死になると楽しい
 子供の頃に、よく空き箱で工作をした記憶があります。

 ウチの子供たちも、よく、やっています。

c0259834_2227556.jpg

 何を作ったのか、さっぱり分からないことが多いのですが。
 
c0259834_22281589.jpg

 それでも、空き箱を見るや否や!

 姉 (6さい) も弟 (3さい) も、争うように ( 時に本当に争いながら )
 箱を目の前に置き、

 ハサミとセロテープを駆使して、何か作り上げてくれます。

 我が家の場合、空き箱が発生すると
 5分くらいは、静かになります

 楽しそうというより、黙々と、必死な感じなんですが
 これぞ!ゴルフの打ちっ放しに取り組むお父さんの姿と同じもの!

 笑えることが楽しいことじゃなくて、真剣になることが楽しいことだ、というやつ。


 喜多川泰さんの作品でいうと、『 手紙屋 蛍雪編 』 ですね。
 まだ読んだことのないかたは、ぜひ。受験生以外にも、大人にも、おススメです。

 ちっとも上達しなくても、一生懸命にやっているから、本人は楽しいのです (苦笑)
  ↓
c0259834_22405514.jpg

 傍目にはくだらないことでも、一生懸命にやっている姿が、
 受け継がれているのだと信じます。

 ポジティブでしょ?


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-05-18 22:48 | 父育ち(子育て) | Comments(2)