<   2013年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧
おきてがみ
仮面ライダー鎧武/ガイム
 と、いうのが、次の仮面ライダーだそうです。

 いや、嬉しかったので。

 主演は 佐野 岳クン。


 映画 『 「 また、必ず会おう 」 と、誰もが言った。 』 の主演俳優さんですね!

 仮面ライダーは 9月から?かな。

 映画公開も9月、注目度が上がりましたね~。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-07-30 00:58 | 他愛のない日記 | Comments(4)
ドアの内側
 懲りない車解体?ネタです。

 先日のお休み、ちょっと、この状態を前に、動きが止まってしまいました。

c0259834_222553.jpg

 なんてことはない、ドアです。

 せっかくなので、いじったところは写真に撮って残しておこう、と思っていたのですが、
 内張りを剥がせませんでした。忘れた。
 時間もなくて断念。

 内張りを外した見えないところ、デッドニングをしてあります。
 横から無理やり撮影した写真はこちら

c0259834_225296.jpg

 ドアの横から見上げるように撮影しました。
 下のほう、鉛の板を強力な両面テープで張り付けてあるのが分かりますか?
 こんなのが、全面、無駄な穴を無くすように貼り付けてあります。

 ボディの穴を塞いで、振動を抑えることで、
 ドアに付けられたスピーカーの音の響きが、ぐん!と良くなります。

 これは、効果実感のNo.2です。

 何万円もするスピーカーに交換したときよりも、音質の向上を実感できました。

 まぁ、忘れてしまうとできないくらい内張りを剥がすのは腕力と思い切りが必要ですが、
 キットが売られているので、時間のあるかたにはおススメです。

 ちょっと、ドアが重くなりますが、
 初めからそうだと思っていれば、気が付くようなもんでもありません。

 まぁ、これはさすがに、元に戻すこともないので、内張りはそのまま嵌めまして。


 次の車で使うかどうかは分かりませんが、スピーカーは外しました。

 ということで、
 ストッキングで作っていたスピーカーカバーの裏側、公開します。

 じゃーん。

c0259834_22121532.jpg

 ひ、ひどい…(笑)

 純正のカバーをストッキングに通して、引っ張って結んだだけ!
 作業時間、2分くらいです。

 これは…、次の車になっても、すぐやろうと思います。買いに行くのは、妻にお願いします。


 さて、
 明日~明後日は海水浴に行ってきます。お気に入りの佐久島へ!
 いよいよ最後の休日ドライブです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-07-26 22:17 | 他愛のない日記 | Comments(0)
そんなことは、言わなくていいっ。
 娘 (6さい) の描く絵が、女の子っぽくなってきました。
 いつの間にか、吹き出しでセリフを書くことも覚え、
 マンガのような絵を、毎日毎日一生懸命かいています。

c0259834_22473414.jpg

 さくらちゃんとみえちゃんという女の子が会話しているようなんですが、

c0259834_22484159.jpg

『 そんなことは、ゆわなくてもいい 』

 って、みえちゃんの右手は、ツッコミの手でした。

 いやいや、こういうところに、普段の家庭での会話が現れますねぇ。

 日頃からノリ&ツッコミを教え込んできた甲斐があったというもんです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-07-24 22:55 | 子供たちの作品 | Comments(8)
勉強しないで下さい、と…
 学生は、夏休みになりましたね。

 中学生~高校生になると、なんとなく、勉強しておかないといけないような気分を感じ、
 そんな気分になってはいるものの、何も手につかずに大して勉強していない、
 という夏休みのスタートを切ってしまっている学生諸君も多いことでしょう。

 正直、せっかく大学まで行ったところで就職が約束される訳でなし、
 普通科の高校へ行くよりも専門学校行って手に職つけたほうが良いかも、とか、
 悩ましいところですね。

 どうしたら幸せな人生を送れるか、先のことは分からないのに進路の決断を迫られて、

 明確な意思もなく、なんとなく勉強しといたほうがマシかも、
 と、思ったりしていないでしょうか。

 勉強の要/不要はおいておいて、

 本気のやる気が起こらないまま10時間勉強しても、本気の1時間に劣ります。

 勉強しなきゃと思っているのに気が乗らない人
 勉強したほうが良いのか、しなくて良いのか迷ってる人、
 勉強する必要ないと思ってるけど、不安も感じている人、

 そんな人は、とりあえず、これを読みなさい。
 そんな人が身近にいたら、これを読ませなさい。

c0259834_2293778.jpg

『 手紙屋 蛍雪編 ~私の受験勉強を変えた十通の手紙~ 』 ( 喜多川泰さん / Discover21 )

 受験勉強に気乗りしない高校2年の女子高生が主人公。

 バイトを禁じられて親に反発してみたりする、何処にでもいそうな女子高生が、
 手紙屋を利用します。


 依頼者との手紙の遣り取りを通じて依頼者の助けになる知恵や知識を惜しみなく伝えることを生業としているのが、手紙屋。

 少女は、手紙屋から、
「 勉強 」 について、これまでの既成概念を覆す見方を教わります。

 次第に、勉強する事の意味に気付き、
 勉強しないでください、と言われた少女も、勉強したくてしたくて堪らなくなるのです。

 読んでいると、僕でも勉強したくなります。本当に。

 ただ、勉強して得た能力を使って、将来どうしたいのか、正しい使い方ができないのなら、
 勉強するべきではない、と、著者の喜多川泰さんは断言しています。

 偏差値の高い大学に入ることが幸せになることではない、と。

 一見現役塾講師とは思えない断言っぷりですが、読めば納得。

 学校を卒業しても、人生は勉強の連続です。
 勉強に限らず、
 日々過ごすためにとる行動は、「 やりたいこと 」 と 「 やるべきこと 」 に大きく分かれます。

「 やりたいこと 」 の比率が高いと幸せで、
「 やるべきこと 」 の比率が高いとしんどい人生、な感じがしますよね。

 でも、
「 やるべきこと 」 というのは、将来の自分が、今の自分に 「 やっておいてほしいこと 」 なんです。

 これに気付くだけで、日々の行動に占める 「 やりたいこと 」 の比率が高まります。

 そんな、素敵な知恵が詰まった 『 手紙屋 』 を、ぜひ、ご一読ください。
 学生に限らず、先生、学生を子に持つお父さんお母さん、等々、全ての人におススメです。
『 手紙屋 ~僕の就職活動を変えた十通の手紙~ 』 とリンクしたお話です。こちらもgood )


 喜多川泰さんの 『 「また、必ず会おう」と誰もが言った。 』 映画公開まであと2ヶ月ちょっとになりました!若者に見せる前に、大人が知っておかなければいけない喜多川ワールド。
 まだ読んだことのない人は、
 格好良い大人であるために、喜多川作品と (大きな書店で) 出会っておきましょう。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-07-24 19:48 | 他愛のない日記 | Comments(0)
ダッシュボードの穴
 もうすぐお別れになる予定で、これまでに取り付けた諸々の部品を取り外している車ですが、
 実は、ダッシュボードに、穴を開けてあります。

 電装品には色々とコードがつながっていますが、これが、いつでも見える状態というのは、
 あまり綺麗ではありません。

 特に、カーナビ用ディスプレイのケーブル。
 ディスプレイはダッシュボードの上に貼り付けて固定してありますが、
 この配線の取り回し (見えないように隠すの) が、とにかく厄介で、

 えい、穴を開けてしまえ、と。

 で、こんな感じになってます。

c0259834_23421080.jpg

 車外から (フロントガラス越し) に見ると、こんな感じです。

c0259834_23425019.jpg

 子供が昼寝している隙を突いて慌てて撮影してきたので、反射していて
 写真は見えにくいですが、綺麗にできているでしょ?
 ディスプレイの配線、VICSアンテナの配線、スピードメータの配線が通してありますね。


 コードとコネクタが通るように、豪快に穴を開けてあるだけなんですが、
 グロメット、というゴムを付けてあるだけで、まるで元々あったかのような、出来栄えになるんです。

c0259834_234885.jpg

 ほら、ね。実は、汚い削り跡。

 ケーブル類の保護にもなりますし、何と言っても、違和感ゼロ。
( まだ車が新しい頃 ) 穴を開けて、下取りの見積もりしてもらったんですが、
 何も言われませんでしたよ。

 ダッシュボードの真下は、デッキ類が集まってますし、
 配線の取り回しが、究極に楽になります。

 フロントガラスが邪魔で、穴を開けるのは結構苦労するんですが、綺麗にできるもんですよ。
 勇気のある方は、ぜひ。


 ちなみに、作業のために色々取り外してえらい騒ぎになっている写真はこちら。

c0259834_23591180.jpg

 何度もこの状態と、運転できる状態を繰り返すのは大変なので、
 一気に外せるものは外してしまいました。

 途中、昼寝から目覚めた子供が様子を見に (というか、遊ぼうと呼びに) 来たので、
 この状態を見せてやりました。

 車も機械で、色んな部品が組み合わさってできているということ、
 でも、ひとつひとつを作っているのは
 どこかのおじさんおばさんだということ、
 自分で直せるんだよ、とか (これは言い過ぎで、ウソですが)


 こんな車いじりでも、子供たちに話してあげられることはあるな、と思います。

 ということで、予定していた大がかりな作業は概ね終了で~す。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-07-24 00:13 | Comments(2)
ラジオ体操
 近所の公園では、20日の土曜日からラジオ体操が始まりまして、
 子供と行ってきました。

c0259834_23292667.jpg

 初日は、1年生の娘にとって、初めての (夏休みの朝の) ラジオ体操だったので、

 なんのために朝から公園に連れて行かれるのかよく分かってませんでしたが、
 お友達にも会えて、楽しそうにやってました。

 ラジオ体操って、真剣にやると結構良い運動になりますし、

 音楽が流れると、日本全国の老若男女が皆、
 揃って体を動かせて、

 これって意外とスゴイことじゃないのかなぁ、と、思っています。

 夜長に夜更かしして、朝遅くまでだらだら寝てたりして生活のリズムが崩れることも、
 夏バテ原因のひとつではないかと思います。

 土日だろうが夏休みだろうが、早起きする習慣を続けたいので、
 子供に朝のラジオ体操習慣は大歓迎。

 今朝は、(一緒に行って) 体操が終わったら (出勤準備のため) 先に帰ってきたんですが、
 子供たちは ひと遊びして、
 お姉ちゃん (1年生) が弟 (3さい) を連れて帰ってきてくれました。

 出勤前にラジオ体操に付き合うと朝食の時間が短くなって、バタバタしてしまうので、
 明日は、二人で行って二人で帰ってきてくれないかな、とか、思ったりする訳ですが。

 まぁ、でも朝から体動かすと、気持ち良いですね。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-07-22 23:53 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(8)
塵も積もれば
 ちょっとまた車ディーラーさんに行ったら、息子 (3さい) が、
『 キっちゃんとこの車、もうすぐお別れ? お別れのとき、パパ泣くんじゃない? 』

 と言われました。
 年少さん、君には、車に対する思い入れを話したことはないが、
 ママやお姉ちゃんに話している内容を、よく聞いているねぇ。

 本当に、僕は泣きそうな気分ですよ。
 本当に、色々手を掛けて遊んできた車ですので。


 という訳で、さて、また、車解体?ネタ。

 ETCを外しました。
 ダッシュボードの真ん中、運転席と助手席の間の小物入れをパカっと開けると、
 1DINのデッキを装着できる (純正の) 小物入れに交換してありまして、
 そこにカーナビの本体を入れてあります。で、その上のカードくらいしか入らない隙間の
 小物入れに、ETCの本体をセットしていました。

c0259834_22482554.jpg

 これなら、カード入れっぱなしでSAなどで車から離れても、安心です。
 外からは見えないから。音もあんまり聞こえないけど、ピッて鳴るだけだし問題なかったです。

 アンテナからのコードや、電源のコードは、しっかり裏側に穴を開けて通しているので、
 取り外すために、まずはこの小物入れごと外します。

c0259834_22504778.jpg

 こんな感じです。
 カーナビのコードは、やたらと多いので、もう、何が何やら、訳がわからないほどになってます。

 更に、上のほうのCDデッキから、スピーカー線を分岐させて、Beat-Sonicにつないでいるコードやら、スピードメーターのコードやら、ナビに電源スイッチを付けたリレーのコードやら、
 後から後から自分で増やしていったコードが密集しているので、ひどいもんです。

 落ち着いて辿っていけば、ちゃんと分かるんですが、
 綺麗にまとめて折りたたんで押し込んだコードを引っ張りだすと、
 元に戻せる気がしなくなってきた (笑)

 新しい車には、純正でETC付けてしまったんですが、
 貰い手が現れたので、外したという訳です。

c0259834_22564283.jpg

 アンテナ線は、グローブボックスの裏を通って助手席のAピラーの裏を通していました。グローブボックスも外さないと、コードが抜けないってことで、
 丁寧な仕事をすると、後も大変ですが、名残惜しい気持ちを堪能しています

 ちなみに、
 ETCの車載機は、車の電装品の中では、取り付けが極めて容易な部類です。
 基本的なタイプであれば、バッテリー電源とアクセサリー電源と、アンテナつなぐだけ。
 配線の取り回しや取り付け位置にこだわりがないとか、工事が好きかもしれない人は、
 自分でやったほうが良いと思います。

 初めてゲート通るとき、ドッキドキで楽しいですよ。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-07-22 23:18 | 他愛のない日記 | Comments(0)
明るくね、
 大したことない車解体?ネタです。

 パパッと外せた、車内の電球たち。
c0259834_4585482.jpg

 ルームランプやマップランプ?とか、
 白い電球にしていました。

 最近の価格相場は分かりませんが、
 色々いじった中で、1・2を争う、効果実感の優れものでした。

 標準装備の、オレンジ色のぼやーんと光るのが好きなら良いですが、
 薄暗い感じから、明るい感じに一気に変わります。

 これは、おススメです。誰でもすぐに出来ますからね。


 あと、これも外しました。

c0259834_531866.jpg

 こいつはどこで買ったか、今でも買えるか分かりませんが、
 なんか売れ残りのようにお店の隅に置いてあった気がしますが、これも好き。

 ドアを閉めたとき、ルームランプが パッ と消えてしまわないで、
 ゆっくりフェードアウトするように消えていくというもの。

 高級車っぽい雰囲気になります。
 こういう小さな快感が、穏やかな気持ちで運転できるゆとりにつながるんです。

 ドアの信号線に割り込ませる (のとアースつなぐ) だけ。

 多分コンデンサがあって、通電するたびに電気を溜めて、
 ドアが閉まるたびに放電する、っていうだけの原理だと思うんですが、

 電子工作できないので、僕にとっては貴重な代物。

 これも、部品があれば、簡単に施工できるのでおススメです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-07-21 05:10 | 他愛のない日記 | Comments(0)
意味が、あります。
 1940年代初め、病気に強くて乾燥した気候に適応する
 収穫量の多い穀物を開発した、ノーマン・ボーローグという研究者がいました。

 ノーマンの開発した穀物は、世界中で、お腹がすいて困っている人たちの助けとなりました。
 大勢の人を飢えから救い、1970年にノーベル平和賞を受賞しています。
 彼の業績は、20億人の命を救ったと言われているのです。



 でも、
 20億人の命を救ったのは、ノーマン・ボーローグではないかもしれないのです。

 世界中の人々に食糧を提供するための研究所を設立し、
 ノーマンを起用したのは
 植物について熱心に勉強し、
 アメリカの農務長官から副大統領になった、ヘンリー・ウォレス

 つまり、特別な種を作るというアイデアを思いついて実行させ、
 世界を変えたのはヘンリーだったのです。



 でも、
 20億人の命を救ったのは、ヘンリー・ウォレスではないかもしれないのです。

 ヘンリーに植物の興味を持たせたのは、彼が少年時代に会っていた、
 大学教授だった父親のもとで学ぶ、ジョージ・カーパーという学生でした。
 彼は、植物についての知識や、植物を使って人々を助ける方法をヘンリーに教えたのです。

 そう、つまり、世界を変え20億人を救ったのは、ジョージだったのです。



 いや、ちょっと待ってください。
 20億人の命を救ったのは、ジョージ・カーパーではないかもしれないのです。
 そもそもジョージは…


 というように、何人かの短い素敵なお話を時間を遡りながら書かれ、
 色々な行動が、次々とつながって世界を変えていったんだ、ということが分かる本。
 
c0259834_3243166.jpg

『 バラフライ・エフェクト 世界を変える力 』 ( アンディ・アンドルーズさん / Discover21 )

 バタフライ効果、というと、SF小説で出てくるような、荒唐無稽な無理矢理論理で原因と結果を結び付けるもの、というイメージでしたが、
 この本で、本質を知ることができました。

 ひとつひとつのお話がとても簡潔にまとめられているので、
 ウチのような小さな子にも、話して聞かせられるな、という分量です。


 全ての人の、今日の行動には、意味があります。
 ひとつひとつの行動が、周りの人に影響を与え、将来、大きく世界を変える力になっていくのです。

 本人には結果は見えていなくても、あなたの存在に、あなたの今日の行動に、とても大切な意味があるんだよ、と、語ってあげて、子育てしていきたいなと思います。

 僕らの行動も、素敵な未来につながっていると思うだけで、日々を過ごす意識も変わりますね。


 今日一日、家族のため、友人のため、地球のため、優しい気持ちで行動してくれて、ありがとう。
 みんなの行動が明るい世界につながります。


 良い本でした。買います。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-07-21 04:43 | 人生を豊かにする読書 | Comments(2)
OXバイザー
 今日、というか既に昨日ですが、帰宅したら、届いていました。
 新しく納車される予定の車に付ける、社外品のバイザー。

c0259834_037065.jpg

 やはり、とりあえず中を確認しておかないと、ね。
 ということで
 玄関の脇にデーンと置いてあったのを、一旦室内へ。

 ちゃんと雑巾で箱を拭きましたよ。(>もしかしたら見るかもしれない妻へ)

 さて、大きすぎないか、迷って迷って迷った実物は、いかほどの大きさか。

c0259834_0375555.jpg

 比較するものと撮っていないので、全く分からないでしょうが、
 縦は、15cmから20cmくらいありそうです。デカイです。
 まぁ、こちらは予想通り。雨でもかなり窓を開けて走れそうです。

 そして気になっていた厚み (横へのふくらみ)は、

c0259834_0401773.jpg

 5cmくらいですかね。
 良い感じです!ひょっとして、10cmくらいあったらどうしよう、と気にはなっていましたが、
 今の車 (一昔前のなんちゃって4駆タイプ) より厚みはないかも?

 最近の車のバイザーは、あまり膨らんでいないというか、すっきり薄いタイプが主流ですが、
 バイザーはでっかいほうが、役にも立つしゴツくて格好良いんじゃないかな、と。

 さて、取り付けは…
 自分でやろうかと思っていたけれど、
 諸々の取り外し作業で結構疲れているので、ディーラーにお願いしよっかな、と思います。

 元々ディーラーオプションの純正を取り付けてもらう見積もり (工賃込み) を妻に見せてるしね。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-07-20 00:48 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)