<   2013年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
おきてがみ
川あそび。
「 くらがり渓谷 」 へ、川遊びに行ってきました。
 無料駐車場からちょっと歩けばすぐに水遊びができる場所へ。


 涼しいと聞いていたのに、まだまだ楽しめるだろう、と強気で行ってはみたものの、

 本当に涼しくって、水に足を突っ込んだだけで寒くなるような気候でした。


 でも、

 子供たちは、もう、川が見えた途端に、走り出す!


 お姉ちゃん(6さい)は、滑るのが怖いみたいで、
 楽しそうではありましたが、慎重に慎重に遊んでいました。

 浅いところしか行けませんが、水の中を観察できる道具を使って、
 楽しそうに川底を観察していました。

c0259834_22583586.jpg

 一方、

 弟(3さい)は、怖いもの知らず。

 冷たい水を気にすることもなく、魚を捕まえる、と張り切って探していました。

 男の子は、こういう自然の川は、好きですね。興奮しますよね。
 まだ年少さんですが、人工の水遊び場では満足できないワンパクに育ってくれています。

c0259834_22532034.jpg

 魚が泳いでいるのは見えましたがね、そう簡単には捕まえられません。
 来年は、やな にも行こう。
 近くの 「 男川やな 」 、お姉ちゃんは、3歳くらいで行ったけど怖がって捕まえられませんでした。


 ちょっと天気も怪しくて、(帰り道は豪雨の中でした)
 そして寒くって、
 お弁当を食べて、帰ってきました。

c0259834_22474011.jpg

 ホントにちょっとの時間しか川遊びはできませんでしたが、

 夜一緒にお風呂入ってるときにね、弟が、
あしたも川行きたいー。』 って。

 思わず笑顔になりました。
 明日も行きたい、って思うような体験を、ほんの少しでもできたのは良かったな、と思います。


 てゆーか、結構標高が高いのでしょうか。
 木にも囲まれて、とっても涼しかったので、
 来年は、もっと真夏に行きたいと思います。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-09-09 23:13 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(8)
本当にくだらないこと。
 朝晩はだいぶ涼しくなってきましたが、昼間はまだまだ陽射しが強いですね。

 車のフロントガラスには、シェードを (短時間でも) ちゃんとセットして、
 車内の温度があまり上がらないように、しています。

 結構使っていない人多いですけど、
 かなり効果ありますよ。使ったほうが良いです。

 で、今までは、蛇腹に折って畳むものを使っていたんですが、
 今の車はフロントガラスが大きすぎて、
 素敵なデザインのものがありません。

 それに、いくら蛇腹折りで細くなっても1m弱もあっては邪魔なので、
 ワンタッチテントのように、パッと開いて、くにゃっと仕舞うタイプのものを購入して使用しています。

c0259834_22564697.jpg

 本当に、パッと開くので広げやすいですし、畳んだらドアポケットにでも入るので、
 とっても便利です。

 が、

 如何せん、デザインが、
 いけてないですよね…

 どうにも気になるので、
 なんか絵を描いてやろうかと思っていたりして。

 とりあえず、いくつか目玉を下書きしてみたんですが、

c0259834_2342098.jpg

 いかがでしょう。
 マックイーンのパクリって思われそうですか。

 ちょっとは可愛くなると思ったんですが。

 いやね、アクリル絵の具で耐熱性大丈夫かな、とか、収納して剥げてこないかな、とか、
 考えてるのが楽しいだけで、実際にはなかなかやらないんですけどね。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-09-06 23:26 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(2)
応援企画ということで
 昨日、先日見付けたトルコ料理屋さんに、また行ってきました。
 そして、
 この前隣の人が食べていて美味しそうだった、ケバブ料理を。

c0259834_2284637.jpg

 うん、美味しかったです。


 そして、今日は、学生時代から、独身の頃はよく行っていた、鮪小屋へ!

 名駅には何件かありますが、ユニモール店がお気に入りです。
 そして、
 通が頼むものといったら、これでしょう。

 鮪の唐揚げ!

c0259834_22343364.jpg

 ほほ肉の唐揚げらしいです。
 とってもジューシーで、美味しいの。
 アツアツでも美味しいし、冷めてきても美味しい。
 タルタルソースをちょっと付けてね。

 名駅で食事するならここ、と決めています。めったに機会がないんですけどね。
 そして、今や、唐揚げ定食しか食べません。

 ほかのメニューも、もちろん、食べたことはありますけどね、
 結局、唐揚げも食べたくなって、単品注文しちゃうハメになるので。

 18~19歳の頃に発見して、以来ちょくちょくお世話になっています。
 当時は、唐揚げ定食700円か750円位だったような気がするんだけどな~。

c0259834_22345171.jpg

 20年で、200円も値上がりしてないという風に驚くべきか、
 牛丼特盛りよりちょっと高いだけ、から1000円弱、な感じに高くなったと驚くべきか。

 まぁ、美味しいので、どっちでも良いんですけど。

 マグロ漁は制限されたり色々と高くなったりしそうですが、

 鮪のジューシーな唐揚げは、別のところで食べられないので、これからも繁盛してほしいです。




 お気に入りだったお店が閉店していたりして、
『 あぁ、惜しいなぁ、また行きたかったなぁ。 』 って思うのって、
 かなり、残念なことだと思うのです。

 なにが残念って、そうまで思うなら、
 閉店しなくて済むように、自分が通っとくべきでしょう、と。

 と、いうことで、
 これからも頑張ってほしいお店の応援企画ということで、
 トルコ料理屋さんと、鮪小屋さんへ行った次第でございます。

アヤ・ソフィア(Aya・Sofya)
[トルコ料理]
名古屋市営桜通線丸の内(名古屋市営)駅1番口 徒歩2分
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-8-30(地図
ぐるなびで アヤ・ソフィア(Aya・Sofya) の詳細情報を見る
※2013年9月6日現在の情報です
ぐるなびぐるなび丸の内・市役所のお店情報もチェック!


まぐろ小屋本店 名駅店
[鮪・まぐろ料理]
まぐろ小屋本店 名駅店
JR名古屋駅 ユニモール6番出口 徒歩5分
〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅3-9-35(地図
ぐるなびで まぐろ小屋本店 名駅店 の詳細情報を見る
※2013年9月6日現在の情報です
ぐるなびぐるなび名駅×和食のお店情報もチェック!



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-09-06 22:39 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
パラダイス的な
 人が勧めるものってのは、何かしら良い所があるに決まっている。
 それに気付ける用意が自分にあるかどうか、だけなんだ。

 という言葉にやられてしまったからという訳ではありませんが、
 勧められた本は読むようにしています。

 そして、読み始めた、この本。面白い!

c0259834_22102636.jpg

『 ルーブル美術館の楽しみ方 』 ( 赤瀬川原平さん、熊瀬川紀さん / 新潮社 )

 ルーブル美術館や所蔵品の紹介本なんですが、
 よくある美術館の目録みたいな、そういう類のものかと思っていたら、
 かなり意表を突かれます。

 面白いです。
 桂小枝さんのパラダイスは、これのパクリじゃないかと思うような。

 91年の出版なので、もう20年以上も前に書かれているんですが、
 とにかく、ルーブル美術館を斜めに見たというか、
 ふざけて見たというか、
 楽しく読めます。

 全然所蔵品じゃないところ、まずは入口のモギリ嬢の観察から、
 床やら額やら、油絵のヒビ割れやら、
 そういうものを見て歩きましょう、みたいなことが書かれています。

 もちろん僕はルーブル美術館になんて行ったことはないので、
 どんなところか全く知らなかったんですが、(モナリザがある?んだよね?位…)

 行ってみたくなりました。
 この本を片手に廻れば、数日はルーブル美術館で楽しめるんじゃないかと思います。

 なんか有名だから行こうか、ってくらいで観光してしまうのは勿体ないです。
 詳し過ぎない程度の、ある程度の知識を持ってから行くのが一番楽しいと思うんですが、
 この本は最適だと思います。
 観光旅行しようと思っているかたは、ぜひ手に入れてほしい一冊です。

 僕は、小枝さんのパラダイスを観ている感覚で読みました。あー面白かった。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-09-04 22:23 | 人生を豊かにする読書 | Comments(0)
絶望を、希望に変える
c0259834_22334148.jpg

 思わず反応してしまいました。先週の仮面ライダー、ビースト格好良かったですね!


 小学校高学年から中学生くらいまでの年代に読んでほしいと思いました。

c0259834_22335435.jpg

『 クマともりとひと 』 ( 森山まり子会長講話要旨 / 日本くま森協会 )

 喜多川泰さんの 『 上京物語 』 の中で、父から息子へ送る手紙に添えて、
 父から息子へ送ろうと思っている本として挙げられていた一冊。


 昨今、動物が人里に下りてきて、畑や作物を荒らしてしまうことが問題になっていたりします。

 これは、動物が増えすぎた訳ではなくて、
 餌が足りなくなってきたから、ということは、なんとなく聞いたことがある人もいると思いますが、

 餌が足りなくなったのは、森林開発によって、「 森 (の面積) が減ったから 」
 ではないそうです。

 国策として進められたスギの植樹によって、一見緑が保たれているようで、
 元々の広葉樹の森とは似ても似つかない人工林ばかりになってしまったからなんだそうです。

 杉の人工林は、木の下が真っ暗でほかの植物が育たず、動物も住めません。
 広葉樹の森は、光が差し込んで色々な植物が育ち、虫も寄り、動物も集まるそうです。

 杉の人工林は保水力も弱く、水不足の原因もこの人工林の影響だとも言われています。
 花粉症もですよね。


 森のピンチは、熊のピンチだという訳ではなく、人間にとっても、ピンチなんだ、と、
 気が付いて、行動を起こしてこられた森山さんの、お話です。

 実は、中学校の教師だった森山さんを動かしたのは、生徒たちでした。

 声をあげて、行動することの大切さを学ぶことができます。
 とっても良い本です。

 日本熊森協会のホームページから入手できます。
 ぜひ、子供たちと一緒に読んでみてください。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-09-03 22:53 | 人生を豊かにする読書 | Comments(2)
キャンプ!
 子供たちの夏休み最後に、キャンプへ行ってきました。
 つぐ高原グリーンパーク
 今回でこのキャンプ場は3回目。

c0259834_2182275.jpg

 遠くなくて、トイレや水場がとてもきれいに管理されていて、気持ちの良いキャンプ場。

 キャンプ場は広いのですが、どのサイトからも遠くない位置に水場、トイレ、シャワーが配置されていて、便利です。そして、とても清潔なので、虫が来るトイレが嫌だからキャンプを敬遠してしまうような人でもきっと大丈夫。
 ただ、管理人さんは…?です。
 水遊び場近くのリバーサイドエリア、木に囲まれたウッディーエリアがありまして、
 予約時に希望を申告するんです。が、この申告を、管理人さんは見ていません。
 なので、希望は通らないと思って行くのが無難でしょう。
 行くまでどっちか分からないですが、まぁ、どっちでも、楽しめるので、気にしない気にしない。

 チェックインは午後なので、午前中は、パターゴルフをしたり、川で遊んだり。
 あめんぼを近くで見るために、何の躊躇もなく寝ころぶ子供たち。
 
c0259834_2185346.jpg

 服が汚れるとか、考えちゃうのが大人の悲しいところですね。
 そういうことを気にしなかったら、楽しいことは身の回りにたくさんあると、感じさせられました。


 子供たちの幼稚園バス乗り場で一緒だったお友達とのキャンプ。去年に続き2回目。
 子供は年少~小学5年生まで集まりましたが、みんなバス停で顔を合わせたことがあったり
 一緒に幼稚園に通った仲だったりで、子供たちが初めから仲良く遊べるので、親も助かります。

c0259834_219843.jpg

 大きな子に負けないで、アスレチックをしたり、浅瀬でマスのつかみ採りをしたり。

c0259834_2192821.jpg

 子供たちにとって一番印象深かったのは、魚のつかみ採りだったみたいです。

 はらワタを取った魚を、子供たちがきれいに洗ってくれました。
 串に刺すのも、小学生たちは頑張ってやってくれました。

 塩をふって焼いただけですが、美味しかった~。

c0259834_2110176.jpg

 バウムクーヘンもね、子供たち中心に、焼いてくれました。
 ちょっとハプニングもありましたが、終わってみればとっても美味しくできて、
 大成功。かな。

 結構時間がかかるので、複数家族でキャンプでないと、難しいかもしれません。
 今回は、バウムクーヘン焼いてる間におかずを作ってくれていたので楽しくできた感じです。
 でも、美味しかったからまたやりたいな~

c0259834_2110244.jpg

 意外と働いてくれたのが、この焚き火台。

 たき火を囲んでお酒を飲んで、ってのは、まだまだこれからも楽しいシーズンですね。
 秋にもやりましょうよ>お父さんたち。

 今回は、豪雨かもしれないという天気予報だったこともあり、
 キャビン付き、というサイトも利用しました。
 4畳くらいの広さの小屋が、テントサイトの横に建っています。
 悪天候でなくても、荷物の置き場にしたり、着替えをしたり、小さな子を昼寝させたり、
 意外と使い勝手は良いです。

 細かい雨が降ったり止んだりの天気だったため、子供たちも夜は大人しく

 キャビンで…

c0259834_211041100.jpg

 大人しくはしてませんでしたが、なんだか楽しそうに踊っていました。

 子供の世界って良いなぁ。


 と こ ろ が、

 酒の回った大人を相手に、

 将棋の勝負を挑んできた少年。

c0259834_21463113.jpg

「 歩 」 無しで将棋を指すと、急展開で面白く、
 大人には、なかなかスリリングで、
 子供でも、先が読みやすく、馴染みやすいのだとか。

 大人は飛車角落ちで、いざ勝負。
 ハンデは与えても、真剣勝負。
 25年振りの僕も、『 眠くなってきた 』 とこぼす小3相手に真剣になってしまいました。
 今年は勝てたけど、このままでは来年は勝てる気がしません。
 なんとかしなくては。

 今回登場した将棋の駒は、全てに進める方向か書かれていて、子供でもすぐに覚えられそうなタイプでした。

c0259834_21114598.jpg

 いやね、キャッチボールも楽しかったけど、
 将棋も楽しかったんです。息子がもう少し大きくなったら、勝負したいなと思いましたとさ。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-09-03 21:55 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(8)