「ほっ」と。キャンペーン
<   2014年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧
おきてがみ
出逢えてよかった
 ちょっと前の、己書道場課題。

 当日遊んでいて(こら)仕上げられなかったので、
 持ち帰りで書きました。

c0259834_23293790.jpg

 ちょっと右側がスペース空きすぎたなって思って、ハートでごまかし。

 こんなブログをみてくださるみなさん、見てくださって、ありがとうございます。

 色々なかたと交流できて本当に楽しい毎日を過ごしています。


 ちなみに、結構色々書いているので、書いたのアップしようかな、どうしようかな、と迷ってます。
 そればっかりになりそうで(笑)


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-07-31 23:33 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(2)
珍しい幼虫?
 画像、イモムシです。苦手な方、ごめんなさい。

 最近、とにかく生き物が大好きで、
 毎日虫やらなんやら捕まえたくて仕方ない弟君(4さい)

 この前、なんか変わった姿の幼虫(アオムシ)を捕まえてきました。

c0259834_22314833.jpg

 薄い緑色なんだけど、いっぱい突起が付いていて、(毛虫じゃないですよ)
 その突起がきれいな水色なの。

 うわーなんだろー。って。

 イモムシが、葉っぱをムシャムシャ食べてる姿って、とても愛くるしいと思います。

 結構、見ていても飽きないです。

 でもさ、
どうせ蛾 になるだろうから、そのうち逃がそうね 』 とか言ってたんです。

 でも、息子は育てたいらしく、

『 何を食べるの?調べて調べて! 』 と、泣きそうな顔で懇願してきます。

『 捕まえてきた葉っぱを食べるんだと思うよ、公園なら公園に返してこないと死んじゃうかもね 』
 なーんて応えつつも、

 調べましたよ。いろーんな、幼虫画像を順番に、大量に見ながら。

 最近はインターネットという便利なものがあり、
 ちょっと調べれば、アオムシ好きの図鑑的情報を公開してくれている
 趣味をお持ちのかたのお世話になることができます。

 見た目の姿から検索できたりね、すごいな。

 何事も究めるとお役に立てるものですよね~。ほんと、青虫ファンのかたに感謝です。

 結構苦労しつつも、見付けました!

シンジュサン という幼虫のようです。
 ※ お世話になりました、思いっきり幼虫画像のサイトにリンク貼らせて頂きました。閲覧注意です

 ほらほら、食べるのはちょっと変わった木の葉っぱだから、ウチでは飼えないよ。
 明日公園に逃がしてこようね、なんて言ってたんですが、

 成虫の姿を見て、
 そ、育てたい!と強く思った父でした。

 なんと、
 羽根の模様がさ、ヘビに見える、って、図鑑でしかみたことのない蛾じゃないの!

 でも、餌も与えられないから、こんな虫ケースでは育てられないよ~。

 見たかった~、残念~。



 なーんて思っていたら、

 その晩、


『 糸出してる~ 』 なんて子供の声が!

 慌てて駆け寄る父!

 なんと!捕まえてきたその日に蛹になってくれました。

 てか、シンジュサン、のサンは 蚕 のサンだそうで、蛹になったというより、繭を作った、って感じです。

 うわー楽しみです。
 もしかしたら8月中にも羽化しちゃうかも、なんて思いつつ、
 大きな箱へ引越ししておかないと、羽根広げられないな、なんて考えているのでした。

 きれいな成虫になってほしいな。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-07-31 23:03 | 他愛のない日記 | Comments(4)
初めは不自由だから、楽しいんだよね
 もし、
 お金持ちの家に生まれていたら・・・ とか、

 勉強も運動ももっとできたら・・・ とか、

 思ったことありませんか?

 RPG(ロールプレイングゲーム)で、もし、ゲーム開始から
 どんなアイテムも買えるほどのお金持ちで、
 人脈も広くて誰でも難なく情報を教えてくれる、
 悪者のボスキャラも一撃で倒せるほどの強さをもっていたら、

 そんなゲーム、面白いと思いますか?

 やっぱり、初めは弱そうな敵との遭遇でもドキドキして、時には逃げることも必要で、
 仲間を作って協力しなくちゃだめで、
 コツコツ成長していかないとクリアできないから、
 楽しいんじゃないでしょうか。

c0259834_23555192.jpg

 人生も、また同じです。

 色々と不自由なことがあるからこそ、楽しいんじゃないですか。
 さぁ、成長をモリモリ楽しみましょう。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-07-31 00:00 | 己書作品集 | Comments(0)
うん、がんばる。
 さっき何気なくデジカメの撮影画像を確認していたら、
 こんなのが、今日撮影されていた。

c0259834_2237598.jpg


 『 パパ 』 まではすぐ察しが付いたのですが、

 次がよく分からず凝視しました。

 姉弟?ママも?どんな会話をしていてこんなものを書いてくれたのかよく分かりませんが、
 お父さんは子供たちの見えないところで頑張っているんだよ、という話をきっと妻がしてくれたんだ、
 と
 思いたい(笑)

『 パパ、がんばって 』 ですね。

 はいっ!

 仕事は楽しく、遊びは一生懸命に、頑張ってますよ!

c0259834_2241391.jpg



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-07-30 22:42 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
真っ当な話
 実は、表紙の絵から大して期待してないかたんですが、

 久しぶりにスカッと心地よい気持ちになれた、とってもおすすめな本!!

c0259834_2141646.jpg

『 モップの精は深夜に現れる 』 ( 近藤史恵さん / 実業之日本社 JOY NOVELS )

 表紙の絵のような、へそ出しミニスカート、ブーツ姿で、ビルの清掃を行う清掃員が主人公。

 ビルのメンテナンス会社と契約してビル清掃を行う少女が、
 偶然、テナントを構える会社の中間管理職員と出くわします。

 イライラしていた会社員、ついつい関係ないのに清掃員の少女に向かって説教してしまうのです。

「 おい!ビルの清掃員がなんて格好で仕事してるんだ!
 そんな格好でまともな掃除ができるのかっ! 」 て。

 完全に八つ当たりです。

 それに対し、主人公は応えます。

「 私は、仕事に支障がないと思って、好きなのでこういう服装で仕事しています。
 評価するなら服装でなく (清掃が完璧かどうか) 仕事で評価してください。
 そもそも、私はビルの管理会社から派遣されている訳で、
 あなたにそんな事で注意されるのは納得できません。 」 と。


 ごもっとも。

 いやね、やっぱり、仕事に適した服装ってあるし、
 服装によって気持ちが引き締まったり、逆に集中できなくなったり、ってことは、よく分かる。

 でも、仕事がきちんとしてるなら別に服装なんてどっちでもいいじゃない?っても思う。

 さて、どちらが正しいんでしょう。



 物語のほうは、というと、意見がぶつかったままどちらも譲らず、翌日を迎えたのですが、

 なんと、

 少女はまともな作業服で (着崩して精一杯のおしゃれ感は出しつつも) 清掃にやってきたのです。

 そして言い放った一言が、超秀逸!

『 私は、私の考えが間違っているとは思いません。
 一方で、あなたの考えも、間違っていないでしょう。

 どちらも間違っていないんだったら、相手の意見を立ててあげることで気持ちよく過ごせるなら、
 それでいいかな、と思うから、こういう服装にしただけです。 』

 ってなことを、言うのです。
 すみません、また正確なセリフではありません。もっとスマートだった気がする。

 色んな事、他人と意見が合わないこともありますよね。
 話し合った結果としてどちらかの意見にまとまれば良いですけど、
 どちらの言い分も正しい、どちらも間違っていない、ということも、よくあると思います。
 どっちも正しいから譲らない、んじゃなくて、
 どちらも正しいんだから、どっちでもいい。
 そんな風に譲り合えば良いんですよね。
 そういう心の余裕があると、過ごしやすい環境が増えると思います。


 その他、色々な清掃場所で起こる事件を、探偵さながらに少女が手助けして解決していくというストーリー。
 面白いし、素敵な言葉、盛りだくさんです。


 もうひとつ紹介させていただきますね。内容ばらして申し訳ないんですけど。
 売れないモデルさんたちのお話。

「 私の代わりなんて、どれだけでもいる 」
「 私の存在価値なんて、全くない 」 なんて悩みを打ち明けた、万年衣料品広告モデルの女の子、

 に対して、清掃員少女は言い放ちます。
 慰める場面ですよ!
 あなたなら、なんて声を掛けますか? 「 そんなことないって 」 とかじゃない?


『 そう、あなたの代わりはいくらでもいるよ。
 誰だってその人の代わりになる人は、必ずいる。 』

 え~!そんなこと言っちゃうの~!って、驚きました。

 でもね、

『 だからこそ、居場所を奪われないように、自分の今の場所で、踏ん張るの 』

 って。

 きゃー。

 さ、みなさんも、モップの精の世界へおいでください。

 シリーズものとして、既に何作も出ているそうですね。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-07-30 22:20 | 人生を豊かにする読書 | Comments(2)
逆境にぶつかった時こそ
『 逆境がなければ人間はダメになる 』 という言葉を見付けて。

 同じことかもしれないけれど、前向きに言いたいな。

c0259834_06281.jpg

『 逆境にぶつかった時こそ、人間は大きく成長するチャンスだそ 』

 困った!と思うときこそ、解決して成長するチャンスなんですよね。
 ピンチはチャンス、です。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-07-30 00:00 | 己書作品集 | Comments(0)
水遊び
 今日は、下の子(4さい)と一緒に、川遊びをしてきました。

c0259834_22455045.jpg

 と言っても、図書館に行ったついでに、
 図書館の横を流れる川で、ほんのちょっとだけ、生き物探し。

 岡崎の図書館 Libra 横の川は、子供たちが小さい頃から時々遊びに行っています。

 飛び石で対岸に渡れるんですが、
 小さな頃は、手をつないでいても、落ちそうで、ドキドキしたものでした。
 が
 いつの間にか、ウチの子供たちも危なげなく渡れるようになっていました。
 子供の成長が嬉しくもあり、ちょっぴり感傷的になってしまう瞬間です。

 1時間位なら遊んで行ける時間的余裕あるな、と思っていたんですが、

 もう、暑くて暑くて、
 水もぬるいし。

 20分位で 『 もう帰ろう 』 って、子供が言い出しました。

『 傘持ってくれば良かったね 』 とか、言う男児。

 日傘男子の息子は違います。いや、それにしても、
 この殺人的日射しを受けて外遊びは、ホント危険です。

 川に到着するやいなや躊躇なく川に入っていく息子。
 僕も、どうせ入るし、と入ってみたんですが、ほんと、水が温かかった。

c0259834_225099.jpg

 こんなお湯みたいなところに生き物いられるのかね、とか思いつつも、

 タモで草の下を漁ってみると、
 意外と、たくさんのエビが採れました

c0259834_22594699.jpg

 川にエビっているんですね。
 ザリガニの赤ちゃんかと思ったけれど、よく見るとエビです。


 ママに持たせてもらった、透明パックに入れろと父親に指示。
 いや、一旦ここに入れておくのは良いけどさ、こぼれそうだし、
 日射しを受けて、なんだか熱そうだし(笑)


 ぬるい足湯に浸かっているような感じの川遊びでしたが、
 ちょっとの間に結構な収穫でした。
 そしてかなり汗をかいた。

 お父さんが準備していた、生き物運び用牛乳パックで持ち帰りました。

 こちら、帰宅して玄関で撮影。

c0259834_2314966.jpg

 中を見ると・・・

c0259834_2321019.jpg

 この位。

 このあと、大きめの容器に移しました。

 こういう生き物って飽きないので、じーーーーっと見ていると、

 卵を抱えたエビが3匹。

 ザリガニの赤ちゃんも1匹いました。

 濾過機なんて当然なければ、水温調節もできないし、それどころか
 ブクブクも付けたり止めたりだし(うるさいから)
 そもそも水道水溜め置きもしないで使っちゃってるし
( 一応数時間放置して水温は揃えてから移しました )


 長生きさせてあげられないんでしょうけど、

 子供のうちに、こういう小動物に触れることって必要だと思うんです。
 命を粗末にしちゃいかんですが、育ててあげることって難しいってことは体験してほしいし、
 色んな生き物が食物連鎖の中で生きていることも実感してほしいと思うのです。

 そういう意味で、
 ザリガニは、
( 一緒に捕まえた小さな魚とか、エビの赤ちゃんとか食べて ) 結構長生きさせられたりして!とか、
 かすかに期待している父でした。水が多少汚れても平気そうだし。

 先週は弟が熱を出していて海水浴行けなかったから、お姉ちゃんとプール、
 今週はお姉ちゃんが熱を出していてバーベキュー中止になっちゃったから、弟と川遊び。

 それなりに、夏を遊んでいます。

 さぁ、明日はお盆前最後のラジオ体操です。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-07-26 23:28 | 他愛のない日記 | Comments(2)
愛っていうのはサ
 少しも寒くない季節をお過ごしの、北半球の皆さま、

 こんな暑過ぎる季節でも、体験できないと言われたら、憧れる気持ちも分からないではないなんてこともないような気がします。そのくらい、すっこしも寒くない!

 でも、日陰は過ごしやすかったです。

 ところで、今さらですが、オラフって結構良いこと言ってますね。

 落ち着いて考えたら、
 自分のことより周りの人のことを考えられる、素晴らしいキャラクターでした。

c0259834_22234967.jpg

 やりたいことじゃなく、必要とされることをやるのが愛ですね~。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-07-26 22:29 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(4)
素敵なプレゼント
 素敵な消しゴムはんこのプレゼントを頂きました!

c0259834_21481137.jpg

 現物は写してないんですけど、
 頂いたのは、タンポポのはんこ。

 ほかにもカステラ、巻きずし、蝶々のはんこが捺されたカード、ミニ封筒、などなど!
 素敵すぎる~。

 さっそく使いたいと、やってみましたが、
 こ、
 これは・・・

 我が家にスタンバっていたスタンプ台(インク)は、
 ギツ過ぎる・・・

c0259834_21535488.jpg

 これでは、せっかくの可愛らしいタンポポはんこが台無しです!
 たんぽぽシーズンまでに、パステル調スタンプ台を準備したいと思います。

 いやはや、色々と楽しいことがたくさんです。

 頂いた消しゴムはんこ、頂いてしまって申し訳ないという気持ちになってしまうほどの細かさ!
 手作りの温かさを感じます。

 なるほど、このくらいの深さで彫るのね、などと、こっそり参考にさせて頂きます。

 わかほさん、ありがとうございました。
 わかほさんの、素敵な消しゴムはんこは、こちらをご覧ください。

 プレゼント企画って楽しそうですね。
 僕もやってみようかなぁ。誰か、新聞剣とか要りませんか?(要りません)


 ちょっと、僕もアウトプットできる人間になりたいな、と、軽い気持ちで始めたブログ。
 1年は続けたいなと思いつつ、気が付けば約20ヶ月。楽しくて、続いてます。

 何が楽しいって、
 他のブログを書いている人たちをはじめ、本当に色んな人に見て頂いて、
 時にコメントを頂いて、
 毎日コメントにパワーもらってます。
 自分が始めていなければ、ほかのかたのブログというのも、正直何か調べ物で辿りついたときくらいしか見るものではなかったと思います。でも、自分が始めてみたお陰で、色んな人のブログも拝見させて頂くようになり、色んな考え方があるなぁとか、色んな特技を持ったかたがたっくさんいるんだなぁ、と、
 普段の生活で出会う人たちとの世界だけでは感じられなかった、世界の広さを日々感じています。

 自分って小さいなぁ、じゃなくて、たくさんの人と繋がれる素晴らしい世の中だなぁ、と実感しています。
 いつも、こんなブログを見て頂いてくださるみなさんに、本当に感謝しています。

 少しでも、誰かの背中を押してあげられる内容のブログにしていきたいと思います。
 今後ともよろしくお願い致します。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-07-26 22:10 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(2)
油断ならない町と、幸せになるチャンスが溢れている町
 最近こんなのばかり描いてます。

c0259834_21574229.jpg

 3連休は、下の子の熱が下がらず、楽しみにしていた海水浴に行けなかったので、
 結構家遊びしてました。

 何か、どうせ描くなら素敵な言葉を書きたいよね、と、
『 賢者の書 』 ( 喜多川泰さん / Discover21 ) を開く。

 この本は、何度開いても、毎度違った気付きを与えてくれます。

 ある章に、

 自分が幸せになることだけをする人が住む町と、
 他人を幸せにすることだけをする人が住む町、の話が出てきます。

 どちらの町が、住みやすいでしょうか。
 本当に自分が幸せに暮らせるのは、どちらでしょうか。

 人間は、他人の幸せに喜びを感じられる生き物です。
 他人の幸せを願う生き方ができれば、ある意味、喜びを感じるチャンスに溢れている時代です。
 みんなで幸せを感じられる町が広がっていくと良いなと思います。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-07-22 22:06 | 己書作品集 | Comments(6)