「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
おきてがみ
古代出雲歴史博物館
 古代出雲歴史博物館。

 とっても素敵な構えの博物館でした。

c0259834_2324595.jpg

 美術館や博物館で、音声ガイドがあれば、ほぼ間違いなくそれを借りることにしています。

 驚いたのは、無料だったこと。
 しかも、i-Pod。

c0259834_23251099.jpg

 昔はこういうの、デパートのフードコートで呼び出されるブザーみたいなので、
 数字をポチポチして再生していたよね~。しかも入場料とは別に500円とかだったのに。

 入場料は確か610円とかだった。安い。

 土器の模様だとか、

c0259834_2330228.jpg

 出雲風土記だとか

c0259834_23302566.jpg

 ただ見て歩いたら、何がすごいのか、何が面白いのか分からずにササーっと行ってしまいそうですが、
 音声ガイドがあると、
 面白さが分かる。小さな文字を読まなくて良い
 説明は耳から入ってくるから、目は展示物をずっと観察できます。

 音声ガイドがないと、展示物より説明書き見てる時間のほうが長くなっちゃいますからね。
 音声ガイドはオススメです。

 かつての出雲大社の復元模型とか。
 正直、これは現実にはなかっただろう、と思ってしまう程ですが、
 正しいかもしれない可能性が低かろうが、
 こうだったかもしれないという可能性があるなら、すげー!っていう方向で復元しておこう、みたいな
 心意気が憎い、とか勝手に想う。

c0259834_2333816.jpg

 現実的に可能性のありそうな模型も並んでいて、その真摯な(紳士な)姿勢も好感度UPでした。

c0259834_23352662.jpg

 何か分かりませんが、小さな模型を実物っぽく見えるように写真撮れないかな、とか、
 そういう風に遊んだりしながら。

c0259834_2336588.jpg

c0259834_23361513.jpg


 ジオラマだったり実物大の模型だったりと、見ていて飽きないものが沢山。

c0259834_2340576.jpg

c0259834_23411024.jpg

c0259834_23412178.jpg

c0259834_23413638.jpg

c0259834_23415067.jpg

c0259834_2342175.jpg


 古事記に記された、神話の世界と、
 遺跡から発掘されたもの
 自然な流れで展示されていました。

 最近 『 まんが日本の歴史 』 を読みふけっているお姉ちゃん(3年生)や
 でんじろう先生の 『 ラブラボ! 』 DVDをお姉ちゃんと一緒に大笑いしながら見てる弟君(5さい)と
 一緒に見たら、もっと楽しかったかもな~。

c0259834_23472698.jpg

 発掘された、膨大な数の銅剣。
 復元されたピカピカの銅剣も並べてあって、壮観でした。

c0259834_23474221.jpg

c0259834_23484596.jpg

c0259834_23485542.jpg

c0259834_23491037.jpg

c0259834_23492459.jpg

 銅鐸を鳴らしたり、棒をまわして発熱させたり、
 須恵器を作るのに使われたというフイゴも踏んでみたり。

c0259834_23521926.jpg

c0259834_23533034.jpg

c0259834_23534641.jpg

 なんやかんやめちゃくちゃ楽しかったです。

 そうして、お土産ロードについた時には、

 ほとんどのお店、シャッター下りてました。(T_T)

 そして、人通りのなくなった道をひとり、歩きはじめた途端に、雨。

 ガク~。
 でも、また来たいな~、って、不完全燃焼なりにいい気分で歩けましたとさ。

 で、帰りは電車に乗ったんですが、
 これがまた、面白かった。

 つづく・・・


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-07-28 00:11 | Comments(2)
出雲大社を参拝しました 2
 ちょっと前まで土砂降りだったからか、本当に人影がまばらだった出雲大社。

 長~い参道、素敵な雰囲気っぽいですが、
 歩いていて、あまりに孤独で、さみしかった。

 でも、色んなものが楽しかったです。

 何かの神話の一場面なんだろうな、と思うけど、
 よく分からない、巨大な神様?かな?

c0259834_2354285.jpg

 説明書きも、雨のせいで読みにくい。

c0259834_236298.jpg

 読みにくいお蔭で、最初から最後まで読もうとは思えなかったので、
 最後だけ読んで、
 あぁそうか、出雲大社は縁結びのところなんだ、と気が付く。

 牛の写真撮ったり、自分も写真撮ってもらったり、楽しみました。

c0259834_2374968.jpg

 しかし、人はまばら(しつこい)。

c0259834_2381850.jpg

 目の前で参拝していた人たちが、「ここは4拍するんだよ」と話している声が聞こえた。

 そうして、4拍手して行かれました。

 ホントか?

 まあ、聞いた通りにやっておこう、と4拍手してきました。

 あとからパンフレット見たら書いてありました。ふぅん。

 良いご縁がありますように

 相撲の始祖!? これは見ておかないと、と近付きつつ、

c0259834_23105050.jpg

 気になる土俵ばかり見ていて一回通り過ぎました(笑)

c0259834_2311378.jpg

 なんか面白いなと思ったのは、まわしを締めているウサギ。

c0259834_23123594.jpg

 ま、そんなこんなで、あっさり参拝は終了。

 お土産ロード (勝手に命名) 散策を楽しもうかと思ったけれど、
 出雲大社の隣に 『 古代出雲歴史博物館 』 なるものがあることに、気付く。
 大きな看板のお蔭。

c0259834_2317143.jpg


 旅先で博物館とかに寄るのは好きな僕。
 せっかく来たんだしね、次来られるのはいつになるかわかんないし。
 ということで、また少し歩いて戻って、見学してきました。

 これがね、良かったんです~~。

 つづく。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-07-27 23:18 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
出雲大社を参拝しました 1
 素敵な景色を観ながら辿りついた出雲。

 途中は天気も良く、景色はこんなに良かったんだけれど。

c0259834_22292238.jpg

 任務から解放された午後には、土砂降りの雨でした。

 こんな雨の中、革靴で散策したくないよな~、と思い、

 帰って怒られることも覚悟しつつ、駅前の百貨店と書かれたお店で、短パンとTシャツを購入。
 約4000円。完全に予定外の出費。

 でも、サンダルは売ってなかった。
 駅中の100均でビーチサンダル買いました。
 靴ずれしませんように。

 駅中の噴水?みたいのも、
 神の国、てな雰囲気。

c0259834_2233788.jpg

 何気なく横目で見ながら歩いたけれど、
 思わず近寄って撮影。

『 スクナヒコナ 』

c0259834_22335541.jpg

 この神様は確か、
 ウ●チを我慢する対決をして、我慢できなくなってきて・・・・ という、
 面白い話で、娘が大ウケしていた神様だ。

 えっと、
 僕、歴史の授業は全然興味持てなくて、
 今でも大河ドラマとか見ていないし、あんまり分からないんですけど、

 日本の天皇はさかのぼると天照大神の子孫として神武天皇が即位して、というところに繋がっていて、
 その神武天皇の即位した日が建国記念日なんですよ、ということで、

 日本は神話からつながる国、
 継続した王朝国家として約2700年続いている世界最長の国家だ、ということは、
 誇って良い歴史だと思っているのです。

 歴史をさかのぼると事実じゃない神話につながる、なんて、おかしいんじゃないの?と
 思ってしまいますが、その考え方こそが、戦後教育の悪い一面かと思っていたり。

 もちろん、天皇崇拝は戦前教育の最も良くなかったところだと思ってもいますが。

 ただ、別の国だって、国の始まりは神話につながっていたり、アダムとイブから人間が生まれたとかね、
 信じるとかじゃなくて、そういう話が信仰とまでいかなくても、色々な物の考え方の根本に根付いたりするものじゃないかと思っているのです。悪いことしちゃダメよ、バチが当たるよ、とか、そういうの。

 まあ、とにかく、僕も、古事記に登場するような神様が国を作ったとかは思ってないですけど、
 そうやって語り継がれてきた話と一緒に受け継がれてきたのが、日本人としての魂というか、
 日本人らしさ、とかかもしれないな、と思っているので、

 古事記は、割と好きなんです。

 で、

 出雲に行ったら出雲大社は行くよね。
 ということで、ビーチサンダル買って、レジでタグを切ってもらって、
 お店を出たら、

 雨止んでた。(おいおい)

 さっきまで土砂降りだったのに。

 まぁ、気を取り直して、ホテルで着替えてさっそく出発。

c0259834_2247771.jpg

 サンダルで参拝ってどうかな、と思ったけど、
 むかしは草履で参拝しただろうから、いいか、と自分で勝手に解釈。

 出雲駅から、バスに乗りました。
 改めて見ると、なかなか趣のある駅舎です。

c0259834_224826100.jpg

 とりあえず、参道手前でバスを降りる。
 参道までのお土産屋さんストリートを練り歩くてのも、
 大好きなんですが、
 とりあえずは参拝でしょ、と、後回しにしたのです。 

 ちょっと前まで土砂降りだったからでしょうか。
 平日夕方16:30頃、人はまばらでした。

c0259834_22572855.jpg

 つづく


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-07-27 22:59 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
出雲までの旅。楽しみ方。
 出雲へ行ってきました。

 名古屋から岡山まで新幹線、岡山からJR在来線で。
 3時間+3時間のおよそ6時間の長旅。

 出掛けに「振り子電車」の事を人から聞いて、
 そういう電車があるんだ、と初めて知る。

 新幹線内では、ちょっと久し振りで書。
 最近ずっと、子供会の球技大会で頑張っている6年生にあげようかな、と
 言葉を考える。

 今年で卒業の6年生6人。今日は4年ぶりのブロック大会出場ということで、
 試合に行ってます。3年生も3人登録する余裕があるからってことでウチの
 娘も。

 久し振りで上手に書けない気がするけれど、
 久し振り過ぎて、書けることが嬉しい。

c0259834_08344475.jpg


















 絵だけ書いて空欄だった紙も持参していたので、書いてみたり、
 書きなれた言葉で勘を取り戻せないかなと思ったり。

c0259834_08351249.jpg
 こんなことしていたら、
 岡山まではあっと言う間でした。

 そうして、いよいよ、
 特急やくもに乗り換える。
c0259834_08351926.jpg






 




↑こんな写真撮ってるから、電光掲示板の下の大事な注意を見逃す。

c0259834_08353385.jpg

















 ゆったりやくも号に乗り込んで、しばらくして気が付く。

『 車内販売はございません 』
 な、何っ!ここから出雲まで3時間くらいあるんだよ!
 トイレまでついた列車で、自販機もない!
 びっくりしました。

 飲み物、350mlが一缶と少ししか、ないよ(トホホ)

 でもね、不思議な車内で面白かったです。

c0259834_08532243.jpg



















c0259834_08541349.jpg



















丸くなってる柱状のでっぱり。振り子に関係あるのかな。
前の座席がなくって足が伸ばせる。
って、良いけどなんか落ち着かないし、
テーブルないし!

引き続き、揺れる電車でも小学生に贈る言葉を考え続ける。

c0259834_08563323.jpg


















c0259834_08563680.jpg

















c0259834_08564087.jpg


















 が、ほんと、揺れるんです。
 笑えてくるくらい。
 トイレがついてますけど、トイレにたどり着く前にコケます(笑)

 もう、揺れるって分かって乗った電車だから、本当に揺れるのが笑えてくる。
 新幹線とのギャップが大きくて分かりやすい!

 ということで、
 面白さを言葉にしてみました。
c0259834_08590369.jpg

















c0259834_08590797.jpg

















c0259834_08591040.jpg



















 本当に、揺れるって知らずに乗ったら、ただの不快な電車な気がするんですけど、

 揺れる電車!ってっどんなだろう??って気持ちで乗ったから、

 揺れることが面白い。

 弱点じゃなくて個性です!って割り切りだよなぁと思った訳です。
 普段とは違う仕事でのお出掛けですが、堂々とやりきろう、と思えた良い経験でした。

 と、いうことでなんだかんだしてる間に、出雲到着。
c0259834_09013897.jpg
















 熱烈歓迎してもらえました(ポジティブ)。

 でも、やくも車内で書いたハガキを改札のお兄さんにもらってもらおうとしたら
 迷惑がられました(笑)
 お礼のお手紙なので、快くもらってください。


 さて、子供会球技大会に出かけている子供たちの応援に行ってきます!


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-07-26 09:05 | 他愛のない日記 | Comments(4)
自由な発想ができないのは、決めつける習慣が付いてしまっているから。
 すみっコぐらし、というキャラクターがあるんですね。

 それの、枕?なのかな、(結構前ですが) 頂きまして、

 息子が大事に使っています。
 昼寝まくらとして。

 ある日、その我が家の 「 すみっコぐらし 」 の上手な絵が描いてありました。

c0259834_019887.jpg

 お姉ちゃんなかなかやるねぇ、と思って良く見たら、

『 すみっコぐらしの おふとん 』 って書いてありました。

c0259834_0191916.jpg

 あ、寝てたのね。
 まくらがまくらして、布団と書かれた紙を掛けられて。

 子供たちの発想は本当に面白いですよね。

 大人には想像できない。
 大人になるにつれて、思考回路がカチカチになっちゃったんだろうな。

 もっとグニャグニャの発想で僕も楽しみたいと思いました。

 こんなのも作ってあったし。

c0259834_0193099.jpg

『 おかしノート 』

 なんだろう。
 一体何を書こうとしたんだろう。

 わざわざA4の紙をテープで何枚も貼って、ノートみたいにしてありました。
 表紙以外は真っ白でした。

 ノート使えよ!(笑)
 なんにも書かないままなくなっちゃうから!


 そんなお姉ちゃんも、
 先日バレエでトゥシューズのクラスに入るテストに合格。
 嬉しそうです。
 まだシューズは届いてないけどね。

 ピアニストとバレリーナと漫画家になりたいそうです。

 お父さんも、本を書きたいな、って言ったら、筆の書いたのの本を作ったら?って言われました。
 そうだね~、お父さんは、言葉と挿絵を自分で書いた本作りたいな~、ってね、
 大人もやりたいことがあるって姿を見せるのも良いかな、と。
 やりたかったけど諦めちゃったよ、という姿よりは。

 でも別に、今は本作らなくてもこういうブログスタイルで勝手に書いちゃえばいいんですもんね。
 素敵な時代です。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-07-20 00:37 | 子供たちの作品 | Comments(2)
ま、またラブレターかよ!
 ちょっと忙しい日々が続いていますが、
 やりたいこともやらないとストレス発散できないので、3連休だしブログ更新。

 最近の息子(5さい)の絵は、空と木と虫、というのが多い。

 これは、蟻らしい。

c0259834_23404051.jpg

 こういう何か分からないのもある。
 本当は、クワガタが決闘して一匹落とされた絵が素敵だったんだけれど、
 撮影前にどこかへ行ってしまった。

c0259834_23405319.jpg

 が、
 時々、
 なぜそれを描いた?と思う絵もあるのです。

『 おふろ 』
c0259834_23394282.jpg

 湯気が、立ち上って消えていく様を表現しています。

 彼は、「 煙 」と呼んでいましたが。

 彼は、「 高い 」 の反対言葉は 「 低い 」 しかないと思っているので、
 おもちゃ売り場やお菓子売り場で、
『 低いのはどれ? 』 って聞いてきます。

 高いのは買ってもらえないの分かってるから。

 かわいいなぁ。

 安いのも買ってもらえないんだけれど。せめてもの、姿勢。

 それでも幼稚園では豪快なほうなんだろうな。

 この前、こんなものを幼稚園でもらってきたという。

c0259834_2347465.jpg

 真っ赤なハート型。

 妻曰く、『 通園バッグの奥でクシャクシャになってた 』 らしいのですが、

 照れ隠しか?

 中を拝見させて頂きました。


c0259834_001211.jpg

『 プロポーズしてください 』 だって!

 とっても大胆で、
 とっても可愛らしいラブレターですね。


 平和な日常を過ごしています。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-07-19 23:53 | 子供たちの作品 | Comments(7)
まかせておけば大丈夫という時代はとっくに終わっている。
 戦争ってどうして起こるのでしょうか。

 僕は、『 自分とは違う考え方の人がいる 』 という当たり前の事実を認められないと、
 そんな考えの人が始めてしまうものだと思っています。

 自分の意見とは違う人がいるのは当たり前だから、
 お互いの意見を尊重し合って、折り合いを付けていかなければいけない。

 身近な人付き合いも、国と国とのお付き合いも、基本は同じだと思うんです。

 今の政権のやり方は、酷い。

 騙されてはいけません。

 新聞などのマスコミでも、
『 与党も各地のデモを無視できなくなってきている 』 というような、

 政権に対する反対意見を表明する僕らを支持してくれているような意見を目にすることがありますが、

 いいですか?

 無視できなくなった、ということは、

【 これまで政権は世論をはじめから無視するつもりでやってきた 】
 と、いうことですよ。

 こういう事実に、目をそむけてはいけないと思います。

 戦争に行くつもりのない人が、戦争のできる国にしようとしています。

 集団的自衛権を認めることで危惧すべきは、
 自衛隊員が海外で戦争に巻き込まれる危険性よりも、
 日本がテロの標的にされ、日本列島中の原発が狙われて、日本列島中が住めない土地になってしまう、
 そういう危機です。

 近年の戦争を振り返りましょう。
 国連に反対されているにも関わらず、勝手に戦争を始めてしまうアメリカが原因じゃないですか?

 国際テロ組織?
 そもそもそういう人たちが生まれてしまう原因は?
 アメリカが始めた戦争被害による貧困者では?

 反米の威力がやってしまうこと、なんですか?
 アメリカに宣戦布告しますか?してませんよね?
 アメリカや親アメリカ勢力へのテロ攻撃じゃないですか?

 安保法案の集団的自衛権によって、
 まず危険にさらされるのは
 海外派遣される自衛隊員ではありません。
 全国の原発近くに住む日本国民です。
 要するに、日本に住む全員ですわ。


 今年の七夕に、息子が書いていた短冊。
『 ケガをしませんように 』

c0259834_5315745.jpg

 もちろん、色んな痛いケガをしてきたから、もうしたくない、単純な願いだったんでしょう。
 痛かったんだろうなぁ。

 過保護と言われるかもしれないけれど、
 大きなケガはしてほしくない。

 この子たちが大きくなった時、

『 僕が戦争に行かなければいけなくなるかもしれない時に、
 お父さんは何をしていたの? 』

 と聞かれるかもしれない。


 戦争に巻き込まれる国にしてはいけない。
 できることをやろうと思う。

 自分にできることは、こうやって意見を発信することと、
 投票すること。

 でも、僕らが投票して決めた代表が、法律を決めているんです。
 投票自体が違憲だと指摘されていても、
 結局是正されないまま、法律がつくられる。

 だから、違憲だ違憲だって言うことも大事だけれど、
 一票の格差があるのかもしれないけれど、
 とりあえずそんな中でも、平和憲法を守ろうとしている党に投票することは、
 できるじゃないか。

 集団的自衛権を一旦認めることになってしまっても、
 次の国会議員決める時には反対議員を選出し、
 今の安保法案を潰す法案をすぐに通します
 という国民総意です、って、
 海外のテロ組織から分かるように、
 意見発信や戦争反対デモを、続けましょう。


 今の政権に反対しているようなパフォーマンスをしている党も多いですが、
 反対法案考えているでしょうか。
 潰されるとしても、法案を上げましょうよ。
 そうしたら、次はその党へ投票しますって。

 どの党が本気か、見極めてくださいね。
( 特定秘密保護法案を潰す法案考えている党あるのかな )


 日本も貧困が問題になってきています。
 だから、経済問題も大きな問題です。

 数年前にオリンピックが開かれたギリシャの経済は大変なことになりました。
 日本は、大丈夫でしょうか?
 日本もものすごい借金があります。
 大規模な競技場作って、
 テロを警戒するために飛行機並みの搭乗検査が必要で実質新幹線のほうが速いじゃん、っていうリニアも作って、

 公共事業で潤う人だけが潤って、
 すべての借金は貧しい僕らに負担させられるんです。

 色々大変ですよ。
 こんなこと書いてますが、経済も政治もよく分かってところが多いと思います。

 でも、

 でも、

 今の貧困問題がさらに深刻になってしまうとしても、

 それでも、
 戦争という事態で貧困が起こるよりは、
 良いのではないかと思う。

 だから、政治が停滞するとか問題があるとしてもね、
 戦争反対って党に投票しておきたくない?

 安倍首相や安倍首相の親族、自民党に投票した人たちから
 戦争に行くなんてことはありません。

 政治家は自分のことしか考えていないので、
 投票する前に僕らがよく考えよう。

 できることは、ある。

 小さな力かもしれないが、無力ではない。



 さ、ラジオ体操行く準備しまーす。
 昨日は娘とゴーカート乗ってきましたよ~。
 ようやく一人で乗れるようになりました。
 楽しかった、って。7回も乗ったもんね。
 今日は子供会のキックベースに参加して、それからバレエの特別レッスン。
 まだ注文したトゥシューズは届いていないけれど、海外で活躍するかたが、
 教えてくれるんだって、楽しみにしていました。
「 ピアノも続けることにしたの 」 って自分から話してくれました。嬉しいな。
 息子は幼稚園のお泊り保育。
 どんなに興奮して帰ってきてくれるか楽しみです。
 近所の公園で、この夏クワガタを10匹くらい捕まえてきました。
 この前は、思いがけず近所の川でザリガニを捕まえた。
 心臓がドキドキドッキンして、
「 こころが笑った 」 そうです。
 子供たちの純粋な笑顔を守りたい。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-07-19 06:01 | 父育ち(子育て) | Comments(8)