<   2015年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
おきてがみ
子供の作品に目を奪われる訳は、やってる姿に秘密があった。
 しばらく子供の作品が眠ったままになっていたので、ちょっと挙げておこうかな、と。

 最近下の子(6歳)が描いたり作ったりしたものから。

 身体の動きはないんだけれど、色使いが素敵。

c0259834_20533275.jpg


 あと、
 少し前、なんか折り紙が彼のブームだった。
 折り紙を折って、適当に絵を足して、作っただけなんだけれど、こんなのをたくさん作ってた。

 幼稚園 (小学校ではないらしい) と、焼きイモなんだけれど、

c0259834_20423452.jpg

 なんとこのイモ、1000円らしい。
 ちゃんと皮がむけて、中は黄色になってたので驚いた。

c0259834_2042458.jpg

 あとは、なんか、「 決闘 」 の絵をよく描いてます。

 例えばこんなの。

c0259834_20475613.jpg

 とか
 こんなの。

c0259834_20481251.jpg

 こいつは飛び上がって闘っている様子。
 よく見ると、右側のは、ロボットらしい。

 なぜって、
 誰かが操縦している。

c0259834_20491347.jpg

 胴体部分だけじゃなくて、手のところにも、誰かいるね。

 そして、足にもいた!

c0259834_20502497.jpg

 結構細かいです。

 見て楽しい絵だなぁと思うんですが、
 それって、まず描いてる瞬間、
 その時その時を楽しんでいるからかもしれんな、と思います。

『 うぉりゃー!水の術~!』 とか 『 こっちは火の術だ~ 』 とか
 言いながら、描き足して、
 頭の中では多分、絵が動いてるんでしょうね。

c0259834_20545528.jpg

 何かの一場面を 「 描こう 」 として描いているというより、
 決闘ごっこを紙の上でしている、という感じ。

 上手か下手か、とか気にしてないですもんね。

 だから、のびのび描けて、こっちまで笑顔になっちゃう絵になるんだろうなぁ。

 工作も、自由です。

 こいつは、パソコンらしい。

c0259834_2113528.jpg

 何が良いって、キーボード。

 イタズラ小僧(男子)の鉄板ネタを繰り出せるキーがあります。

c0259834_2133745.jpg

 こういう訳わかんない 「 当たりくじ 」 が転がってる時もあるし ( でかいよ!)

c0259834_215657.jpg

 こいつに至っては、何か判別できなかった。
 武器らしいけれど。

c0259834_2153750.jpg

 こういうのにしたって、きっと、
「 何かを作ろう 」 というんじゃなくて、

「 適当に触ってたらこんなのができた 」
 っていうのが近いんだろうなぁ。

 わざわざ段ボールをハサミで切ってさ、

 よくやるよ!(笑)

 楽しいだろうなぁ。

 お姉ちゃんは小学校から帰ってきても宿題やったり本読んだり友達と遊びに行っちゃったり、
 一人で遊ぶ時間が多いから、絵も工作も、一人でやってるんだと思います。

 そういう姿を想像すると、ちょっと切ないんだけれど、

 お姉ちゃんが宿題やってる時は、
 静かにしてなきゃいけないってよく分かってて、我慢してくれる子です。

 お父さんが家にいる時くらい、決闘ごっこで暴れたくなってもつきあってあげないとね!


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-11-26 21:47 | 子供たちの作品 | Comments(2)
画像を検索窓に持っていくと、画像を検索できるんですよ。超簡単な、画像検索。
 インターネットで自由に見られる写真も、
 勝手に使用してはいけないんですよ。
 今年はすごく認知されたと思っていたんですが。

 みなさん、勝手に使っちゃってませんか?気をつけましょうね。バレますよ(笑)

 オリンピックエンブレム等々の件で有名になったデザイナーの佐野氏が、
 いくつか盗用していた疑惑がありましたよね。

 あの報道がよくあった頃、
 よくもまぁ、
 あれもこれも、盗用元の画像がすぐに見付かるな、と思っていたんですけど、

 実は、簡単に見付けられるんです。

 ご存知でしたか?

 画像検索。

 Google画像検索のページでね、
 検索窓に、画像をドロップするだけです。

 簡単ですね。

 例えば、これ ↓ を検索するなら、

c0259834_23175563.jpg

 自分のPCのフォルダにあるファイルをドラッグして、
 検索窓まで持ってきて、

c0259834_23232140.jpg

 ドロップすると、

c0259834_23244167.jpg

 こんな風に、
 インターネット上から、同じファイルを探してくれます。
 似た画像も見付けられます。

 トリミングしたりサイズが変わっていても、見付けられます。

c0259834_23253973.jpg

 このブログのページだけがヒットしました。

 僕以外の人が使うことがなければ、通常こういう状態なはず。


 なんでこんなことを記事にしているかというと、



 僕の 「 書いたものが使われていますよ 」 と。
 お友達が教えてくれたからです。

 教えてもらったアドレスを見に行ってみると、確かに僕が書いた字と絵の写真だなぁ。

 でも、
 今や手元には残っていない作品。

 どうしたっけなぁ?誰かにあげたかなぁ。
 誰かの手に渡っているのなら、その人がどう使おうと自由だよなぁ、と思って、

 一応検索してみた、という訳。

 そうしたら、自分がこのブログにアップしていたことが分かる(思い出さないもんですね)。
 で、どうみてもその画像をそのまま(或いはトリミングして)使われていることが分かります。

 要するに、
 勝手に使われている、という状態。

 いやね、僕は、
「 素敵な言葉がたくさんの人の目に付くといいな 」 と思って書いてます。そしてアップしてます。

 だから、
 使いたいと思ってもらえるのは嬉しいんです。
 素敵な言葉見付けたよ、みたいに紹介してもらえるなら、まぁ、許す。

 でも、商用利用はあかんでしょ。

 誘導したいリンクを載せた文章に、僕の書いたものの画像貼るとかさ、いかんでしょ。
 別のリンク先に誘導されるような、そういうのは困るよな、って思うんです。
 他人の書いたものを看板にするとかも、いけませんよ。

 僕が関与しているみたいじゃないですか。

 今回使われていることが分かった画像は、
 多分、
ピンチはチャンス 」 とかいう単語で検索したのかな、って思います。

 そこに引っかかってくる僕の画像を、
 どういうサイトにあった画像かも確認しないで、勝手に使ったんでしょうねぇ。

 ちなみにこの画像を Google画像検索してみると、

 今日現在、僕の知らないところで勝手に使われているページが、3件ヒット。
 喜べないですから。


 あの、僕のところから持っていって使いたいというかた、
 一言ください。
 勝手に使われるのは気持ちが悪くて嫌ですが、一声かけてくれれば、
 多分 「 どうぞ 」 って言いますから。

 商売の客寄せ的に使用されるのは、僕も関与しているみたいに思われるからやめて下さい。
 ↑ これだけは、本当に困る。
 頼んでくれれば描き下ろしますから。


 どう対処したら良いのかな、と考え中です。

 こんなこと書いても、勝手に使った人の目には付かないでしょうが、
 みなさんは気を付けてくださいね。
 インターネット上で誰でも見られる画像でも、勝手に使ったらいかんのですよ。

 それにしても、
 オリンピックエンブレムの事件から学ばない人が多過ぎるよなぁ、と思った。


 なんだかなぁ。
 Copyright付けたら商用利用されにくくなるだろうか・・・面倒過ぎる・・・

 たまったま、使ってみてくれた数人のお陰で、
 今後またアップしていこうかなっていう気が削がれてしまったじゃないですか!

 ただ、忙しいけど書こ(ブログね)って思えたことくらいかな、良かったこと(笑)


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-11-18 00:15 | 他愛のない日記 | Comments(9)
映画には、感動や迫力以外にも、教訓という価値がある。
 お姉ちゃんが映画に行きたいと言ったので、
 映画を観てきました。

『 GAMBA ~ ガンバと仲間たち ~ 』

c0259834_20474314.jpg

 懐かしいなぁ。「 ガンバの冒険 」

 僕らが見ていたアニメとは、キャラのデザインが全然違っていますが、
 なんとなく、今風であるとは思う。

 設定・ストーリーは、子供の頃見ていたアニメのままのような。
 イタチをやっつけに行く物語。

 前半、
 町ネズミのチュウタが、
 勇敢と名高い船乗りネズミのボスにコケにされて
 戦いを挑んでいくんです。

 ただ、体の大きさも強さも全然敵わなくて、
 何度も投げ飛ばされるチュウタ。

「 お前の負けだ 」 的な事を言われて、

 こんなような言葉を返した。

『 この程度のことで、俺は負けたなんて思わない。

 だから、まだ負けてない!

 おおおぉっ。

 客観的には負けてましたが、
 そういう気持ちは大事だね。

 諦めなければまだ終わってない、みたいな。

c0259834_20424659.jpg

 きゃあきゃあ叫んだり笑ったり突っ込んだり、
 映画鑑賞中のお姉ちゃん(小3)が面白かったです。

 ツッこむかよ!

 いや、でも、最初から鳥に助けてもらえよ、って僕も心の中で突っ込んだけどね。
 あと、野沢雅子さんが声優参加してるんならチュウタやってほしかったなぁ。やっぱり。
( かつてのアニメでは、チュウタの声を野沢雅子さんが担当 )

 チュウタと野沢雅子さん担当の鳥が会話してるシーンは、ちょっと頭が混乱したよ。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-11-10 21:08 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(4)
気に入ったものを身に付けるとすごく気分が良いよね
 子供の通っている幼稚園、

 送り迎えや行事の際、大人も子供も名札を付けることになっています。

 ただ、
 名札でオシャレ?、なんて思いつくこともなく、

 もともとオシャレしないので(こらこら)
 どっかでもらった企業名入りのストラップ付きのカードホルダー使ったり、
 ガムテープにマジックで名前書いて服の上から貼ったりしてたんですが、
( なんともオシャレ感ゼロ )

 大好きな男前作品作家さんの 8390-WORKS さんこと、よっかわいさんに
 
 とっても素敵なIDカードホルダーを作って頂きました~!

 じゃじゃーん。

c0259834_2241038.jpg

 素敵過ぎるんです。

 届いた時に中にいれてあったこのカード、
 これは、あれですね。8390-WORKSさんお得意の、
 目に付いた格好良さ気なアルファベットを組み合わせる、というやつじゃないかな。
( 多分 )

 この、適当、ってのが、センスがないとできないんですよね。

 センスのある人には、説明求めても 「 適当です 」 としか教えてもらえないんですけど(笑)

 センスのいい人あるあるだな。

 なんてことはいいんだけれど、

 超格好良いでしょ。
 革ひもで。

 大体、この手の革グッズを好んで使う輩は、カードホルダーを首から下げない(笑)
 と、
 一般的に思われるのか、なかなかないでしょー、こういうの。

 一目みて欲しくなり、作ってもらったんです~。

 紹介が遅くなってしまいましたが、
 届いて以来、超気に入って使っていますよ。幼稚園でも、(必要のない)小学校でも(笑)
 プライベートでも(笑)

 小学校に下げていった時は、これはこれで良いことがあったんです。

 学芸会の観覧のため、体育館前の行列に並んでいたらですね、
 娘の担任の先生 ( 新任の女の先生!) が、
 にっこにこで僕のほうに近寄ってきてくれて挨拶してくれて、

『 ★★ちゃん(娘の名前)、なんとかかんとかで、良かったです~ 』

 って、いきなり。
 あれなんで僕が父親って分かったかな~、って一瞬疑問だったんですけどね~。
 名札のせいだ。と1分後くらいに気が付いた。
 あんまない名字だからね。

 慌ただしい中のほんの少しの時間に、
 先生から見付けて頂いて、お話してくれて、とても嬉しく思いました。


 ちなみに、
 未晒しのクラフト紙みたいなのに、筆で名前書いてますよ~。
 だからもう、二重で自分のお気に入りなんだな。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-11-09 22:29 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(3)
子供に習い事させているなら読むべきじゃないかと思う小説
 適当に手に取った本が面白かったシリーズ。

c0259834_2356772.jpg

『 サッカーの神様をさがして 』 ( はらだ みずきさん / 角川書店 )

 学生時代のサッカー部での出来事を
 少し引きずっている大人が主人公。

 自分の息子がサッカーをするようになって、
 自分がやっていた頃のことも色々思い出し、

 少しずつサッカー部での色々な出来事が明らかになっていく。

 最後は、正直言うと、そんなうまくいくかい!って言いたくなってしまう
 コテコテの展開でしたが、

 実際は、そんなコテコテの展開を期待して読んでいたりするんだから、
 嬉しいコテコテの展開です。


 面白かったです。

 はらだみずきさん、知りませんでしたが、サッカー関係の物語を多く書かれているようです。

 実は、これを読んだあと、何冊もどさっと借りて来て読みました。

 小学生のサッカーチームを題材にした、
 子供の習い事とどんな風に向き合うべきかを考えさせられる
『 ここからはじまる 』 ( 新潮社 )

 中年の草サッカーを題材にした、
 自分もサッカーやりたくなるどころか人生について考えさせられる、
『 スパイクを買いに 』 ( 角川書店 )

 いずれも、面白かったです。

 サッカー関係なく、子供に習い事をさせているかたには、
 どちらも読んでみてほしいなと思うものでした。

 外野が期待してごちゃごちゃ言うんじゃない!ってね。

 軽く読みやすいので、お勧めです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-11-08 00:09 | 人生を豊かにする読書 | Comments(2)
最近の大学祭は楽し過ぎるんじゃないかと思う件
 近くの大学祭(愛知産業大学・原山祭)に行ってきました。

c0259834_23253066.jpg

 なにやら、ちびっ子向けの体験イベントがありますよ的な
 手作り感満載なチラシを小学校でもらってきたみたいで。

 到着するや否や、
 さっそく、泥だんご作りをやり始めた息子(6歳)

c0259834_23275826.jpg

 もう、来る前から泥だんごを一番にやる、って決めていた。
( 以前お姉ちゃんだけがやったのが、羨ましかったらしい )

 着色した漆喰で。
 結構簡単にテカテカになりました。

 お姉ちゃんは、プラ板工作とか。

c0259834_23294694.jpg

 ほかにも、石膏手形とか、スライム作るとか、いくつか子供向けブースがありました。

 てっきり、保育とか教育とかそういう系の学部があるのかと思っていたんですが、
 そうではなかった。

 魚釣りゲームとかね、フワフワ遊具とかあって、子供たちは楽しんでましたよ。

 1回100円とかで。でもあんまりお客さんもいなくて、フワフワも貸し切り状態だったし。
 飲食の模擬店も、
 おでんの屋台があったり、パンを焼いていたり!
 かなり本格的でした。

 綿菓子作る機械とか、クレープ作る機械とか、自分の学生時代にレンタルしたものも、
 レンタル代回収できるかヒヤヒヤしていた記憶がありますが、
 予算の心配をしてしまうほどの充実ぶりでした。

 建築とか造形デザインとか、そういう勉強をしているのかな?(よく知らなくて申し訳ない)

 段ボールで作った遊具というのが、たくさんあって、
 また凄かった。

c0259834_23385952.jpg

 こんな、滑り台になってるものがいくつもありました。

 こちらは、クジラ。

c0259834_23394154.jpg

c0259834_23421688.jpg

 大事に持っていた泥だんごを、
 背中の穴から出して

『 はなくそ~ 』

 って言ってました。

 間違ってない。鼻やもんな。

 それにしても、オープンキャンパスで中高生に大学紹介するのならまだしも、
 ちびっ子を楽しませてくれるブースが沢山で、
 意図は分かりませんが、楽しかったです。

 大学って面白そう!っていうふうにはお姉ちゃんは思ったみたい。

 色んな世代、色んなことをしている人との接点を持てるように
 仕向けていきたいと思っています。

 そうそう、魚釣りゲームでお姉ちゃんがミニ四駆をゲット。

 子供たちだけで結構頑張って組み立ててました。

 箱に入っていたものをそのまま組み立てただけですが、
 コース走らせてみたくなりますよね。

 近くのコースも調べてしまいました。まだ行けてませんが、
 現在体調崩し中の弟君が元気になったら一度行ってみたいと思っています。
 そして、ついつい自分の分も、お姉ちゃんの分も、車体買っちゃって、
 カスタムパーツも買っちゃって・・・って未来が見えるようです(笑)


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-11-07 23:51 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
こういうのこそ、展覧会のあるべき姿だと思う。
 文化の日、よりも前だった気がするんですが、
 子供の図工の授業で作った作品展示を見に行ってきました。

 なんと、市内の小中学校の全生徒の全作品が、
 土日の間、ひとつの公園敷地内にどわーーーっと
 展示されるんです。

 それはそれは、壮観です。

c0259834_23431014.jpg

 学校ごとに場所が割り振られるのですが、毎年場所が変わるので、
 今年はどの辺りか、ってきちんと分かっていないと、とても探せません。

 選ばれた入選作品だけが展示される、という展覧会にはね、
 選ばれた子供と家族しか見に行かないでしょ?

 これは、本当に、みーーーんなの作品が並んでいるので、
 見に行こうかなって気になる訳です。

 だから、本当に、賑わってます。
 近くは渋滞、普段はそこそこ空いている駐車場も満車で近隣の臨時駐車場も一杯。
 便乗して出店まで出ちゃうっていう状態。

 ウチの子(お姉ちゃん)も、自分の作品が展示されているのを見たいって、
 まず見に行きましたけど、

 他の学校の、違う学年の作品とか、
 色々、体験していない工作の作品がたっくさん並んでいるので、
 見ていて飽きないというか、
 あれもやりたいねこれもやりたいね、
 すごい上手だね、すごい工夫してるね、なんて、
 ほーんと、楽しかった。

c0259834_23432953.jpg

 雨降ったらどうなるんだろう、って思っちゃいますね。
 どうなるんでしょう。

 土日の間展示するために、
 金曜の搬入と、月曜の搬出を、何人かの先生と、保護者でやるんです。

 僕も去年会社は有休とって、準備に参加しました。
 今年は妻が、片付けに行きました。

 ものすごい数の先生、保護者の協力があってこそ、実現できている展示会だと思うんですね。
 こんなのが、もう50年も続いているんだってさ!すげー。

 壁に掛けられるような作品ばかりじゃないですからね。
 一人40cm四方くらいの立体造形もあれば、
 粘土細工もあり、陶器もありで、

 ほんの少しの不注意で壊れてしまうんじゃないかというのも、色々ある訳です。

 それでも、そんな、子供たちのひとつひとつの作品を、壊さないように、保護者のかたたちが
 みんなで大事に扱って、並べたり撤収したり、してくれているんですよね~。

 教科書には色々な作品が載っていたりしますが、
 生で色々な作品を目にできるってのはすごく刺激的だと思いました。

 展示方法も長年の間に少しずつ進歩してきたんだろうなあと思います。
 杭打ったりパネル立てたり机並べたり、準備と撤収は本当に大変ですが、
 これからも毎年雨に当たらず開催できると良いなぁと思います。

c0259834_23433962.jpg

 グラウンド的広場だけでは場所が足りないので、
 林のような斜面まで展示空間になっているのです。

 実は、幼稚園の遠足で行く公園。何度も行っているんですが、結構広くて
 奥まで行ったことがありません(笑)
 子供たちが中学卒業するまでのあと9年の間には、奥まで展示の準備に行ったり
 見に行くこともあるだろうな。ちょっと楽しみ。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-11-07 00:10 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
ハロウィンの意味が分からないまま、
 ハロウィンって、一体もともとはどんな意味のある行事なのか知らないんですけど

 なんか、ここ数年で急激に、みんなが参加するイベントとなってきたような気がしますよね。

 とは言っても、ウチは別に仮装とかしないから
 ウチには関係ないな、とか思ってたんですが、

 ある日帰ったら、こうなってた。

c0259834_2210363.jpg

 息子(6さい、年長)が、カボチャに折り紙で飾り付けしたらしい。

 ん~、こういうのは、良いね!

 と思っていたら、

 新しいイベントに首を突っ込むタイプではないと思っていたが、

ハロウィンだし、カボチャ料理するよ~ 』 って。

 驚いた。
 人は、よく知っているようでも全てを知ることはできないだろうし、
 そもそも変わっていくし、面白いですね~。

 せっかく飾り付けしたのに!と息子は抵抗していましたが、
 甲斐なくカボチャの調理が始まりました。

 ところが、特に面白味のない、単なるカボチャ料理になりそうだったので、
 ちょっとは子供たちが面白がるように、
 カボチャを切りました。

 で、トマト鍋に浮かぶカボチャお化けになりました。

c0259834_22313575.jpg

 蓋を開け、写真撮ったら10秒後には子供たちの手によって、
 お化けがただのカボチャに切り分けられました。

 顔切った時は、この程度。

c0259834_22103051.jpg

 目も口もくり抜かないほうが崩れないんじゃない?という妻の忠告を聞いたお陰で、
 まぁまぁの出来になたのではないかと。


 我が家は、あとは、娘(3年生)が、マントを羽織った仮装してバレエ教室に行ったくらい。

 顔にカボチャの絵を描いて(なんと妻が!)、
 口から流血したような血を口の周りに描いていったそうですけれど(水性のサインペンで!)
 写真もないので、実際どんな感じだったのか分からないのですけれども。

 
 さて、結局ハロウィンとは何の行事だったのか、調べてみますか。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-11-01 22:28 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(4)