「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
おきてがみ
初スキー!
 今年は雪が少ないみたいですが、
 初スキーに行ってきました。

c0259834_19143247.jpg

 ホームゲレンデにしていた平谷高原は雪不足でクローズだったため、
 お隣の治部坂高原へ。

 こちらも、リフトは1基しか動いておらず、
 滑れるコースは1本のみ。

 コースに降雪機で頑張った雪があるだけで、
 リフトの下には雪がない。

c0259834_19145042.jpg

 この季節にここまで雪が少ないとは。

c0259834_19145953.jpg

 リフト右手奥の、上のコースはほとんど地肌でした。

 明日は上のコースも滑れるみたいなので、
 行ってみますね~。

c0259834_19151252.jpg

 2日前こんな様子でしたが、大丈夫なんだろうか。
 少し気温が下がったみたいなので、頑張って降雪機で整備してくれたんでしょうね~。
 有り難いものです。

 去年お姉ちゃんが来ていたウェアを弟が着て。
 成長を感じます。

 ひとりで滑り、転んでも一人で起き上がって滑る、幼稚園児。

 たくましい。
 
 来シーズンは小学生だから、リフト無料も今シーズンまで。
 いっぱい滑りたいね~。

c0259834_19152374.jpg

 ちなみに、コースは1本だけのオープンだったので、
 お客さんも少なかったですね。
 リフト待ちは終日なかったです。

 車に戻って、やかんで沸かしたお湯で、休憩。
 お家で沸かしたお湯を水筒に入れておくと、すぐに温められます。

c0259834_19153452.jpg

 が、「 駐車場での飲食はご遠慮ください 」 って書いてあったよ!と、
 娘が見たらしい。

 そ、そうだった?気付かなかったよ。

 スキー場が経営していけるようにね、ちゃんとレストラン使ってあげないとね。
 君たちが小さい頃は、寒いだろうから、ちゃんとレストランで食事も休憩もしていたよ。

 駐車場飲食は、明日はやめますね~。

 駐車場でお湯沸かして、車内で飲食しようと(笑)。

 いや、そのくらいの庶民の努力は認めて頂いて、
 持ちつ持たれつで、いきましょう、スキー場さん。

 奥美濃のスキー場は同様にリフト少ししか動いてなかったみたいですが、
 大混雑だったとか。
 宿泊施設が周りにあるようなスキー場は、こういうときでも混んじゃうのかもですね。

 日帰り客メインのスキー場のほうが、空いているのかもしれません。

 とはいえ、奥美濃は混んでるかも、ということで明日は治部坂も混むかもしれませんが、
 そう予想はしていても、
 行きますから~。

 明日も楽しんできます!


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-29 19:29 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(10)
年賀文字2016
 あけましておめでとうの文字を、年賀状用に書きました。

 やっと(笑)

c0259834_6531748.gif

 背景を透過にしたGIFなので、写真の上にも重ねられます。
 もし、まだ年賀状印刷がこれからのかたで、
 気に入って頂けるかたがいらっしゃいましたら、ご自由に印刷してご使用ください。
 コメントもらえると嬉しいです。
 (※著作権放棄ではありません。印刷利用のみの許諾です。別の場所での頒布・販売はお断りします。)

 2017年にも同じようなことを。
 もう少し可愛い文字が良いかたは、こちらもご覧ください。

 あと、
 僕からの年賀状はこれでいきますので、同じかよ!とか思わないでね~。
 こうやって、描いた文字を背景透過GIFファイルにする方法とか、そういうのもアップしたら需要あるかな?

 何か誰かの役に立てると思うと嬉しいですね。
 来年も一年無事に笑って過ごしたいな。

c0259834_6532720.gif


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-29 06:57 | 己書作品集 | Comments(0)
娘とサンタとコンサート
 素敵なコンサートのチケットを頂きまして、
 娘とデートしてきました。

c0259834_051388.jpg

 石井竜也さんと、Anointed Mass Choirというゴスペルのコンサート。

c0259834_0522296.jpg

 いやもう、僕は嬉しくって嬉しくって。
 米米CLUBはよく聴いたなぁ。
 石井竜也さんは、絵もすごく上手だしなんかすげーなって憧れてしまう存在。
 真面目な歌も好きだけれど、ふざけた歌も大好きです。

 でも、
 それより何より、動きというか姿勢というか、スタイルというのか、
 なんと表現していいのか分からないけれど、
 ちょっとした動きの格好良さが抜群だと思っている。

 生で見られるって超嬉しくて、
 娘にも 「君がいるだけで」 「浪漫飛行」 は動画で予習させる(笑)
 いや、でも、車でもかけてたことある曲だったね~。

 そして、
 娘と二人、電車で名古屋へ。

 娘は、電車の乗り換え待ちのわずかな時間にも、読書。
 正真正銘の本好き娘。

c0259834_0514915.jpg

 開演待ちの間にも、娘は隣で本読んでました。

c0259834_0542387.jpg

 写真はここまで。

 やっぱり生で見るのは何でも良いですね。

 開演するや否や、ゴスペルの迫力に、娘はかぶり付き。
 想像以上の迫力に、心動かされていた模様。

 そして
 石井竜也さん、当然ですが歌もうまいし、
 トークも面白い。

 娘も大笑いしながらトーク聞いていましたし、
 ちゃんと歌ってもらえた代表曲2曲は (予習した甲斐あって) 一緒に歌えました。

 でもね、
 クリスマスの思い出、という感じのトークでは、

 面白かったんだけど、

『 夜中にこそーっと部屋に入ってきてプレゼントを置いていくのを見付かった
 父親の苦しい言い訳

 のお話は、

 サンタクロースの存在をまだ信じている娘と並んでいる僕には、
 ドキドキしちゃう内容でした。

 どういう意味?とか娘に聞かれたら、なんて答えよう、とか、
 意識が半分くらいもってかれましたね(笑)

 結局、娘からは何も聞かれませんでしたけれど。
 そんな娘も3年生。
 そういうなんとなく、疑わしいような大人の会話から、
 少しずつサンタの存在を怪しんで、いないのか、
 とショックを受けない気付き方をしていってくれると良いのだけれど。

 さて、そろそろ我が家のお父サンタも出勤して、

 寝ます。

 おやすみなさい。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-25 01:16 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(2)
ゆらめくキャンドルの炎(のようなライト)で気持ちあたたかに
 置物のスノーマンが持ってるランタンの籠に、ライトを入れました。

 何年もずっと空っぽで、もったいないなあと思っていたんです。

 キャンドル入れたら良い雰囲気だろうな、って思ってたんですけど、
 キャンドル風ライトを入れたくて。

c0259834_23524886.jpg

 でも、一辺が5cmないくらいなので、なかなか良いサイズのが見付からなかったんですよね。
 できればランダムに点滅して揺らめいている雰囲気になるのが、
 安く手に入らないかなと、思っていたんです。

 そうしたら、クリスマス前だというのに、早くも値下げして売られているのを発見。
 54円で買えました。

c0259834_23525849.jpg

 こんなの。
 安いからって、4個も買ってしまったから、こういうのは妻に怒られるんだな。

 ちょうど、スノーマンのランタン籠に入るな、って思って買ったんですが、
 扉が一回り小さかったお蔭で、
 力いっぱい押しこもうとしても、無理な物は無理。

 仕方がないので、切りました。

c0259834_23532662.jpg

 そう、中身は結構スカスカです。
 この位切っただけで、楽に入れられるようになりました。

 ただ、切った場所は丁度何にも当たらない良い場所だった。
 運を使い果たした感じです(笑)

 でもね、スイッチを入れたり切ったり、
 僕がやってるので、

 帰宅してスイッチON、寝る前にOFF・・・

 あ、自分しか見てない(苦笑)

c0259834_23533651.jpg

 でも、ライトなのに、ゆらめくオレンジの光は炎のようで、温かい気持ちになります。

 これ、いいわ。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-23 00:05 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(0)
「日課がございまして。」
 とんでもなく素晴らしいものが、我が家にやってきました。

 僕がお気に入りで愛用しているカードホルダーを作ってくださった、
 8390-WORKSさんこと、よっかわいさんからの小包だ!

 もう、この包装からして、センス抜群で、写真撮っちゃう。

c0259834_232935100.jpg

 そして中から出てきたのは~、

 じゃじゃーん!

 木の実を使ったウォールデコ!
( 8390-WORKSさんのウォールデコ記事は こちら などをご参照ください。)

c0259834_22573939.jpg

 もう、格好良過ぎです!

 さっそく玄関に飾らせて頂きました。
 ウチの玄関は、季節のディスプレイのほかに、子供たちの作品も並んでいたりするので、
 それはもう賑やかですけれど(笑)
 そんな中にディスプレイして、申し訳ない気持ちも多少湧きつつ。

 でも、
 素敵なのに派手過ぎず、一年中飾っていても飽きがこない感じのデザインで、もう、感動です。


 自分もやってみたくなるけれど、
 こんなに色んな種類の木の実、近所で見たことないなぁ。

 山歩きに行きたくなったね、と子供と会話を交わす

 いいんじゃない?

 たとえ何種類か拾ってきたとしても、
 こんなに素敵には配置できんだろうけど、
 楽しそうだよね。
 とりあえず、拾ったもんで作ってみるの楽しそうだからやりたいなと思う。

 木のエージング加工というか、これどうやってやるんだろう。
 あぁ、よっかわいさんのワークショップ参加したい。

 そのうち、だな。


 そうそう
 実は、
 なんと、

 もうひとつ、別のものが一緒に梱包されていた!!!


 それが、これだー!!

 じゃじゃじゃじゃーーーーーーん!!

c0259834_23850100.jpg

 どーん!
 すち子のアメちゃんっ!

 もう、届いた箱を開けて、これが目に入ったとたん、
 ウチの娘、もろ手を挙げて、喜びましたからね!

『 やったー!』 って。

 どのくらいの喜びようか、上手に伝えられないのがもどかしいくらいです。

 ウチの娘 (小3) 、バレエ教室が楽しくて仕方なくて、
 最近興味があるのはオシャレ。

 そんな娘ですが、
 小学校へハブラシとかマスクとか入れて持って行くのに使っている巾着袋は、これ。


c0259834_23125860.jpg

 分かっていただけますか?

 まぁ、父親の影響で、ウチの娘、息子はよしもと新喜劇の大ファンな訳でして。


 とりあえず、並べて写真撮っといた。

c0259834_2314860.jpg

 よっかわいさん、ありがとうございました!

 ほとんど、子供たちのお腹におさまりました。


 どんなことに幸せを感じられるか、これが親の影響以外だとしたら何だと言うんだろう。
 親の影響以外にない。
 要するに、子供が幸せな人生を歩めるかどうか、つまり、子供が幸せを感じられるかどうか、は
 親の行動にかかってるんですよね~。

 そう、すち子の飴ちゃん見て、父親が大喜びしてたら、子供も喜ぶでしょ(笑)ってこと。
 簡単簡単。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-21 23:28 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
熱中するから上達するのかな。
 お姉ちゃん(小3)が、お人形を作りました。

 休日に、弟とママが昼寝している間に、せっせと一人で縫ったらしいです。

 僕はいなかったので、現場を見ていない (というか、本人しか見ていない) んですけど、

 一人で黙々と集中している姿が浮かびます。

 学校でお裁縫をやるのは4年生かららしいので、彼女はまだお裁縫道具を持っていません。
 ママのを持ち出して、頑張ったみたいですね~。

c0259834_22121870.jpg

 球留めが丸見えだし、縫い目も超不揃いで、
 不格好なんだけれど、

 授業で習ったりしていない割には、よくやったよなぁ、と思いまして。

 ちゃんと綿も詰めてあって。

 僕の実家に行くと、おばあちゃん (僕の母) にいつもお裁縫を教えてもらっていたお姉ちゃん。
 面倒くさがらずに教えてくれていた母のお蔭だなぁ。


 それにしても、ただの直線縫いで布をつなぎ合わせたり、袋を作ったりしていただけのはずが、
 ひとりで、
 自分なりにアレンジして、フエルトでお人形。頑張りました。

 そう言えば、
 僕も、小学3年生の頃、フエルト人形を縫って作りたいと母に言い、
 下書きをして、フエルトを切って、
 さぁ、縫うのを教えてもらおうと思っていたところで、

 多分、その日は時間切れだったんだろうなぁ。
 朝起きると、だったか、翌日学校から帰ってみると、だったか、
 母親の手によって、完成させられていて、すごく残念な気持ちになったのを覚えています。

 そりゃ、上手にできていましたけど、自分でやりたかったんだよな、って。

 あれは、ジーパンを穿いたウサギでした。母は覚えているかなぁ。
 懐かしいことを思い出しました。



 一方、いつも起きたらせっせと広告を丸めて棒にする弟くん (年長)。

 変わった銃を作ってました。

c0259834_22122965.jpg

「 カメレオンみたいやな 」 って言ったら

「 どこが? 」 って聞かれた。

 反対側も同じようになってました。

c0259834_22124175.jpg

 こういう芸が細かいところも僕好みです。

 何かに夢中になって、得意が増えていくのはとても良いことですよね~。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-18 22:41 | 子供たちの作品 | Comments(6)
見た目は大事。
 みなさんは、占いを信じますか?気にしますか?

 僕は、実は気にしません。
 なので、正直占いには興味はありません。

 でも、「 占い 」 というものが、この世の中には存在する意味は、
 確かにある。必要なものだ、と、強く思います。

 そう思うようになったのは、これを読んだから。

c0259834_23173078.jpg

『 大仏男 』 ( 原 宏一 さん / 実業之日本社 )

 売れないお笑い芸人が、
 ひょんなことから、ネタとしてやっていた占い師と客の設定で、
 街頭で占い屋とサクラをやってみた。

 そうしたら、なんともよく当たる占い師、ということで、
 口コミで大騒ぎ、有名になっていく。

 インチキ占い師の手口を利用していたはずが、
 いつのまにか、きちんと相談者の悩みを聞き出して、
 心の苦しみを取り除いてあげることができるようになっていく、
 というような、
 綺麗事のストーリーを書きだすと、こんな感じ (じゃなかったかな)。

 占いが好きな人もそうじゃない人も、読んでみると価値観変わるかも。

 大仏風容貌を持つ主人公。
 占い師っぽい服装を着て、それっぽい話し方をして、
 そうすることで、安心してもらえるだけでなく、

 実は自分が一番その気になれるという。
 そういうことを、読者に気付かせてくれます。




 事実と違うことを念じていると、脳はそれを正しいと思う理由を探し始めるというしね。
「 自分は今日も幸せだ 」 と思っていれば、幸せなことを脳が勝手に見付けてくれるらしい。
 いいね、それ!
 あ、こんなことは、この本には書いてないけどね。

 それにしても、
 しばらく更新できていなかったので、
 その間にたくさん本を読みました。

 長時間の電車通勤って幸せだなぁって思います。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-15 23:34 | 人生を豊かにする読書 | Comments(2)
講演デビュー
 先日、貴重な機会を頂きまして、
『 お父さんの子育て参加 』 と題された企画で、

 なんと1時間もしゃべらせてもらいました。

c0259834_23295947.jpg

 男性の子育てに関連した企画を計画されていた、
( おそらく ) 女性ばかりで運営されている子育て支援サークルさんが、

 お友達だというだけのご縁で、僕に 『 何かやってくれませんか 』 と
 お話を持ってきてくれていたのでした。

 もしかしたら、本音は
『 何か良さげなイベントの案を考えて 』 ということだったかもしれませんが(笑)

やります!しゃべっていいんですか? 』 と即答。

 例えば、

 学芸会の配役決めで、

「 誰か主役をやりたい子はいるかな?」 なんて先生に聞かれたり、

 街で大道芸人に、

「 誰か前に来てお手伝いしてほしいんだけれど 」 なんて言われたり、

 子供たちがそういう状況に出遭ったとき、

『 はいはいはい!』 って元気良く手を挙げるような、積極的な子に育って欲しいと思いません?

 僕は、せっかくのチャンスを黙って見逃すんじゃなくて、
 しっかり掴みに行くような子に育って欲しいと思っているので、

 僕も見本となるべく、せっかくのお誘いにしっかり乗らせて頂いた次第でございます。

 なーんて、

 ただの目立ちたがり屋というか、
 人前で話をするのは大好きなだけ、なんですけど。

 だってね~、
 自分の話を聞いてもらえるって、すごく幸せですよ。
 一人の相手が話を聞いてくれるだけでも幸せなのに、
 複数の人が聞いてくれるなら、一人が聞いてくれるのの何倍も幸せってことじゃないですか!

c0259834_23495831.jpg

 ということで、自分がこれまで子育てで感じたこと、
 こんな風に思って子供と接してきたよ、というようなことを、振り返りつつ、
 お話させて頂きました。

c0259834_0173986.jpg

 写真があったら良かったのですが、
 完全にお願いするの忘れていたので、

 文脈と関係なく、使ったスライドを挙げていっています。

 今回、まだ小さなお子さんの子育て中というお父さん向けでお話させて頂くということで、
 ウチの子供たちが小さい頃の写真を、振り返ってみました。

 まずは、自分のような未熟な人間が父親になっていいのかな、と不安に思っていたことや、
 とにかく寝付いてくれなかった娘のこと、などなど、色々思い出しました。

c0259834_0212220.jpg

 妻は、眠いのを堪えて起きていても、授乳中ほかのことしてあやすことできない訳ですよ。

 でもね、僕ら男は、授乳しなくていいから、
 授乳中は寝ていられる。
 そして、
 オムツ換えたり抱っこしたりしながらでも、話しかけたり歌を歌ってあげたり、できるんですよね。

 だから、頑張りさえすれば、赤ちゃんが気持ち良くなれることを、ほとんどやってあげられる。

c0259834_0324777.jpg

 なんてね~、今だから言えるけど、
 当時はやっぱり辛かったですよ。

 でも、そんな僕を救ってくれたのは、『 うちの三姉妹 』 だったなぁ。
 子育てはネタの連続だから、笑って楽しまないと!という気持ちにすごくなれて、
 すごく救われた。

 こんな話もしたかったのだけれど、
 話したいことが盛りだくさん過ぎて、話せませんでした。

 でも、そんな僕のためにブログという手段がある。多分。
 だから、
 今、「 あぁ、あれも話したかったなぁ 」 と思うことは、今度ブログネタにすればいいんだよね。

 ああ、幸せ~。

 あ、あと、本当は、子供を連れていく予定はなかったんですが、
 娘が付いていきたいと言ったので、娘も会場で僕の話を聞いている、という、
 不思議な状態でした。

 で、「 この子はもう覚えていないんでしょうけれど 」
 三つ子の魂百までって言うし、
 父親がずっと抱っこしてくれたことをきっと覚えていて、
 自分が母親になった時も、抱っこしまくってくれる母親になってくれると信じて、抱っこしてました。

 なんて話したら、帰ってから、「 覚えてるよ 」 と言ってくれました。
 まぁ、本当に赤ん坊の頃は覚えてないと思うけど(笑)
 感謝はしてくれているということだろうと思います。

 大した内容ではないんですけれど、
 こんな感じでシグノート風に文字を入れてね~、ちょっと格好良くないかと自己満足。

c0259834_028883.jpg

 公園に出掛けたら、元気にお友達の輪に入っていける子になってほしいですよね。
 そんなことお母さんの前であんなこと言ったらドン引きだろってことも言ってしまったけれど(笑)

c0259834_030344.jpg

c0259834_0301729.jpg

 それでも、色々若いお父さんに聞いてもらえたら嬉しいな、ということを、聞いてもらうことが出来ました。

 ブログもいいけれど、生で聞いてもらえるって、本当に幸せですね~。
「 良い話聞けました~ 」 なんて言ってもらえたりしてねー。

 本当に、素敵な機会を頂いたことを感謝しております。

 当日用意したスライドは最後までいかず、使われなかったスライド。

c0259834_0395659.jpg

 そうして、参加してくださったお父さん、お母さんたち、ご清聴ありがとうございました。
 それから、随分前からお話を頂いていたのに、
 どんな風に時間をつかってもOK、何を話してくれてもOK、と、
 とても寛容にお任せ頂いてありがとうございました。

 楽しかった!
 でも、言えなかったことも沢山!
 ブログに書くぞ~。
 やりたいことがたくさんあって楽し過ぎる~!



画像使用について
[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-15 00:53 | 父育ち(子育て) | Comments(4)