<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
おきてがみ
家族ってやっぱり特別です。
 家族を思い遣る気持ちというものは、どんなものなのか、

 全くの赤の他人が
 あの家庭ではどうだったんだろう、
 何を望んでいるんだろう、

 と、想像して、
 分かってあげることがどれだけできるでしょうか。

 ある家族の感情と行動とに向き合うことを余儀なくされる他人の物語

c0259834_23072650.jpg


『 家族 』 ( 小杉 健治 さん / 双葉文庫 )

 ホームレスによる居直り強盗で、認知症のおばあさんが殺害されてしまうという事件をめぐり、
 裁判員制度のもと、裁判が行われることになりました。

 裁判員に選出されたことで、
 会社の大事な局面でプロジェクト担当を外されてしまった会社員、
 正社員登用のチャンスなので裁判に参加したくない非正規雇用労働者、
 など、裁判に真剣に向き合う気のない裁判員が、実際は選ばれてしまう。

 また、自身が認知症の母親を介護している女性など、

 色々な面々が裁判員として、裁判に当たります。

 裁判員制度による裁判というのがどんな風に進んでいくのか、勉強になります。
 正直、怖いです。

 お膳立てされた舞台で、本当に真実に近づけるのか、犯罪を正当に捌けるのか、
 ドキドキします。

 殺害された老女の息子による嘱託殺人の疑いを持った裁判員。
 検察側と弁護側の表現が違い過ぎて、容疑者の真の人柄が分からない。
 情状酌量の余地が十分にあるという流れの中、明らかな殺意を持って殺害したと繰り返す容疑者の真意は?

 裁判員一同、
 家族を思い遣る気持ちが生んでしまった犯罪だという結論に至り、
 最も軽い刑期がふさわしいと裁判員全員の感情が一致しますが、

 裁判員全員の意思で
 無期懲役という重い判決が下されます。

 こんな優しさって、、、と、切なくなること複数回。

 優しいお母さん、
 優しい知人、
 優しい裁判員、

 じっくり味わってほしいなと思います。

 切ないですが、良い話でした。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-26 23:53 | 人生を豊かにする読書 | Comments(0)
香水瓶WALKMANの電池交換でようやくヒムロック浸り
 携帯音楽プレイヤーのバッテリーが寿命だったので、交換しました。
 SONYのWalkman(多分形式はNW-E407)なんですが、

 充電しようとしても、30秒くらいで ” FULL ” の表示になっちゃって、
 聴けるには聴けるけど、20分くらいでバッテリー切れ。
 要するに、充電できなくなっていた、という訳。

 なので、分解して、バッテリーを交換しました。

 簡単に見付かる2本のネジを外すだけで、分解できます。

c0259834_23090378.jpg

 古くて裏の表示とか全て剥がれて読めなくなっているので、形式名も分からなかったけれど、

『 WALKMAN 丸い 』 とか検索してたら見付かった。
 どうやら 『 WALKMAN 香水瓶 』 という表現が、
 このタイプを表す共通語になっていたらしい。

 どうでも良いけど、僕もこのデザインは気に入っている。

 そして、形式名と 『 バッテリー 交換 』 とかで検索すると、
 自分でやっちゃえ!なノリの情報がすぐ見付かるすごい時代。
 動画でね!すごいな。
 感謝です。
 ついでにパーツ購入できるお店も分かるという親切な感じ。
 完全に誘導されているけれど、他に買えそうになかったから、買いましたよ。

 左が購入して、届いたバッテリー。右が、寿命を迎えたバッテリー。
 右のは、膨らんで分厚くなってました。いかにも、ダメになった電池。
 買って良かった。

c0259834_23090401.jpg

 本体とバッテリーはコネクタでつなぐんですが、見ての通り、そのコードが、長くなってる。
 作業はしやすいですが、少し邪魔なので、干渉しないように気を付けてカバーを取り付け直します。

 バッテリーつないだら、すぐに表示が出て、ちょっと感動!
 
c0259834_23090486.jpg

 ということで、氷室さん聴いてまーす。

 そうそう、結局、このバッテリー購入に、送料込みで2800円程。
 3000円出すと安~いプレイヤー買えるんだよなあと気が付いて、
 30分ほど迷いましたが、
 バッテリー交換にしておいて良かった、と思います。
 使いにくいものや日本語表示できないものとか、買っても仕方ないもんね。

 作業は5分くらいでした。
 15分の時間と精密ドライバーがあれば誰でもできると思います。


 ただ、小さいやんちゃ坊主のいる家庭では、
 精密ドライバーは子供の手の届かないところにしまってください。
 刺さると色々痛いです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-25 23:34 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(4)
「びっくりビック」相手が代われば見方が代わるを感じる絵本。
 なぜか息子が気に入って、
『 欲しいから買って 』 とせがまれました。

c0259834_22562696.jpg


『 びっくりビック 』 ( ふせ わかこさん / 福音館書店 )

 誰かを驚かすのが大好きで、驚かさないとストレスでやせ細ってしまうという
 困った迷惑ネコ。

 警察に逮捕されますが、
 いろいろあって、
 署長さんの計らいで、ある家に行くように言われます。

 なんとなく、途中で 「 もしかして・・・ 」 と大人にはオチが読めるストーリーでしたが、

 子供心にとても良い話だと思えたのではないか、と。

 あと、絵。この、なんとも言えないとぼけた下手巧(へたうま)系の絵は、
 そういえば、息子が好きなタイプの絵。


 本を欲しいと言うのは1年に1回あるかないかなので、
 買ってあげようと思いましたが、

 この本、今手に入りません。

 ということで、
 某オークションサイトで落札してしまいました。親バカ?
 定価と比べるとかなり高かったですが、気に入った本一冊に支払う値段としては高くないかな、と。

 でもね、とても喜んでいて、
 僕が帰宅したら、ものすごく上手に読んで聞かせてくれました。

 自分の好きな事が役に立つ場所・相手に出会えたことで助け合えるようになる、という、
 素敵なお話です。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-24 23:11 | 子供と読む本 | Comments(6)
小学校の授業参観で気にするポイント
 小学1年生と4年生になった子供たちの授業参観に行ってきました。

 授業参観では、

・ 子供たちの学校での様子

 だけではなく

・ 先生の授業の進め方

 を見るのを楽しみにしています。

 どうやって子供の興味・関心を持続させているのか
 どうやって説明しているのか、
 どのくらいの時間を与えることが必要なのか

 ということは、やっぱり日々子供たちを見てくれている先生のほうが、
 よく分かっていらっしゃると思うので、
 とても参考になります。

 ついつい、
 家では子供を急かしてしまいますからね。


 さて、とりあえず朝、息子(1年生)は、元気に自分の足で歩いて登校していく姿を見るのが初めて。
 入学式の松葉杖は何だったんだ、と言う程の快復っぷりで、本当にホッとしました。

c0259834_22222694.jpg

 授業中は、終始両手を机の上に出さないくらいの大人しい感じで、
 何事もノリノリのお姉ちゃんとはタイプが違うなと感じましたが、
 ちゃんと前は向いていたし、心は参加しているなと思えたので安心。

 先生はベテランで、授業もとても上手。

 でもね、
 必死にみんなに挙手して参加させようとしている担任の先生の計らいに応えることはなく、
 挙手は一度もありませんでした(>_<)
 やってることの意味が分かって風じゃなかったので
 心配はしてないんですけど、

 授業の上手な先生だから良いだけで、

 先生のノリが良くなるか、どんどん面白い授業になっていくかどうかってのは、
 君たちのノリにかかってるんだよ!
 反応の良い生徒になってノリノリじゃないと、楽しめなくなるぜ!

 と、これから伝えていきたいと思います。

 一方、
 4年生になったお姉ちゃん、
 ちゃーんと真面目に授業に参加。
 しっかり挙手もして、楽しそうでした。

c0259834_21595574.jpg

 先生の授業もとても工夫されていて、
 学習内容だけを伝えるのではなく、ちゃんと導入部分にしっかり時間を割いて、
 全員の興味を惹きつけておいてから、いつのまにか大事なところの説明に入っている、という感じ。
 とても好感もてました。
 ツカミが上手。これは見習いたいなぁ。

 こちらは新任の先生だからね、
 これからますます素敵な先生になっていくんだよ。
 そして、先生を育てるのは子供たちなんだよと、
 これまでも何度も伝えて来てはいるけれど、
 またお話しておきたいなと思いました。

 まあ、お姉ちゃんはいつもノリノリなので、学習に関係ない導入部分では
 挙手しまくりでニコニコ楽しそうでしたけどね。

 また一年、しっかり学校で色んなことを経験してほしいと思います。

 緊張している初々しい先生を見て、自分も新しいことにチャレンジしていきたいなと思いました。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-24 22:31 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
高山に行くなら人力車をオススメします。
 高山に、行ってきました。
 岐阜県高山市。
 母の実家があったところで、よく帰省して遊んでいた町。

 お墓参りをして、超久し振りの、散策。

 我が家では、高山でみたらしは、鍛冶橋のとこの、『 二四三屋 』 でした。
 もう無くなってるかもと思ってたけれど、まだありました。

c0259834_23502436.jpg

 そして、何度も何度も通った鍛冶橋の足長の前で、記念撮影。
 高山市在住の叔母にも会えて、一緒に。
 なんで男の子はこういうポーズなのか。

c0259834_23502335.jpg

 一般的には高山で 「 橋 」 と言えば、「 中橋 」 なんでしょうけど、
 僕にとっては、高山の 「 橋 」 と言えば、「 鍛冶橋 」 なんで、

 風情のない風景かもしれませんが、
 思い出深い、風景なのです。 ↓

c0259834_00034488.jpg

 とにかく、懐かしい風景でした。

 小学生、中学生の頃、お年玉をもらってウロウロする町が高山だったので、
 本当に、迷子にならないだけの土地勘ありまして、

 かぼちゃやさんがまだある!とか今井文具店!とか、
 資生堂(化粧品屋さんじゃなくて、お土産屋さんの)がなくなってる!とか、
 結構マニアックな事に反応してました。


 そんなですが、久し振りなので古い町並みも歩いて。


 祖父母が亡くなって以来、
 なかなか来られなくなってしまったので、
 せっかくだから観光客気分で人力車に乗ってみよう

c0259834_00094400.jpg

 近寄って行ったんですが、

 値段が見えた途端、半歩下がりました(笑)

 でもまあ、バリバリの観光客のようにお金を使う予定もなかったので、
 交渉の末、
 僕+小学生2人の3人を、大人2人分の値段でお願いし、
 宿泊予定の近くの宿を終点にしてほしい、とお願いして、
( 快諾でした )

 15分の人力車ツアーを体験してきました。

 想像していたより視点が高く、快適でした。
 また、よく知った町、と思っていましたが、
 歴史的価値、歴史的背景など、知らないことを色々聞きながら観光できて、
 とても楽しかったです。

c0259834_23502337.jpg

 特に海外からの観光客のかたの視線を集めまして、
 子供たちに手を振らせていたら、
 結構カメラを向けられて、有名人気分(笑)

 オーストラリアから来たというかたが、コアラの人形を子供たちにくれました。
 子供たち大喜び

 あぁ、こういう所ではサッと渡せるように筆文字作品持ち歩いてなきゃいけなかったなと反省。

 古い町並みや、桜を背景に、写真も撮ってもらえました。

c0259834_00142653.jpg

 後ろを歩いてついてきていた母からみたらし団子をもらいまして、
 人力車に乗ったまま食べました。

 人力車は初体験でしたが、ホント、すごく楽しかったです。
 あれは、みんな乗るべきですね。

 ただ、町並み歩いても途中下車する訳にいきませんので、
 高山に着いたらまず、散策すべきポイントを抑えるために乗る、というコースがオススメです。

 本当に、楽しかったです。

 で、宿にチェックインして、お風呂に入って、
 ご飯です。

 美味しい飛騨牛を頂いてきました。

c0259834_23502338.jpg

c0259834_23502376.jpg

 そうそう、こちらの旅館、色浴衣と呼ばれていましたが、いわゆる旅館の浴衣じゃなくて、
 花火大会に着ていくような ( 変な例えで申し訳ない ) オシャレな浴衣の貸出をしています。

 ウチの娘が着たいといって、借りようとしたんですが、大人サイズしかないということで、
 着られませんでした。残念。

 てかね、寒いから僕もフリース着てましたからね、昼間だというのに。
 浴衣はかなり寒いだろうと思いましたよ。

 さて、ぐっすり眠って、朝ごはんもものすごく美味しかったんですが、
 朝食のお膳の上に、和紙?が掛けてセッティングされていたんですね。

 お花の絵がすこし入っている和紙です。

 僕には、絵のない部分が余白に見える。字を、書きたい衝動に駆られます。

 で、書きました。

c0259834_23502321.jpg

 目の前にあった、須永博士さんというかたの作品まるっとコピー。

 こちらの旅館には、須永博士さんの作品が至るところに飾ってあったんです。
 とても素敵でしたので。

 あとは、まぁ、いつも書いているようなのを。

c0259834_23502356.jpg

c0259834_23502276.jpg


 そして朝食後、朝市へ。

 生憎の天気でお客さんも朝市の店舗もまばら。
 それも残念でしたが、
 匠館とか、宮川沿いの店舗が結構変わっていて、
 ちょっと奥に開けた感じが、
 良くなってるんですけど
「 昔ながら 」 ではなくて、残念でした。
c0259834_23502280.jpg

 子供たちは、お小遣いで何か買いたいと、お土産屋さん巡りをそれなりに楽しみました。

 ふと、下の子( 1年生 ) を見ると、
 川のほうを向いて、何かしゃべってる。

c0259834_00374768.jpg

『 鴨~、カモ~ン 』 と言っていた。

 おっさんか!

 自宅で普通に朝食食べてから、実家へ両親迎えに行き、
 一泊して朝市見て帰路につき、昼には実家に両親を送り届けて
 帰宅するという、慌ただしくはないけど短時間の旅行でしたが、
 懐かしい旅行ができて良かったです。

 母の生家も見てきたしね、
 お墓参りできたし。

 下の子の大けがや、
 上の子の発熱などがあり、当初予定していた宿泊日の前日に連絡して
 予定を一週間ずらすという、( キャンセルが出て泊まれて良かった )
 旅館にはかなりご迷惑をおかけしましたが、

 とても良かったです。

c0259834_23502393.jpg

 また行きたいなと思っています。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-24 00:58 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(2)
静岡駅周辺は、入ってみたくなるお店がたくさんあったのに、それでも、再び訪れてしまったお店。
 二日前に書いたものが飾ってくれていたお店。
 こんな風に、カウンターに座ったお客さんが見えるように、貼ってくれていました~。

c0259834_01234437.jpg

 3日続けてのお酒なので、普段晩酌しない僕にとっては飲み過ぎですから、
 身体に良さそうな酎ハイにしました。

c0259834_01254076.jpg

 そしてこの ↑ の写真で注目してほしいのは、手書きメニューの中央の 『 幸せ 』 の文字。
 さっそく 「 ニコニコ幸せ 」 な文字を採りいれて頂きました!

 そして僕は、大きなハンバーグを食べてきた直後なので、サラダを注文。
 有機野菜たっぷりの、サラダ。飲み屋さんで飲んでるのに身体に良い感じって素敵過ぎます。

c0259834_01302924.jpg

 そして、やっぱり静岡名物を食べておかないとね、
 ということで、黒はんぺんのフライを注文。

c0259834_01323389.jpg

健康居酒屋 しぞ~か 魚to畑さんのフライは、
  住所:〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町13-3 TKビル B1F(地図

 なんと言っても、小麦粉を使っていないというこだわり。
 米粉のフライなんです。 

 本当に、美味しくって楽しくって、調子に乗って書きました。

c0259834_01544700.jpg

 箸袋を見てイカも描いてみたり。

c0259834_01544753.jpg

 そんなこんなしてると、骨のフライをサービスして頂きました!わーい。
 あんまり注文しないで居座ってるのに、恐縮であります。

c0259834_01545968.jpg

c0259834_01551203.jpg

 本当に、素敵なお店でした。
 また静岡に行きたくなっちゃいました。

 これは、今年は大道芸ワールドカップを見に行けってことかな(^-^)

c0259834_01551223.jpg

 魚to畑さん、楽しませて頂きました。本当に美味しいものをたくさん食べられて幸せでした。
 ごちそうさまでした。
 またいつか、ぜひ行きたいと思います。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-23 02:08 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
もはや静岡県民の郷土料理らしいですね。
 静岡県民が何故か大好きで、毎日混んでいるという、ハンバーグレストランに行ってきました。

 その名も 「 さわやか 」

c0259834_23120305.jpg

 平日、夕方、まだ18時を過ぎた頃、
 もう、並んでました。
 3番目だったけど。

 5分ほど待って入店。

 名物というか、定番らしい、『 げんこつハンバーグ 』 を注文。

 丸いハンバーグが出て来てさすがに 「 おぉっ! 」 と思ったよ。

 こんなに丸くて、火が通るのか!?

 とか思ってたら、店員さんが、目の前で半分にカット、
 内側を鉄板に押しつけて、焼いてくれました。

 ペーパーで遮りつつ、ハネる油が治まるのを待ってたら、
 こんな感じ。 

c0259834_23120340.jpg

 普通のハンバーグだね~。

 で、驚いたのは、
 ハンバーグ屋さんだから、
 どのお客さんの目の前にも、同じような鉄板が。

 でも、その客層が、想像とかけ離れていた。
 10代後半から20代前半だろうと思われる女性二人組、がほとんど。
 あと、母娘とか。

 とにかく、ふと気が付いたら、周りは女性ばかりだったんだってば。

 ハンバーグ屋だぞ!ケーキ屋じゃねーぞ!

 なんでスーツ姿の自分が浮いちゃってるんだ~。

 不思議な感覚でした。

 そして、静岡3日目にして、ようやく、お酒飲まずに夕食(^-^)

「 少し赤いくらいが肉汁の美味しい ・・・ 」 とか何とか書いてあったけどさ、

 赤過ぎじゃね?

c0259834_23120335.jpg

 いや、意外と、僕は生肉イケる派なんでね、食べますけど、

 久し振りにユッケ食べてる気分でした(笑)

 ということで、お腹も満たされてしまったのですが、

『 また来ます! 』 とお約束していた、お店に行きました。

健康居酒屋 しぞ~か 魚to畑
  ジャンル:居酒屋
  アクセス:JR東海道新幹線静岡駅南口 徒歩3分
  住所:〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町13-3 TKビル B1F(地図
  周辺のお店:ぐるなびぐるなび 葵区南部・駿河区×居酒屋
  情報掲載日:2016年4月22日


 そしたら、2日前に書いたものが、ちゃんと貼ってあった~!
 飾ってもらえて嬉しい~。

 なんと箸袋まで貼ってあったというのには、面白くて笑ってしまった。

c0259834_23265718.jpg

 嬉し過ぎますね。

 そしてまた美味しく楽しい夜を過ごしましたとさ。
[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-22 23:36 | 他愛のない日記 | Comments(0)
お店の雰囲気には合わないだろうに、飾ってもらえて幸せの巻
 楽しく静岡おでんを食べたあと、
 おでん屋さんで楽しくお話してくれた常連さんのお店に、寄ってみました。

 そうしたら、
 おでん屋でもらってもらったハガキを、もう飾ってくれていた!

c0259834_21525027.jpg

 嬉しいですね~。

『 昨日より笑顔 』
『 なんとかなる なんとでもなる 』はリクエストを頂いて書いたのですが、

 やっぱり文字が少ないのは難しいな~、と、

 いつもの僕風アレンジで、書いてみました。

c0259834_21524987.jpg

「 昨日よりほんのちょっとでも楽しく今日を過ごせたら、
 これからの毎日はどんどん楽しくなってくね 」

 うん、僕っぽい。
 飾ってもらってたので、飾ってもらおうプロジェクトとしてカウントしていいかな。
 最後のも飾っててもらえたら嬉しいなと思う今日この頃。
 だれか確認してきてください。


 大食いを自負する僕でも、( 既におでんと日本酒でお腹一杯で )
 さすがに食べ過ぎた感があり、( 確かこの日はお昼もお弁当2個食べたんだった )
 一品しか注文できませんでしたが、

 とっても素敵な雰囲気のお店でした。

 仲良しの連れの部屋で飲んでる雰囲気。
 おひとりさまですけど(笑)

 本当に気心の知れた仲間と行きたい雰囲気のお店でした。

ハニードリッパー PLUS
ハニードリッパー PLUS
ジャンル:静岡女子会貸切りのお店
アクセス:JR静岡駅北口 徒歩5分
静岡鉄道静岡清水線新静岡駅 徒歩8分
住所:〒420-0033 静岡県静岡市葵区昭和町4-2 エルコーポサンサンビル1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 葵区南部・駿河区×居酒屋
情報掲載日:2016年4月22日

c0259834_21524915.jpg



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-22 22:12 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
気持ちを切り替えよう
 買っちゃいました。

c0259834_20583399.jpg

『 L'EPILOGUE 』 ( 氷室京介さん )

 3歳年上の姉の影響で、聞き始めたBOΦWY。
 解散後も聴いていた氷室京介さん。

 姉と姉の友達が、氷室さんの初めのソロコンサートに行くっていうので、
 僕も連れて行ってもらったのが初めてのコンサート体験でした。

 スタイルというか、姿勢というか、身体の形というか、動きが格好良いなと思っていた。
 カラオケでマイクを持つ時は、小指はマイクの下にしてた。

 最近は聴くこともなかったけれど、
 それでも、頭の中で流れることはよくあった。

 そんな、10代前半でよく聞いていた氷室さんが引退するってね。
 最後らしいので、チケット買いました。

c0259834_21034293.jpg


 でも、正直、行ってる場合かなと、
 思ってしまうような、事情がありまして。
 それで 「CLOUDY HEART」なんか聴いちゃうから、余計厭世的な気分になっちゃってます。

 でもさ、楽しく生きなきゃ生きてても意味ないからね。

 楽しく生きるコツは、楽しむこと。
 だから、楽しまないとね~。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-21 22:00 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
静岡おでん横丁
 出張で静岡宿泊2晩目、
「 静岡おでん 」 を食べに行ってきました。

c0259834_21292430.jpg

 やっぱりおでん屋さんでも色々書かせて頂きましたがね。

 この、デカイがんもに驚いた。

 静岡おでんを食べるなら、やっぱり発祥の地(?) 『 おでん横丁 』 らしく、
 まだ周りは明るいうちに、行ってみた。
 狭い路地の両側に、屋台のようなお店が何軒も並んでいる。

 どこに入ったら良いかわからない。

c0259834_21292478.jpg

 なんとなく、勘で、早い時間から常連さんぽいお客さんが入っていたところに入りました。

c0259834_21292447.jpg

おおむらさん
ジャンル:居酒屋
アクセス:静岡鉄道新静岡駅 徒歩10分
住所:〒420-0034 静岡県静岡市葵区常磐町1-8-7(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 葵区南部・駿河区×居酒屋
情報掲載日:2016年4月20日


 実は、本当は、数本食べて、ビールを一杯だけ飲んだら
 また別のお店を探してハシゴしようと思っていたんですが、
 とても楽しい気分にさせてくれる常連さんが来て、
 楽しくなっちゃって、
 いっぱい食べました。

c0259834_21292441.jpg

 調子に乗ってたくさん、書きました。

c0259834_21292485.jpg

 そして、勝手に飾ってきました。

c0259834_21292419.jpg

 静岡おでん は、大根は入ってないそうです。
 おでんに大根がないなんて!と驚きましたが、
 静岡おでんって、本当に全てがもの凄く煮込まれていて、真黒になってる感じです。
 大根が入ると、他の具材にも味がついちゃうから入れないんだって。

 おでんは味噌!派、でもないので、別に味噌がなくとも問題なく、美味しく食べられました。
 ダシ粉というのは、僕には良さが分かりませんでしたので、ほとんど使いませんでした。
 こういうのが静岡おでんか、ととりあえず食べてはみましたが。
「 どんな食べ方でもいいよ 」 という、押しつけられない感じも良かったです。

 常連さんたちも温かくお話に混ぜてくれて、とても良い雰囲気でした。
 日本酒を何杯もご馳走してくださった常連さんも、ありがとうございました。

 色々勝手に書き始めたものにもとても温かい反応を示してくださいました。
 そして、常連さんたちも調子に乗せるから、
 本当に一杯書きましたよね~。全ての席のお客さんと絡んでハガキを勝手にプレゼント、という、
 僕もとっても楽しい時間になりました。


 ところで、
 静岡のおでん街では、一見さん相手ではぼったくりがあるとも囁かれているようですが、
 僕は何も知らず、何の下準備もせず、行ってしまいました。

 でも、ここ 「 おおむら 」さんは、当たりでしたよ。
 いかにも、出張で来た一見の客です!と堂々と店に入り、
 何を注文しようか迷ってしばらく黙って考えている間、
 勝手に盛り合わせが出てくるようなこともありませんでした。

 無謀にも、串を途中で下げてもらったりして、
 自分が何本食べたかもよく覚えてないですけどね、
 まあ、お腹の満たされ具合からするに、かなりリーズナブルなお値段でしたよ。


 ただね、屋台のように、値段もはっきり書いていないお店ですからね、
 そういうお店では、一見さんかどうかじゃなくて、
 結局のところ、お店のかたも楽しい時間になったかどうか、じゃないかなと
 思うんです。
 好きなお客さんにはサービスするってのも、別におかしな形態ではないと思います。
 もちろん限度はありますけどね。

 
 お客様は神様だという意識は客側が持つものではないですからね、
 お店の人にも楽しい時間にしてもらえるよう心掛けて、飲みに行きましょう。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-20 22:38 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)