タグ:みかんの皮 ( 25 ) タグの人気記事
おきてがみ
ウチの子の、みかんのむき方
 僕にとっての 「 みかむき 」 シーズンは終了したのですが、
 子供たち、特に息子(4さい)は、何かを剥こうとしてくれます。

 最近の会心作! 『 ゾウ 』

c0259834_23374830.jpg

 いや、これは、4歳児の作品としては、なかなかすごくないかと思うのです。

「 みかむき 」 のルールですが、
 ミカンの皮を、どこも切り離すことなく、どこの無駄にしないで、
 何かの形に見えるように、剥ききるものです。

「 あたらしいみかんのむきかた 」のルールでは、
 皮の一部を取り除くことも、付け足すこともしてはいけないのです。


 僕も、息子が「ゾウできたー」って呼びに来た時は、驚いたのなんのって。

 だって、前々日に剥いた 「 ヘビ 」 が、これですから。

 ↓

c0259834_2338670.jpg

 ププ~。
 一本に剥いただけ~。

 でも、続いておねえちゃんが、
「 私は鳥を剥いたよ~ 」 って、写真撮影を要求してきたのですが、

c0259834_23382223.jpg

 それ、普通にむいただけじゃん!(笑)

 ちなみに、その翌日弟がむいた、鳥は、こちら。

c0259834_23383818.jpg

 ちゃんと、ヘタの部分が目になってる。

 どうやら、工作系は、やっぱりお姉ちゃんより弟が、得意みたいです。

 絵画はお姉ちゃんやけどなぁ。

 リズム感はお姉ちゃんやけど、音感は弟かもしれない。

 運動も弟が得意かな~。

 姉弟でも結構性格ややることが違って面白いですね。


 ところで、
 これも弟の作品ですが、「 恐竜 」 らしい。

c0259834_23502116.jpg

 ど、どこが?(笑)

 適当にむくこともある、ということ。
 でも、つながった一枚でむくようにはしているところが面白い。

 最後に、ゾウを褒められて得意になってミカンを食べているところ。

c0259834_23515825.jpg

 とりあえず、楽しいですよ。
 立体から平面への展開図を考える4歳児の出来上がりです。

 追記です。
 恐竜っぽく見える、「 恐竜 」 もあったので、息子の名誉のために、アップします。

c0259834_0265357.jpg

 振り返る恐竜、かな。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-04-08 00:00 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(2)
ステゴサウルスの広げ方
 先日剥きました、バンペイユ。

 ステゴサウルスだったんですが、

 剥いた直後の画像では、イメージが掴めなかったと思います。
 期待にお応えして(誰も期待してないと思うけど)

 一日放置したあと、広げた画像です。
 ジャーン。

c0259834_2351598.jpg

 いかがでしょう。
 背びれ?と足、しっぽ、頭が広げられたので、なんとなく、
 ステゴサウルスの形でしょ。

 皮がすべて繋がっていて、どこも切り離したり、捨てたりしていないから、
 また丸めれば、バンペイユの球体に戻るってのが、すごいところ。

 お腹はまだ丸いです。

c0259834_23551079.jpg

 おっと、ヘタが取れたまま撮影してしまっていたので、
 ヘタを載せてもう一度。(どうでも良い)

c0259834_23555861.jpg

 まぁ、このへんで、
 もう結構満足なんですが、

 放っておくだけなので、
 更に一日放置しますと、

 もう少し、皮に柔軟性が出てきます。

 で、お腹を潰してみました。
( なんとなく、どうせなら、平面にしたい、って思ってしまうのです )

c0259834_23572423.jpg

 大きさが分かるように、ほかのフルーツと並べてみました。

 お腹、まだ平面にはほど遠い。
 それに、シワシワで迫力なくなるというか・・・

 もしかしたら、これ以上アップできないかもしれません(どんどん貧弱になったりしてね)

 ま、とりあえず、
 今年も上手に剥けました。
 実は、大満足なのです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-03-27 00:02 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(2)
シーズン最後の剥きおさめ。
 先日、帰宅すると、どーんと、置いてありました。

c0259834_22373511.jpg

 ボーリングの玉ほどもある、巨大柑橘類、バンペイユ。

 毎年贈って頂いて、ありがとうございます。
 もう、僕は、感激です。
 すっぱくなくて、美味しいのです

 皮をむくのも、楽しいのです。

 さてさて、何を剥こう。って、もう、ワクワクが止まりません。

『 あたらしいみかんのむきかた 』 ( 岡田好弘さん / 小学館 ) を開いて、
 何を剥こうか、しばし考えました。

 このページに描かれている絵の題材が、剥けてしまうのです。

c0259834_22381869.jpg

 そして、ちょっと悩みましたが、
 今回は、これに決定。

c0259834_22374630.jpg

 ステゴサウルス!


 まずは、ボールペンで線を書きます。

c0259834_22533418.jpg

 で、カッターで切り込みを入れ、丁寧に、剥きます。

c0259834_22541143.jpg

 だいぶ慣れてきて、すっと皮をむけました。

 こんな感じで、豪快に手を入れて、身と皮の隙間に指を入れていく感じで、剥きました。

c0259834_22545546.jpg

c0259834_22555868.jpg

 結構皮が厚いので、中身は一回り小さくなります。

 が、それでもデカイです。

 ここからは、優しい妻が剥いてくれます。
 一房が、この位。

c0259834_22563571.jpg

 という訳で、中身はすぐに食べることができました。
 でっかいけれど、家族4人で食べたらあっという間。
 美味しかった~。

 ステゴサウルスは、とりあえず放置して、やわらかくなるのを待っているところです。
 剥いた直後は、固くて広げられないので。

c0259834_2258428.jpg

 横にあるのは、息子(4さい)が作った、トッキュウジャーの鉄砲。
 これが、意外と凝っていてどんどん装飾されて、日々、ゴテゴテしていきます。

 この段階で、既に結構立体的。

c0259834_22593091.jpg

 更に進化していったので、途中経過ということで、とりあえず載せてみました。

 すごい工作してくれる子ですが、
 面白いことが大好きなので、どんな遊びでもノリノリです。

c0259834_07969.jpg

 僕も被ってみたんですが、
 写真は撮ってもらえませんでした。

 目をそらしてくれる妻って優しいのかな(笑)


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-03-24 23:03 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(4)
ウサギの剥き方。リベンジ。
 先日子供のリクエストに応えて、ぼんやり作った「ウサギ」が超イケてなかったので、
 リベンジしました。

 自分的に、自分で考えたにしちゃぁなかなか良い出来栄えだと思える作品となりました。
『 ウサギ 』 です。

c0259834_2137531.jpg

 どうでしょう。左に向いて跳ねそうな足に見えませんか?
 この前よりはマシ、くらいかな。
 お尻がちょっと破れちゃったしね。

 まぁ、とりあえず、褒め殺しにあってくやしい気持ち(笑)は収まりました。


 実は、息子の腹におさまりました。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-01-12 21:41 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(0)
超イケてなかった みかんの皮
 突然、娘(1年生)が言いだした。

『 パパ、( みかんの皮で ) ウサギ剥いて

 えっと、君たちはもう飽きたと思ったから、(冬休みはスキー行きまくりできそうだったし)
「 みかんのむきかた 」 の本、お友達に貸してるんだよね。

 適当で良いよ、って言われたので、

 本当に適当に、書いてみた。10秒くらいで。あまり頭使わず。(言い訳)

c0259834_20455293.jpg

 果たしてどうなるのか。耳と手をつくるように線書いたので、
 残った部分をどこまでごまかせているか、が問題。

 剥いてみますと、こんな感じでした。

c0259834_20492832.jpg

 なんじゃこりゃー!って感じですが、「 ウサギに見えるよ 」 って言ってくれました。

 もしかして慰めてくれたんだろうか(笑)

 羽根が生えてるウサギです。

 こうやって一度展開した形をよーく見てから、もう少し足を下側に持ってきて、でっかくすれば、
 背中と羽根とくっつけて胴体にできそうだな、って思えたので、

 明日の朝にでもリベンジしてみようかな。と、思っています。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2014-01-07 20:53 | 他愛のない日記 | Comments(2)
いい加減な みかんのむきかた
 先日、久し振りに、みかんをむいて、とお願いされ、
 むきました。

「 うさぎ 」 と

c0259834_21451219.jpg

「 ティラノサウルス 」

c0259834_21452623.jpg

 誰がなんと言おうと、ウサギとティラノサウルスなんです。

 結構、おなかのところに無理があるやつで、
 皮が薄くて丈夫なみかんを使ったにも関わらず、破れてしまいました。

 ま、でも、そんなこともありますわ。
「 はやく、はやく 」 なんて言われたら。


 当然のように、子供たちにとっては、大して珍しいものではなくなってしまっているので、
 むき終わったら、興味は完全に中味。

 食べ終わったら、ウサギとティラノサウルスはテーブルに残したまま、
 普通に別のところで遊び始めたので、

「 捨てていい? 」 って聞いたら

「 いいよ 」 って即答でした。

 ま、破れてるしね。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-12-16 21:56 | 他愛のない日記 | Comments(0)
「白鷺」むきました。
 めっきり寒くなってきて、いよいよあのシーズンが本格的にやってきたな、という気分です。

 みかんの皮をむくシーズンです。

 という訳で、とりあえず むいてみました。

 まずは、ボールペンで下書きします。

c0259834_22423084.jpg

 なんだか分かりますか?って分かる訳ないと思いますが。

 上から見ると、こんな感じ。

c0259834_22432879.jpg

 なんとなく、鳥っぽさは分かりますね。

 カッターで線をなぞって…

 むくと、

 はい、できあがり。

c0259834_22443662.jpg

 しらさぎ です。

 誰がなんと言おうと、しらさぎ、白鷺です。

c0259834_22445630.jpg

『 あたらしいみかんのむきかた 』 ( 岡田好弘さん、神谷圭介さん / 小学館 )

 この本、ただ むくための線が書いてあるだけじゃなくてですね、
 もう、シュールすぎる感じの、一応絵本になってます。

 発売当時はまだ娘も字が読めなかったですけどね、
 この前、普通に読んでました。

 子供は成長しているのに、親は成長していないなぁ。この本で遊ぶの4年目…(笑)

 ちなみに、今シーズン初の作品は、

 こちら。

 本が手元になかったので、下書きもしないでむけるかやってみました。

c0259834_22505693.jpg

 馬です、馬。

 とりあえず、1年ぶりで、フリーハンドで、間違えずにむけて嬉しかったんです。
 それだけです。
 さすがに、フリーハンドでは たてがみも尻尾も細くできませんでしたけどね。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-11-08 22:56 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(8)
今シーズン初ミカン
 早生ミカンだから皮が緑色だし、
 やっぱり 「 むく 」 なら カマキリ か カエルだよねーなんて話をちょっと前にしていたのに、

 あっさり普通に剥いてしまいました。

c0259834_21294165.jpg

 なんてことない、ミカンの皮です。

 まだ酸っぱかった。
 今年も、わざわざ色々むいてみたいと思います。

『 あたらしいみかんのむきかた 』 新刊でないかな~


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-10-07 21:33 | 他愛のない日記 | Comments(0)
バンペイユのむきかた。エビ③
「 むきかた 」 というか、既にむき終わっているんですけど、
 こんな感じになっているところまで、紹介しました。

c0259834_23101595.jpg

 足やひげが1本1本分かれていないので、これを切り離します。そうすると、こうなります。

c0259834_23182839.jpg

 これだけのことで、またまた一段とエビっぽさが増しました。

 そうそう、実は、ヘタの部分は、むいている時にすぐ外れてしまったので、いちいち載せて写真撮ってます。

 で、これを、数日乾燥させると、こんな感じになります。
( 放っておいただけ、とも言います )

c0259834_2320912.jpg

 細いところから乾燥してきました。
 実は、裏側のワタの部分をカッターで削ぎ落として、薄く薄くしようとコツコツ作業していたのですが、なかなか乾燥しません。

 ちょっと、天気が良かったので、ペンキを乾かしている横に並べてみたり
c0259834_23241878.jpg

 あ、反ってきそうだから、メッシュを載せてみよう、と思い立ったり、
c0259834_2325052.jpg

 いや、地面に直に置いていたら、ちっとも乾燥しないだろう、と、ベンチの上に移動してみたり
c0259834_23255796.jpg

 色々やっているうちに、足が2本切れました。(T_T)

『 そんなあっちこっち動かすからだよ~ 』 と娘 (6さい) に言われてしまいました。

 とまあ、なんとか乾燥させようと未だ努力しておりますが ( 放置とも言う )、ほぼ完成です。

 長らくお付き合いありがとうございました。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-03-24 23:31 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(5)
バンペイユのむきかた。エビ②
バンペイユで、エビの むき方 』 の続きです。

 晩白柚の大きな皮は、むいても硬くて広がりませんが、
 それでも一晩放置すると、少しぐにゃっとしてきて、広げることができます

c0259834_116129.jpg

 まだちょっと、完全に平面とはいかないのですが、その分、
「 あ、確かに、丸めると元の形になりそう 」 って分かりませんか?

 むいた皮の少しも切り落とさず、切り離さず、全てを使って動物の形にする、
あたらしいみかんのむきかた 』 すごいなぁ、と未だに感心してしまいます。

 逆さにすると、こんな感じです。
c0259834_1201322.jpg

 なるほど、エビの形に見えてきませんか?

 このあと、切り離さないで むいたヒゲや足を細くしていきます。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2013-03-22 01:23 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(0)