タグ:工作 ( 155 ) タグの人気記事
おきてがみ
太陽光だけで料理する、という…
 北海道の旅 2017 秋

 カレーを食べて、お腹一杯になったところで、
 いよいよ目的地 赤平市、植松電機へ!

 は、まだ、行きません。


 スープカリー奥芝商店(滝川)の店長さん、
 僕の名刺をもらってもらったら、

 僕の興味を惹くと、思ってくれたようで、(とても嬉しい)

『 今、お店の裏で、面白いことやってるから、ぜひ見てってください 』 って

 教えてくれました。

 人に勧められたことは、
 やってみたい。
 見てって、と言われれば、当然見ます。

 店長さんともっとゆっくりお話もしていたかったんですが、
 目的地への制限時間も迫っていたので、名残惜しい気持ちを抑えつつ、
 お店の裏手へ回ってみると…

 ???

c0259834_16395408.jpg

 なんでしょう?
 ソーラーパネルが数枚、地面に広げられ

 その周りに何人かがたむろっている。

 いかにも、何かのイベントを始めようと、準備している感じでした。

c0259834_16395502.jpg

 音楽が流れていましたが、どうも、
 ラジカセ(って死語?)の電源も、どうやらソーラーパネル。

 近寄ってお話をうかがってみると、

 ソーラーパワーで生活できる!っていう体験をする、ワークショップのようでした。

 ソーラーパネルで電化製品を動かすのか~、と
 思って眺めていると

 何やら色々な道具が出てきます。

 ドラえもんみたい。

c0259834_16515998.jpg

 何やらキラキラしているこの物体は、
 ふたつあるんですけど、

 どちらも、太陽光を集光して料理を作れる!という、
 調理器具でした。

 なんと!下に置いてある、右のものは、オーブンのように?
( 忘れてしまいましたが ) かなり高温になるそうです。
 もちろん、天候にも左右されますけれど、
 そこそこ晴れていれば、かなり使える温度だよな、と思いました。

 北海道でこれですからね、
 愛知なら、余裕だと思う。もとの気温で調理器具自体の常温が、高いし。

 左の器具も、部品さえ購入すれば、
 簡単に作れそう。
 部品は、こういうものですよ~、って、聞きました。
 忘れないようにメモしましたよ。

 いずれ、子供たち(小学生)の自由研究にも使えそうですから(笑)

 時間がなくて、調理の実際など、見学することはできなかったんですが、

 こういうイベント大好きです。

 自然のエネルギーを活かした生活がもっと一般的になるといいなと思います。
 ただ、その器具をつくるのに余計なエネルギーや環境負荷を掛けていないか、
 そういうことも、気にしなきゃいけないと思いますけどね。

 ソーラーパネルを作るのに、どんな資源にどのくらいエネルギーを消費しているのか
 ソーラーパネルの寿命と、発電量と、考えて、
 初めから電力会社で発電された電力使ったほうが環境負荷小さいよね?なんて、
 ことにならないように、
 技術開発が進んでほしいものです。

 ソーラーパネルは、
 災害後に故障したものが放置されていて、感電の恐れがあるとか、
 ショートしたら発火して火事になる危険もあるんじゃないかとか、
 考えるべきことは、まだまだたくさんあると思います。

 でも、こういうものが普及することで、
 もっとエネルギーを大事にしなきゃいけない、
 別に、電力に頼らなくても、そこそこ生活できるじゃん、とか、
 色々考えるきっかけにはなってほしいと思います。

 家のLED電灯が切れました。
 切れるんかい!
 LED直列でつないであるのかな?どれかが切れたら全部点かないよね。
 余計、高くついてない?
 蛍光灯に戻そうか、と思っています。

 なんか変な話になってしまいましたが、
 環境負荷を減らしていく試みには大賛成です。

 そんなこと言ってるやつが飛行機乗って旅行行くなよ!(笑)
 なんて。
 楽しみを全て我慢はできません。
 でも、普段、無駄に使っているエネルギーを減らしていく努力は必要だと思っています。

 と、いうことで、

c0259834_16395487.jpg

 来年の自由研究ネタに、どうぞ。

『 GINGA DENRYOKU 』




[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2017-09-16 17:16 | 父育ち(子育て) | Comments(0)
教わったことは「将来できそうなこと」に昇格するね
 先日、
 メイカーズ・ラボとよはしさん 主催の、
『 豊根村産スギでいすをつくろう 』
 という、オリジナルデザインの椅子づくりワークショップに参加してきました。

c0259834_00490847.jpg

 小学生対象で、2日間に渡り、

① 自由にデザイン (座面の高さは、自分が楽に座れる高さを実測)

② デザイン画をパソコンに読み込んで、デジタル化(ラインデータ化)

③ 座面・背もたれとして、渡し木をどの部分に付けるか、CADで設定

④ CNCルータという大型の自動切削機で、カット(を見学)

c0259834_00490890.jpg

⑤ 木材の一部に、名前やオリジナルデザインを、レーザー加工機で彫刻

⑥ 協賛の豊根杉材を、座面と背もたれとして、固定

 というような工程のワークショップでした。

 僕は、二日目しか参加できなかったのですが、
 デジカメで撮影した写真や、スキャナーで読み込んだ画像から、
 どうやって加工機で使用する2次元のデータに落とし込むのか、という
 Illustratorなどのやり方を教えてもらえて、大変有意義でした。

 ウチの子、弟くん(小2)が筆で書いて行った自分の名前を、
 スキャナーで読み込んで、ラインデータ化します。
 これが簡単にできる、ってんで、僕も、
 このテクニックは身に付ける予定です。フリーのソフトでもできるって!
( てか、有料でも買おうかなって思うような感じでした )

c0259834_00490841.jpg

 ということで、
 完成。
 実は僕、インパクトドライバーは初めて使いました。
 う~ん、トルク調整できないのは、やっぱり使いにくいかな、と思いました。
 木工には向いていない、気がした。

c0259834_00490768.jpg

 でも、本当に、素敵ないすが完成しました。

 ウチの子のデザインは、
 ベイブレードの、ビーストベヒーモス(だったかな)のマークらしい。

 背筋がピーンとする椅子を作りたかったそうなので、
 とてもよくできました。

 それにしても、
 ウチの子は本当に自由にデザインし過ぎて、
 困らせてしまったようですが(笑)
 楽しかったです。

 そして、色んな加工機の見学ができたのもとても良かった。
 意外とお値打ちに、加工機を利用させて頂けるようなので、
 僕も、自分で書いた文字を木に彫ってもらったりしたいな、
 と、
 遠くないうちに、お世話になりに行こうと思っています。





[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2017-07-08 01:46 | 父育ち(子育て) | Comments(2)
我が家の自作「組みひも台」はこんな感じです。
 もうDVDやブルーレイが発売になって、
 やたら色んなバージョンがあるようで、しかも良いお値段するそうですが、

 みなさん、ご覧になりましたか?
 映画 『 君の名は。』

 実は僕は岐阜県の飛騨地方の産院出身なので、
 結構親しみを持って、見たいなと思っていたので、
 娘 (小5) と見に行きました。

 で、

 工作、手芸好きの親娘が見ると、どうなるか、といいますと

 こうなります。こういうものを、作りました。

 ↓
c0259834_23321513.jpg

 組みひも用の台、です。

 やっぱり、こういうものは、まずは自作に限ります(笑)

 一応、手芸用品店に行って、ミサンガ編み用キット、みたいなものも観察し(笑)
 最初は一つ、買ってみたんですが、

 これは、作れるな、と確信。

 下からみると、こんな感じになってます。
c0259834_23304379.jpg

 クッションマットを丸くカットして、紐を挟んでおけるよう、切り込みを 『 Y 』 の字 に入れます。
 中央にも穴を開ければ、ほぼ完成です。

 やりやすいように、針金でできた園芸用の鉢台?に、
 モールで固定です。実は3つほど作ったのですが、タイラップで固定するのが一番良かったかも。

 あと、マットは、鉢台の上の円より、
 半径2cmくらいは大きめにカットしておくほうが
 使いやすいです。

 テレビ見ながらとか、
 たいくつ凌ぎに作れるかな~、とか思いつつ、
 ながら作業だと、意外と間違えます(笑)

 それでも、娘、父、息子 (小2) で協力して
 ミサンガを何本か作りました。

 紐は、リリアン用の紐が良いように思います。
 まだ、テンションが偏ったり編み方間違えたりするので、
 8色入り100円、みたいなDAIS○さんのリリアン紐使ってます。

 意外と、没頭できて、嫌な事を忘れます。
 お勧めです。

 そんな、
「 君の名は。」 にハマった父娘ですので、
 いつか、組みひも体験なんかに行きたいね、と話していたりします。

 岐阜県飛騨市が舞台という設定だったかな。
 東海北陸道のSAには、「 君の名は。」 クッキーなど、おみやげもたくさんありました。

c0259834_23304322.jpg

 喜んで、手に取って、レジに並んでいると

「 え?これ買うの?ベタやな~ 」 などという笑い声が
 何度か聞こえてきました。

 みなさん、ベタだと思いつつ、やっぱり買うのですね(笑)


 そして、

 車内で食べちゃったので、写真がないのですが、
 このラングドシャは、楽しかったです。

c0259834_23304203.jpg

 個包装の袋を開けると、
 ひとつひとつに 『 バカ 』 とか 『 あほ 』 とか書いてあんの!

 映画を見ていない人には、何が良いか分からないと思うんですが、
 これは、なかなか面白いなと思いました。

『 やった!私「バカ」
『 え~っ?お父さんも「バカ」がいい!』
『 いぇ~い!オラ「 あほ 」だ~ 』
 とかね、
 音だけ聞いてたらほんとうにバカ親子の会話なんで、
 それが、面白かった。

 ほかのお菓子と比べてちょっと割高な気がしましたけど、
 このデザインにGOを出した勇気を讃えるつもりで
 また食べたいです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2017-07-07 23:58 | 他愛のない日記 | Comments(0)
ベイブレードのケース作りました。
 ただいま、親子ともども、ベイブレードにハマっています。

 年末、「 今年は遅くまで起きている 」 と宣言した娘(小4)が視ていた紅白歌合戦を横目に、
 父親は、ベイブレードのケースをせっせと作りました。

c0259834_21040747.jpg

 なかなか良い感じでできました。

 100均のケース等、材料費は300円少々
 6個入ります。

c0259834_21035838.jpg

 見ておわかりと思いますが、
 こういうものを使いました。
 ジョイントマットです。

c0259834_21032788.jpg

 ケースの大きさに合わせて、カットして、何枚か重ねます。
 少しだけキツめにカットして、
 各マットを押し込む感じにするのがちょっとしたポイント。
 押し込むだけで、固定されズレたり外に飛び出しません。

c0259834_21032603.jpg

 あとは、穴を開ける中心を決めて、上から針を刺して、
 円を切るカッターで丸く切り抜いて完成。

 レイヤーの大きさだけでなく、ディスクやドライバーもサイズが微妙に異なるので、
 あんまり大きさに結構適当なサイズで切り抜いてます。

 適当なサイズで穴を開けてますが、最上段は、ちょっとキツめにして、
 ベイを押し込むことで、ベイが固定されるようにしています。
 更に、最上段は、ちょっと指をひっかけやすいように切り込みを入れたことで
 使い勝手も向上です。

 適当に作った割に、
 子供の評判は良く、
 現在、
 2個目製作中です。

 今年も、時々工作しながら子供と楽しく過ごしたいと思います。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2017-01-09 18:26 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(1)
色えんぴつでプラ板工作
 下の子 ( 小2 )がプラ板工作をすると、
 描いてました。

 ブゥ。

c0259834_22535821.jpg


 最近一生懸命ドラゴンボールの単行本を読んでます。

 この前はクリリンの絵を描いてました。

 簡単そうなやつを選んで描いてるみたいで、良い選択です。
 

 油性ペンのない色は、
 紙ヤスリでこすってザラザラにしてから色鉛筆で塗りました。
 白でも黄色でも、ちゃんと塗れていい感じです。

 お姉ちゃん ( 小4 ) が、紙ヤスリを出して貸してくれたので、
 200番くらいの粗いのでやりました。
 塗りやすかったですけど、
 加熱して縮んでもザラザラ傷跡が見えたので、
 次はもう少し細かい目でチャレンジしてみたいところです。1000番くらいでできると良いけどなぁ。

 裏からやれば、表に描いた線も消えないので
 良いということを覚えました。

 ただ、トースターで小さく縮んだら、
 もう興味が薄れてしまうんですよね~。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-07-04 23:04 | くだらないことに精を出す工作 | Comments(2)
お姉ちゃんとお裁縫
 いつもやかましい声の大きいお姉ちゃん (小学4年) が静かだったので、
 何をしているのかなと思って近寄ってみたら、

 ほげちゃんを直してくれていました。

c0259834_22562053.jpg


 弟 (小学1年) が、文字通り可愛がって、
 振り回すので、手や顔が千切れそうになってしまうんです。

 もう何度目か分からないけれど、
 取れちゃいそう、と危険になってくると、
 お姉ちゃんが直してくれます。

 自分でお裁縫道具を出してきて、
 自分で玉結びをして、せっせと、縫っていくんです。

 自分でちゃんと準備してやるってことは珍しいので、
 感心です。

 縫い方はいい加減なんですけどね、
 ほげちゃんのために、なのか、弟のために、なのかは分かりませんが、
 なんだか嬉しい瞬間でした。

 なにせ 『 この色はほげちゃんだ! 』 と色で即決してしまった100均タオルですからね。

 相当ほつれ易い生地だと思うんです。

 それでも、気にせずグイグイ縫っていく豪快な性格も僕と違って良い性格してる、と思いました。

c0259834_22562058.jpg


 こういうのやりながら、だんだんお裁縫も上手になっていくのかな。
 今は、妻が小学生の時に使っていたというお裁縫箱を使ってます。
 娘と一緒にカバンを作ったりするようになるのが楽しみです。

 意外とお裁縫好きなお父さんなのでした。
 やってないけど。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-06-17 23:13 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(0)
母の日に色紙を贈りました。
 母の日でしたね。

 母に何か書いて贈る、ということをしたことがなかったので、
 今年こそは、と、書きました。

 自分で額に入れるってちょっとおこがましい気がして裸で渡してしまいました。

 僕は服を着ていましたよ。

 裸で、ってそういう意味じゃないですからね。


 実はしばらくの入院生活が始まった母。
 準備した荷物が多過ぎたかなあ、と直前まで言っていたのに、
 母は、額のないことなんか気にせず、色紙を入院準備の荷物に入れたみたいで、
 病室に着くや否や飾ってくれました。

 素直に言葉を口にして伝えられたら良いのですが、
 やっぱりなかなか難しい。
 だから、手紙なり、ハガキなり、色紙なり、
 文字にすると素直に伝えられて良いかなと。

c0259834_23060295.jpg


 気持ちが伝わったかどうかは疑問ですが。

 母親には本当に感謝しています。

 思えば、
 僕が己書(おのれしょ)というものに出逢い、
 色々書き始めて、まだまだ本当に下手くそだった頃から、
 家に置いておくと飾ってくれていた。

 自分では上手だと思えないものも、恥ずかしげもなく飾ってもらって、
 こっちはちょっと恥ずかしかったけれど、やっぱり少し嬉しかった。

 親というものは、無条件に子供を尊重してくれ、どれだけ感謝しても感謝し足らない存在です。

 そもそも、昔から本当に色々な、手芸系の趣味に手を出し、
 色々楽しんでいた母。

 一度母と一緒に数えてみたんですけど、本当にキリがないかと思う程、
 色んな趣味にハマっていました。

 それでも最終的にハマった趣味では、その方面の資格を取ったりして
 趣味のサークルから教室へと展開し、あちこちで教室開催、
 小学校へもクラブ活動として指導に行ったりと、とことん楽しくやってました。

 幼いころからそんな姿を見ていたので、
 物づくりは楽しい、という印象が僕の目にも焼き付いていたのかな、と思います。

 ということで、実家には、母が作ってきた数々の作品が所狭しと陳列 ( あるいは実用 ) されているのですが、
 その隙間を埋めるように、
 僕が書いたハガキやらなんやらを、ずっと飾ってくれていました。

 でも、
 今では見るに堪えないようなものまで
( 何枚も何枚も ) 飾りっぱなしになっていて

 本当に恥ずかしくなったので、

 書き直してきました。

c0259834_23353020.jpg


 書き直していると時々新しい言葉も湧いてきたりして、
 他にも色々書きました。
 小さいから分からないと思いますが、初めて書いてみた言葉もあるんですよ~。
 これからブラッシュアップして、完成度高めていきたいと思います。

 さて、
 そんな父を見ている子供たちも、筆への抵抗が全くありません。

 小学1年生の息子が書いた、魚です。

c0259834_23363398.jpg


 楽しんで生きていこう。



 母の手芸教室で生徒さんだったかたが
 2名も病院で看護助手さんとして働いていて、偶然に再会。
 母の入院生活の不安がちょっと解消された雰囲気がありました。
 海外から日本に移り住んで、
 看護助手さんの資格を取って誇りを持って立派に働く看護助手さん。
 素敵な人が周りにいるって幸せです。

 周りには素敵な人がいるもんですけどね、
 それに気付いて、幸せを感じられるかどうか。
 自分も素敵な人間であろうとするから、お互いの縁が繋がるんだと思います。

 病院でもまた、母の偉大さを見せ付けられた、勉強になった感じです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-05-11 00:02 | 日々の暮らしの中の幸せ | Comments(2)
オヤジの買い物専用袋
 完成しました。

c0259834_23390284.jpg

 やっぱり慣れると速い。
 結構スラスラ書けるようになりました。

c0259834_23390507.jpg

 この生地は薄かったので、
 下書きしたものを、下に敷いたら、ぼんやりとだけれど見えるので、
 配置で緊張しませんでした。

c0259834_23390807.jpg


 それにしちゃあバランス悪いけど笑ってくれ!

 文字を書く前に横着してハンコ模様書いちゃったので、
 やむなく縦書き。

 裏には横書きで書こうかと思います。
 ということで、本当は未完成。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-02-20 23:44 | 己書作品集 | Comments(2)
バレンタイン、関係なくてもわくわくしちゃう
 もうすぐバレンタイン。

c0259834_19334965.jpg

 甘いか苦いかチョコっとつまんでみませんか。

 当ブログにいつも温かいコメントをくださる、面白お父さん、くろしゅけさんの言葉、頂きました。
 ごちそうさまでした。うまいな~。さすがだな~

 予想外の相手からもらうようなドキドキすることは何もないんだけれど、
 もしかしてあるかも、なんて勝手にワクワクするだけで楽しいね。

 ないんだけどね。


 そして全然関係ないけれど、


 息子(幼稚園年長)が、
『 何書こうかな~ 』 と、
 言葉も一人で考えて、書いてました。

c0259834_19334997.jpg


「 いつもおげんきに。」

 もしろいなぁ
 元気に楽しくまいりましょう!


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-02-06 19:41 | 己書作品集 | Comments(2)
壁にマグネットがくっつくようにしました。
 リビングの壁です。

 マグネットで色々貼れるようにしました。

c0259834_21431692.jpg

 ステンレスの板を、釘で打ち付けてあります。

c0259834_21444461.jpg

 豪快でしょ~。 色々簡単に飾ったり外したりできるので、便利です。

 簡単なので、節分で使った、子供たちの作ったお面も飾りました。

 怖い顔ですが、なんだか可愛らしくなっている、お姉ちゃん(小学3年生)のお面。
 この娘は、小さい時からとにかく色塗りが丁寧。僕の対極にいる感じ。
c0259834_21433211.jpg

 弟(幼稚園年長)も作ったみたいですが、


 ネコか!(笑)
c0259834_21435182.jpg
 ツ、ツノが耳になってしまっている。
 牙は恐ろしい感じですけどね~。

 ということで、今年は全く怖くない、可愛らしいお面で節分を過ごしましたとさ。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-02-04 21:56 | 他愛のない日記 | Comments(4)