「ほっ」と。キャンペーン
タグ:読みました ( 32 ) タグの人気記事
おきてがみ
オリンピックや甲子園を観戦して盛り上がろう
 夏の甲子園真っ盛りですね。
 東海三県 ( 愛知、岐阜、三重 ) が揃って一回戦を勝ち進み、
 気持ち良く結果を見ています。
 なかなか観戦できないのですが、
 ようやく夏休み。観戦できたらしたいなと思う。

 ところで最近読んだ甲子園がらみの物語。

c0259834_21472917.jpg

『 野球小僧 』 ( 島村 洋子さん / 講談社 )

 高校球児の物語ではなく、
 甲子園のグラウンド整備士のお話。

 と書くと、結構地味な?野球の裏側世界、って感じに思われてしまうかもしれませんが、

 そういう訳でもなく。

 いかに甲子園というグラウンドが野球をする者にとって神聖な場所であるのか、ということに、
 なんだかじーんと来てしまう物語。

 これを読んで、高校生の甲子園大会を見ていたら、これまでよりも、
 なんか熱い気持ちになります。


 甲子園に出場できる子たちって、
 人生のほとんどの時間を野球に費やしてきていると思います。

 そこまで野球の技術を高めても、
 技術そのものを生かす機会は、
 これから先、ほとんどないでしょう。
 じゃあ、野球に打ち込んだ日々というのは無駄なのかというと、
 決してそんなことはないですよね。

 辛いこと、楽しいこと、
 色んな葛藤とも闘いながら、必死で取り組んできた経験は、必ず球児たちの人格形成に、大きな影響を与えていることと思います。

 また、
 甲子園という大舞台で、大勢の観衆の前でプレーすることにも、大きな意味があります。

 それは、観ている人に、感動を与えられる、ということです。

 ひたむきに頑張る姿は、観ている人を感動させ、
「 おれもやるぞ! 」 という気にさせてくれます。

 つまり、極端な話、勝とうが負けようが
 ひたむきな姿を見せてくれるだけで、
 周りの大人を動かす原動力になっているんです。

 野球だけじゃありません。
 いろんな職業で、色んな部活動で、若者が頑張る姿が、世の働き人を元気にしてくれています。

 がんばれ若者!

 という感じで、オリンピックも甲子園も観戦したいと思っています。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-08-10 22:02 | 人生を豊かにする読書 | Comments(0)
友情とか、自分の存在価値とか。
 写真撮るの忘れたのですが、

 読みました。

『 サニーサイド・スーサイド 』 ( 北國 浩二 さん / 原書房 )

 なんか、未来の一部が見えてしまうという特殊能力によって、
 誰かが自殺してしまう、と分かってしまった、という設定から始まる物語。

 高校の、カウンセラーを主人公とした物語です。

 でね、高校の、生徒たちを守れるか。
 可能性のある、数人の高校生の葛藤やら何やら。

 悩める高校生の姿が、ありがちな感じで、なんか助けてあげた~い、という気持ちになりながら読みました。
 誰しも、悩める時期があるんだよねぇ。
 でも、そんな悩める時期は、一時的。
 必ず、そんな悩みなんて忘れてしまう時期がきます。過ぎてしまえばあっと言う間。

 で、確か、この本で出てきた言葉でなかったかと。

c0259834_00475738.jpg


『 友だちのために傷ついても良いと思う心と、友達のだから傷つけたくないと思う心、
 その心のやりとりこそが友情 』

c0259834_00474752.jpg


『 自分以外の人にとって自分がどれだけ大切な存在になれるか、
 それが人間の価値を決める一つの大きな基準かもね 』

 素敵な言葉を拾うアンテナ延ばしましょう!


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-07-30 00:54 | 己書作品集 | Comments(0)
おばあちゃんの愛
「 老人ホーム 」 とか 「 介護施設 」 というものに詳しいですか?

「 特別養護老人ホーム 」、 「 介護料人保健施設 」 、「 介護療養型医療施設 」 、
「 グループホーム 」 、 「 ケアハウス 」 、 「 有料老人ホーム 」 、 「 高齢者専用賃貸住宅 」
 などなど。

 一体どんだけあるんだよ、という施設の数々。

 それぞれ施設のスタイルにどんな違いがあるのか、
 公的支援がある施設はどこなのか、
 実際いくらくらいの負担で入れるのか、
 どれくらいの人数が入所待ちしているのか、

 そういうこと、
 多分、

 必要に迫られるまで考えない人が多いと思うんです。

 僕も、必要に迫られてないので、まだ考えてません。

 ただ、
 よ~く調べておかないと
 必要に迫られてからでは大変なことになるな、
 ということに気付かせてくれた小説。

c0259834_22575658.jpg


『 天国の一歩前 』 ( 土橋 彰宏 さん / 幻冬舎 )

 夢を追いかける若き独身の女性が、急に祖母の介護の必要に迫られる。

 祖母のことは大好きだったけれど、
 自分の夢を追うために頑張ってきたことが
 次々台無しになっていく。

 介護施設に入所を希望しても、ままならず。

 両親は祖母に助けてもらえなかった、と真剣に考えてくれない、という
 なんとも苦しい哀しい展開。

 それでも、祖母が孫 ( 主人公の女性 ) を思う気持ちに泣ける

 家族のすれ違い?の物語を通じて、
 色々とある介護施設の解説をしてくれるので、
 勉強になります。

 表紙をめくると、
 数々の介護施設の比較を分かりやすく図示してあるので、
 もっと堅い物語かと思ったけれど、
 小説としてもきちんとしていて読み応えのあるものでした。

 新聞やニュースで目にする介護施設がどんな施設なのか、
 こういうのきちんと知ってないと介護施設全てが問題だったり不足しているのかとか
 正しく判断できないから、大事だよなと思いました。



 さて、
「 おばあちゃんの愛 」 と、タイトルに書いてみて思ったんですが、
 祖父母から孫への愛情というのは、
 孫育ては良いとこ取りできるから、愛情たっぷりになるんだ、なんてことを
 言われたりしてるの、聞いたことあるんじゃないですか?
 冷静に考えてみて、要するに、父母は、子育ての辛いところも感じてるから、
 愛情を充分に注げなくても仕方がない、って言われてる、ってこと???
 これは、キツイですねぇ。
 愛情たっぷりで子供と向き合わないといけないな、と反省しました。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-06-30 23:21 | 人生を豊かにする読書 | Comments(1)
家族ってやっぱり特別です。
 家族を思い遣る気持ちというものは、どんなものなのか、

 全くの赤の他人が
 あの家庭ではどうだったんだろう、
 何を望んでいるんだろう、

 と、想像して、
 分かってあげることがどれだけできるでしょうか。

 ある家族の感情と行動とに向き合うことを余儀なくされる他人の物語

c0259834_23072650.jpg


『 家族 』 ( 小杉 健治 さん / 双葉文庫 )

 ホームレスによる居直り強盗で、認知症のおばあさんが殺害されてしまうという事件をめぐり、
 裁判員制度のもと、裁判が行われることになりました。

 裁判員に選出されたことで、
 会社の大事な局面でプロジェクト担当を外されてしまった会社員、
 正社員登用のチャンスなので裁判に参加したくない非正規雇用労働者、
 など、裁判に真剣に向き合う気のない裁判員が、実際は選ばれてしまう。

 また、自身が認知症の母親を介護している女性など、

 色々な面々が裁判員として、裁判に当たります。

 裁判員制度による裁判というのがどんな風に進んでいくのか、勉強になります。
 正直、怖いです。

 お膳立てされた舞台で、本当に真実に近づけるのか、犯罪を正当に捌けるのか、
 ドキドキします。

 殺害された老女の息子による嘱託殺人の疑いを持った裁判員。
 検察側と弁護側の表現が違い過ぎて、容疑者の真の人柄が分からない。
 情状酌量の余地が十分にあるという流れの中、明らかな殺意を持って殺害したと繰り返す容疑者の真意は?

 裁判員一同、
 家族を思い遣る気持ちが生んでしまった犯罪だという結論に至り、
 最も軽い刑期がふさわしいと裁判員全員の感情が一致しますが、

 裁判員全員の意思で
 無期懲役という重い判決が下されます。

 こんな優しさって、、、と、切なくなること複数回。

 優しいお母さん、
 優しい知人、
 優しい裁判員、

 じっくり味わってほしいなと思います。

 切ないですが、良い話でした。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-04-26 23:53 | 人生を豊かにする読書 | Comments(0)
言葉には力がある。
 スピーチライターという職業があること、
 オバマ大統領の大統領選の時に、聞いたような気がします。

 その、スピーチライターを描いた物語。

c0259834_00092405.jpg

『 本日は、お日柄もよく 』 ( 原田マハさん / 徳間書店 )

 友人の結婚披露宴で耳にしたスピーチに感動してしまった主人公。

 そこで、スピーチライターという言葉を知り、
 コピーライターなど、言葉を使う色々な人が絡んで、
 主人公を助けたり、邪魔したり。

 僕は原田マハさんの小説好きなので、期待しすぎたのかもしれませんが、
 正直言って、そんなに面白くなかったです。

 でも、いくら素敵な言葉があっても、話し方が良くなかったら伝わるものも伝わらない、という、
 そういうの大事なんだな、ということがすごくよ~く分かります。

 そして、素敵な言葉もたくさん出てきました。

c0259834_00092459.jpg

 困難に向かい合ったとき、
 もうだめだと思ったとき、
 想像してみるといい。
 2時間後の君、涙がとまっている。
 24時間後の君、涙は乾いている。
 二日後の君、顔を上げている。
 三日後の君、歩き出している。

c0259834_00092453.jpg

 新しいドアの向こうに広がる世界は、未知の世界です。
 だから恐くもある、不安でもある。
 けれど、思い切って開けてみる価値があります。

 言葉の話し方が大事なのと同じように、
 同じ言葉が書いてあっても、文字で感じ方変わってくるんじゃないの~、と、
 めちゃめちゃポジティブに考えちゃう。
 より素敵に感じてもらえるように素敵に書けるようになっていきたいな~。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-02-10 00:38 | 人生を豊かにする読書 | Comments(0)
まるで文学オタク、という偏見を破壊
 ついに、手にとって、読んでしまいました。

 文藝春秋。

c0259834_21365179.jpg

 なんか、この手の雑誌って、文学作品が連載されている、というイメージで、

 これまで、手に取ったことはなかったのですが、

 父親に 「 あげる 」 と言われたので、
 有り難く頂戴し、読ませて頂きました。

「 芥川賞2作品全文掲載!」
 というすごい号。

 で、

 ピース又吉さんの作品ですが、

 面白かったです。

 すごく、いかにも文学的表現というか、
 教科書に出てくるような、まどろっこしい (けれど文字好きには堪らなくイイ) 表現が
 多用されつつも、

 売れないお笑い芸人が主人公、という、興味惹かれる内容で、
 最後まで先が気になって、一気に読んじゃいました。

 はい、面白かったです。(くどい)

 正直、
 ちょっと前にタレントが受賞した作品は本当に賞を貶めたというか、がっかりしたものでしたが、
 今回のは、納得。良かった。


 そして、「 文藝春秋 」 という雑誌、
 連載小説だけが載っているのかと勝手に思っていましたが、
 写真がないだけで普通の週刊誌のようなネタも書かれていて、勝手に驚きました。

 思い込みというのは怖いですね。
 知らないで決め付けてしまうことのないよう注意したいものです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-01-18 21:48 | 他愛のない日記 | Comments(0)
楽しめない人は、他人と比べていることが原因かもしれない。
 サッカー関連小説が面白くてハマっている作家さん、はらだみずきさんの小説の中で、

 少年サッカーをボランティアで指導しているサラリーマンを主人公とした物語がありまして、

 共感したり、考えさせられたりするところがたくさんありました。
 
c0259834_2139960.jpg

『 ムーンリバーズを忘れない 』 ( はらだみずきさん / 角川春樹事務所 )

 子供ができなかった中年サラリーマン。

 自分の子供がいた訳ではないのに、少年サッカーの指導を続けてきた。

 会社の業績も良くなく、リストラを計画し、退職要員探しの面談なども行われるようになり、

 自分のやってきたことはこれで良かったのか、これからどうしていったら良いのか、と
 思いめぐらす物語。


 会社に迷惑をかけていなければ、プライベートな時間をどう使おうが問題ないと思いつつ、
 会社では、休日サッカー指導に熱中していると話せない、主人公。

 が、サッカー指導についての話題になったとき、こう聞かれて堂々と答えた返事が良かった。

『 あなたはその経験からなにを学びましたか? 』

人を育てることの難しさ
 それと、育てる喜びですかね。 』

 そうだよなぁ、難しい。だから育ってくれたら嬉しいんだよね。

 簡単に思うように育たないんだよね。そういう前提を、自分の子供に対してだけ外してないかと
 反省した。


 続いて、新しく加入してくれた、若いコーチとの会話で。
 主人公がコーチしていた時は、楽しそうに練習参加できていなかった、上手ではない子が、
 若いコーチと一緒の時は楽しそうに練習していたと聞いて、の会話。
 若いコーチの言葉がシビレる。
『 そうかなぁ。下手じゃ、楽しくないと思うけど 』

『 続けていれば、うまくなりますよ。必ず前に進める
 自分が変わっていくのを実感できれば、おもしろくなるはずです 』

『 そういうもんかしら 』

『 だって上には上がいるじゃないですか。
 そんなこと気にしてたら、楽しめなくなる。
 要するに人と比べるんじゃなくて、自分なんですよ 』

 なるほどねぇ。その通り。
 楽しいか楽しくないかはレベルに関係ないよね。
 レベルが低いから楽しめないなんて、ナンセンスも良いところだ!

 僕はゴルフ下手くそだけど、楽しいし、それだな!


 最後、チームの少年たちから絶大な人気となった若いコーチが、
 訳あって大会直前に、コーチを辞めてしまう。
 応援にも参加できないが、手紙が届く。
 その手紙の内容が、また最高に良い!

『 前半が終わって、スコアは何対何でしょうか。
 勝ってるでしょうか、負けてるでしょうか。それとも引き分けでしょうか。
 勝敗はもちろん大切です。勝利を目指すべきです。
 でも、それよりも大切なことがあるような気がします。
 なぜなら、試合は
 いつか終わり、また新しい試合が始まるからです。・・・ 』

 なんか、常にその時その時を楽しく全力でいこう!って気になりました!

 はらだみずきさんの小説は、指導している大人にも、スポーツしている中高生にも、オススメです。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2016-01-10 22:12 | 人生を豊かにする読書 | Comments(2)
見た目は大事。
 みなさんは、占いを信じますか?気にしますか?

 僕は、実は気にしません。
 なので、正直占いには興味はありません。

 でも、「 占い 」 というものが、この世の中には存在する意味は、
 確かにある。必要なものだ、と、強く思います。

 そう思うようになったのは、これを読んだから。

c0259834_23173078.jpg

『 大仏男 』 ( 原 宏一 さん / 実業之日本社 )

 売れないお笑い芸人が、
 ひょんなことから、ネタとしてやっていた占い師と客の設定で、
 街頭で占い屋とサクラをやってみた。

 そうしたら、なんともよく当たる占い師、ということで、
 口コミで大騒ぎ、有名になっていく。

 インチキ占い師の手口を利用していたはずが、
 いつのまにか、きちんと相談者の悩みを聞き出して、
 心の苦しみを取り除いてあげることができるようになっていく、
 というような、
 綺麗事のストーリーを書きだすと、こんな感じ (じゃなかったかな)。

 占いが好きな人もそうじゃない人も、読んでみると価値観変わるかも。

 大仏風容貌を持つ主人公。
 占い師っぽい服装を着て、それっぽい話し方をして、
 そうすることで、安心してもらえるだけでなく、

 実は自分が一番その気になれるという。
 そういうことを、読者に気付かせてくれます。




 事実と違うことを念じていると、脳はそれを正しいと思う理由を探し始めるというしね。
「 自分は今日も幸せだ 」 と思っていれば、幸せなことを脳が勝手に見付けてくれるらしい。
 いいね、それ!
 あ、こんなことは、この本には書いてないけどね。

 それにしても、
 しばらく更新できていなかったので、
 その間にたくさん本を読みました。

 長時間の電車通勤って幸せだなぁって思います。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-15 23:34 | 人生を豊かにする読書 | Comments(2)
ダジャレの絵本
 ちょっと前に読んだ本ですが

 そこそこ大人にも面白かった本。

c0259834_2233511.jpg

『 野菜忍列伝其の三 なすの与太郎 』 ( 川端 誠さん / BL出版 )

 其の一も其の二も実はまだ読んだことがなくて、

 其の四から読んでいたりするんですが、
 つながりがあるのかないのか、全く気にならない、どこから読んでも
 まあ面白い。と思う。


 野菜が忍者だったりする設定で、
 この本は、ナス。

 なすの与太郎さんは、弓の名手那須与一の子孫だそうで、

( そうくると、思った )

 まぁ、これが、駄洒落のオンパレードで、オヤジ化してきたお父さんのハートをくすぐる訳です。

 言葉あそびを理解し始めた子供たちも、面白がる訳です。

 まぁ、それだけと言ったらそれだけなんですがね。


 後半、お友達のキュウリさんが登場します。

 お茶が得意だそうで。

 キュウリさんは、誰の子孫でしょう。

 ヒント:名字は 「 千 」

 読まなくても分かるけど読んでね。

 子供でも面白いけれど、
 那須与一とか千利休とか知っている大人も 「 くっだらね~ 」 とかいいつつクスクス笑ってしまいます。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-09-07 22:14 | 子供と読む本 | Comments(0)
かき氷を見ながら地球を俯瞰する。
 ちょっと暑さのピークが過ぎましたね。

 暑い暑い夏の最中、借りてきた本。

c0259834_21521694.jpg

『 こおり 』 ( 前野紀一さん、 斉藤俊行さん / 福音館書店 )

 こいつが、良かった。

「 水が凍る 」 とはどういうことなのか。

 水は分子でできてます。
 水の分子は、人が両足を前後に開き、両手を左右ななめ上にあげたような形です。
 これがきれいに並んだのが氷です。

 みたいな、意外と科学の本でした。
 分かりやすいです。


 水の結晶 ( 要するに氷 ) ができるときは、
 水以外の分子を排除して、水だけで固まろうとするそうです。

 だから、氷は透明になる。
 凍らせたジュースやお茶を飲んでくと、最後の氷は味のしないただの水になっていく、

 その理由を初めて説明してもらった気がします。

 なるほど!


 だから、過去にはたくさんの人が色付きの氷を作ろうと挑戦してきたけれど、
 できっこないそうだ。

( ガリガリ君とか、ポッキンアイス、あれは何だろうねぇ、とは思ったけれど )

 でねでね、
 これは、海流ができる原因のひとつでもあるらしい。

 北極で海水が冷えて凍る時にも、
 溶けている塩分は氷には入れないから、氷の周りには塩分濃度が高い海水ができて、
 そうすると比重が大きくなるから、下へ下へと下がろうとする。
 ほんで、南からの温かい水は水面付近を反対の向きに流れるそうです。

 おぉぉぉぉ。納得。

 海流ができる原因は海水温とか風だけだと思っていました。違うんですね~。
 絵本も勉強になるなぁ。



[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-08-20 22:16 | 人生を豊かにする読書 | Comments(6)