講演デビュー
 先日、貴重な機会を頂きまして、
『 お父さんの子育て参加 』 と題された企画で、

 なんと1時間もしゃべらせてもらいました。

c0259834_23295947.jpg

 男性の子育てに関連した企画を計画されていた、
( おそらく ) 女性ばかりで運営されている子育て支援サークルさんが、

 お友達だというだけのご縁で、僕に 『 何かやってくれませんか 』 と
 お話を持ってきてくれていたのでした。

 もしかしたら、本音は
『 何か良さげなイベントの案を考えて 』 ということだったかもしれませんが(笑)

やります!しゃべっていいんですか? 』 と即答。

 例えば、

 学芸会の配役決めで、

「 誰か主役をやりたい子はいるかな?」 なんて先生に聞かれたり、

 街で大道芸人に、

「 誰か前に来てお手伝いしてほしいんだけれど 」 なんて言われたり、

 子供たちがそういう状況に出遭ったとき、

『 はいはいはい!』 って元気良く手を挙げるような、積極的な子に育って欲しいと思いません?

 僕は、せっかくのチャンスを黙って見逃すんじゃなくて、
 しっかり掴みに行くような子に育って欲しいと思っているので、

 僕も見本となるべく、せっかくのお誘いにしっかり乗らせて頂いた次第でございます。

 なーんて、

 ただの目立ちたがり屋というか、
 人前で話をするのは大好きなだけ、なんですけど。

 だってね~、
 自分の話を聞いてもらえるって、すごく幸せですよ。
 一人の相手が話を聞いてくれるだけでも幸せなのに、
 複数の人が聞いてくれるなら、一人が聞いてくれるのの何倍も幸せってことじゃないですか!

c0259834_23495831.jpg

 ということで、自分がこれまで子育てで感じたこと、
 こんな風に思って子供と接してきたよ、というようなことを、振り返りつつ、
 お話させて頂きました。

c0259834_0173986.jpg

 写真があったら良かったのですが、
 完全にお願いするの忘れていたので、

 文脈と関係なく、使ったスライドを挙げていっています。

 今回、まだ小さなお子さんの子育て中というお父さん向けでお話させて頂くということで、
 ウチの子供たちが小さい頃の写真を、振り返ってみました。

 まずは、自分のような未熟な人間が父親になっていいのかな、と不安に思っていたことや、
 とにかく寝付いてくれなかった娘のこと、などなど、色々思い出しました。

c0259834_0212220.jpg

 妻は、眠いのを堪えて起きていても、授乳中ほかのことしてあやすことできない訳ですよ。

 でもね、僕ら男は、授乳しなくていいから、
 授乳中は寝ていられる。
 そして、
 オムツ換えたり抱っこしたりしながらでも、話しかけたり歌を歌ってあげたり、できるんですよね。

 だから、頑張りさえすれば、赤ちゃんが気持ち良くなれることを、ほとんどやってあげられる。

c0259834_0324777.jpg

 なんてね~、今だから言えるけど、
 当時はやっぱり辛かったですよ。

 でも、そんな僕を救ってくれたのは、『 うちの三姉妹 』 だったなぁ。
 子育てはネタの連続だから、笑って楽しまないと!という気持ちにすごくなれて、
 すごく救われた。

 こんな話もしたかったのだけれど、
 話したいことが盛りだくさん過ぎて、話せませんでした。

 でも、そんな僕のためにブログという手段がある。多分。
 だから、
 今、「 あぁ、あれも話したかったなぁ 」 と思うことは、今度ブログネタにすればいいんだよね。

 ああ、幸せ~。

 あ、あと、本当は、子供を連れていく予定はなかったんですが、
 娘が付いていきたいと言ったので、娘も会場で僕の話を聞いている、という、
 不思議な状態でした。

 で、「 この子はもう覚えていないんでしょうけれど 」
 三つ子の魂百までって言うし、
 父親がずっと抱っこしてくれたことをきっと覚えていて、
 自分が母親になった時も、抱っこしまくってくれる母親になってくれると信じて、抱っこしてました。

 なんて話したら、帰ってから、「 覚えてるよ 」 と言ってくれました。
 まぁ、本当に赤ん坊の頃は覚えてないと思うけど(笑)
 感謝はしてくれているということだろうと思います。

 大した内容ではないんですけれど、
 こんな感じでシグノート風に文字を入れてね~、ちょっと格好良くないかと自己満足。

c0259834_028883.jpg

 公園に出掛けたら、元気にお友達の輪に入っていける子になってほしいですよね。
 そんなことお母さんの前であんなこと言ったらドン引きだろってことも言ってしまったけれど(笑)

c0259834_030344.jpg

c0259834_0301729.jpg

 それでも、色々若いお父さんに聞いてもらえたら嬉しいな、ということを、聞いてもらうことが出来ました。

 ブログもいいけれど、生で聞いてもらえるって、本当に幸せですね~。
「 良い話聞けました~ 」 なんて言ってもらえたりしてねー。

 本当に、素敵な機会を頂いたことを感謝しております。

 当日用意したスライドは最後までいかず、使われなかったスライド。

c0259834_0395659.jpg

 そうして、参加してくださったお父さん、お母さんたち、ご清聴ありがとうございました。
 それから、随分前からお話を頂いていたのに、
 どんな風に時間をつかってもOK、何を話してくれてもOK、と、
 とても寛容にお任せ頂いてありがとうございました。

 楽しかった!
 でも、言えなかったことも沢山!
 ブログに書くぞ~。
 やりたいことがたくさんあって楽し過ぎる~!





 こういう画像(イラスト)をアップすると、
 また勝手に使われてしまうかもしれないよな~、と思います。

 万引きできるようなところに商品を置く店主や
 挑発的に肌を露出して夜道を歩く女性のように、
 悪くはないけど、犯罪を助長しているようで良くないんじゃないか。
 確かに僕もそう思います。

 じゃあ、そんな画像挙げるなよ?
 だねー(笑)

 いやぁ、でも、正直言うと、使いたいと思ってもらえるのは嬉しいんですよね。
 だから、
 一言メッセージもらえれば、どんなところで使ってもらっても構いません。
「 ご清聴ありがとうございました 」 はね。

 落款も入れてるけどね。解像度も粗くしてるし。 
 メッセージを頂いたら、綺麗な画像送りますよー。
[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-15 00:53 | 父育ち(子育て) | Comments(4)
Commented by ai780710 at 2015-12-15 08:23
講演会私も聞いてみたかった!
母親と父親でやっぱり視点が違うと思うから
共感したりビックリしたり面白そうですね(^^)
うちの三姉妹は、まさしく「うちの」三姉妹と
おもしろいほどかぶってて、我が家もはまりました!
夢見る夢子な長女と自由人次女と三女社長www
私もこの漫画で、あ、面白がればいいんだよな!
っていっぱい気付かされたので、救われたって気持ち、
すごーく分かります!

もうひとつ前の記事の焼き芋の折り紙。
発想がすごいなぁ♪
焼き芋作る!って夢中になってる時間楽しいでしょうね。
Commented by kurosyuke at 2015-12-15 20:25
画像の転載防止のために、写真に名前入れてアップしている方がいますよね。それしかないかも。


しかし、いきなり1時間の講演が出来るとは流石です。思っていても、人前で話すというのは中々出来ないものですよ。
「人生はRPG」また1つ経験値があがりましたねぇー。その経験値を子供に見せる。いいです。

正に親の背中です。
Commented by new-ikumen at 2015-12-15 22:59
よっかわいさん、ありがとうございます。
でも、結構盛って書いてます(笑)
集まってくれたお父さん(と少しのお母さん)の前で、ウチの子供たちが小さかった頃のことを話しただけなので。

色んな子育てがあってそれで良くて、そりゃ大変だけれど明日のネタだと思って楽しむしかないぞ、と、少しでも伝わっていたら良いんですけど。

「うちの三姉妹」は、本当に偶然銀行の待ち合いで見掛けて立ち読みし、本屋へ直行して3冊(当時3巻までしか出ていなかった)買って帰ったという、僕の中では運命的な出会いの本でした。

もう結構メジャーになったわな、と思って記事にはしていませんが、書いてみようかな。ウチの子も読める年齢になってきたし、どんな反応をするのか見てみたいかも(^-^)
Commented by new-ikumen at 2015-12-15 23:10
くろしゅけさん、ありがとうございます。そうですね、経験値積みました!テッテレーン♪(レベルUP)

そうそう、「ご清聴ありがとうございました」とテキストも敢えて入れて、どれくらい無断使用されるものか、テストです(笑)
これくらいは、商用に利用されなければ別にいいかなと。
多分、この前も、多分テキスト検索の結果にヒットしてきた画像を利用されたものと思います。だから、テキスト入れるから拾っていかれるんだろうなぁと分かっているので、万引きされそうなところに漫画を置く本屋さんみたいな感じです。(^-^)いじわるおっさんです。

てゆーか、落款入ってる画像なんだけど~。使うか普通!(笑)
良く見ないと分からないエンボスで名前入れるとか~、年末の休みに検討してみようかな~。


<< 見た目は大事。 子供の作品に目を奪われる訳は、... >>