見た目は大事。
 みなさんは、占いを信じますか?気にしますか?

 僕は、実は気にしません。
 なので、正直占いには興味はありません。

 でも、「 占い 」 というものが、この世の中には存在する意味は、
 確かにある。必要なものだ、と、強く思います。

 そう思うようになったのは、これを読んだから。

c0259834_23173078.jpg

『 大仏男 』 ( 原 宏一 さん / 実業之日本社 )

 売れないお笑い芸人が、
 ひょんなことから、ネタとしてやっていた占い師と客の設定で、
 街頭で占い屋とサクラをやってみた。

 そうしたら、なんともよく当たる占い師、ということで、
 口コミで大騒ぎ、有名になっていく。

 インチキ占い師の手口を利用していたはずが、
 いつのまにか、きちんと相談者の悩みを聞き出して、
 心の苦しみを取り除いてあげることができるようになっていく、
 というような、
 綺麗事のストーリーを書きだすと、こんな感じ (じゃなかったかな)。

 占いが好きな人もそうじゃない人も、読んでみると価値観変わるかも。

 大仏風容貌を持つ主人公。
 占い師っぽい服装を着て、それっぽい話し方をして、
 そうすることで、安心してもらえるだけでなく、

 実は自分が一番その気になれるという。
 そういうことを、読者に気付かせてくれます。




 事実と違うことを念じていると、脳はそれを正しいと思う理由を探し始めるというしね。
「 自分は今日も幸せだ 」 と思っていれば、幸せなことを脳が勝手に見付けてくれるらしい。
 いいね、それ!
 あ、こんなことは、この本には書いてないけどね。

 それにしても、
 しばらく更新できていなかったので、
 その間にたくさん本を読みました。

 長時間の電車通勤って幸せだなぁって思います。


[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2015-12-15 23:34 | 人生を豊かにする読書 | Comments(2)
Commented by kurosyuke at 2015-12-18 07:51
占い・・・全く私と性格が違うクラスメイトが同じ誕生日。

星座占い一緒ってのは合点が行かない・・・。


ましてや・・・ラッキーアイテムとかで・・。

「駅」なんて言われても・・・・無ぇし!って・・・。

でも、1位だったりしたら、少しテンションが上がる。

我が家では、そんな使い方をしています。実際に当たったら怖いし。
Commented by new-ikumen at 2015-12-18 20:38
くろしゅけさん、そうそう、良かったらテンション上げて、悪かったら慎重に、そんな使い方が一番いいですね。

ラッキーカラーとか、ちゃんと身につける人いるのかな~。


<< 熱中するから上達するのかな。 講演デビュー >>