太陽光だけで料理する、という…
 北海道の旅 2017 秋

 カレーを食べて、お腹一杯になったところで、
 いよいよ目的地 赤平市、植松電機へ!

 は、まだ、行きません。


 スープカリー奥芝商店(滝川)の店長さん、
 僕の名刺をもらってもらったら、

 僕の興味を惹くと、思ってくれたようで、(とても嬉しい)

『 今、お店の裏で、面白いことやってるから、ぜひ見てってください 』 って

 教えてくれました。

 人に勧められたことは、
 やってみたい。
 見てって、と言われれば、当然見ます。

 店長さんともっとゆっくりお話もしていたかったんですが、
 目的地への制限時間も迫っていたので、名残惜しい気持ちを抑えつつ、
 お店の裏手へ回ってみると…

 ???

c0259834_16395408.jpg

 なんでしょう?
 ソーラーパネルが数枚、地面に広げられ

 その周りに何人かがたむろっている。

 いかにも、何かのイベントを始めようと、準備している感じでした。

c0259834_16395502.jpg

 音楽が流れていましたが、どうも、
 ラジカセ(って死語?)の電源も、どうやらソーラーパネル。

 近寄ってお話をうかがってみると、

 ソーラーパワーで生活できる!っていう体験をする、ワークショップのようでした。

 ソーラーパネルで電化製品を動かすのか~、と
 思って眺めていると

 何やら色々な道具が出てきます。

 ドラえもんみたい。

c0259834_16515998.jpg

 何やらキラキラしているこの物体は、
 ふたつあるんですけど、

 どちらも、太陽光を集光して料理を作れる!という、
 調理器具でした。

 なんと!下に置いてある、右のものは、オーブンのように?
( 忘れてしまいましたが ) かなり高温になるそうです。
 もちろん、天候にも左右されますけれど、
 そこそこ晴れていれば、かなり使える温度だよな、と思いました。

 北海道でこれですからね、
 愛知なら、余裕だと思う。もとの気温で調理器具自体の常温が、高いし。

 左の器具も、部品さえ購入すれば、
 簡単に作れそう。
 部品は、こういうものですよ~、って、聞きました。
 忘れないようにメモしましたよ。

 いずれ、子供たち(小学生)の自由研究にも使えそうですから(笑)

 時間がなくて、調理の実際など、見学することはできなかったんですが、

 こういうイベント大好きです。

 自然のエネルギーを活かした生活がもっと一般的になるといいなと思います。
 ただ、その器具をつくるのに余計なエネルギーや環境負荷を掛けていないか、
 そういうことも、気にしなきゃいけないと思いますけどね。

 ソーラーパネルを作るのに、どんな資源にどのくらいエネルギーを消費しているのか
 ソーラーパネルの寿命と、発電量と、考えて、
 初めから電力会社で発電された電力使ったほうが環境負荷小さいよね?なんて、
 ことにならないように、
 技術開発が進んでほしいものです。

 ソーラーパネルは、
 災害後に故障したものが放置されていて、感電の恐れがあるとか、
 ショートしたら発火して火事になる危険もあるんじゃないかとか、
 考えるべきことは、まだまだたくさんあると思います。

 でも、こういうものが普及することで、
 もっとエネルギーを大事にしなきゃいけない、
 別に、電力に頼らなくても、そこそこ生活できるじゃん、とか、
 色々考えるきっかけにはなってほしいと思います。

 家のLED電灯が切れました。
 切れるんかい!
 LED直列でつないであるのかな?どれかが切れたら全部点かないよね。
 余計、高くついてない?
 蛍光灯に戻そうか、と思っています。

 なんか変な話になってしまいましたが、
 環境負荷を減らしていく試みには大賛成です。

 そんなこと言ってるやつが飛行機乗って旅行行くなよ!(笑)
 なんて。
 楽しみを全て我慢はできません。
 でも、普段、無駄に使っているエネルギーを減らしていく努力は必要だと思っています。

 と、いうことで、

c0259834_16395487.jpg

 来年の自由研究ネタに、どうぞ。

『 GINGA DENRYOKU 』




[PR]
おきてがみ
by new-ikumen | 2017-09-16 17:16 | 父育ち(子育て) | Comments(0)


<< 植松電機ロケット教室!が始まるまで。 スープカレーも食べました。 >>